ベーカリープロデューサー岸本氏監修の高級食パン専門店「痛快こねこねマン」が愛知県春日井市に新規オープン!高級食パン「至福の目醒め」「焼き芋サンド」を味わってみた~オープンサンドも作ってみたり~

ベーカリープロデューサー岸本氏監修の高級食パン専門店「痛快こねこねマン」が愛知県春日井市に新規オープン!

ここ数年の高級食パンブームは、凄いものがありますね。次から次へと新しい店舗が展開され、どこもそれなりに繁盛している模様。そんな中、愛知県春日井市に高級食パン専門店痛快こねこねマン」が新規オープンしたとのこと。早速いくつかパンを購入してきたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらの高級食パン専門店「痛快こねこねマン」は、ベーカリープロデューサー岸本拓也氏がプロデュースしたお店ということで、名前も店作りもかなりのインパクト。岸本氏は、横浜・大倉山にある「TOTSZEN BAKER’S KITCHEN」のオーナーを務めながら、2011年より異業種オーナーのベーカリーを全国にプロデュースされている方。

店名のインパクトとデザインから、一見「ウケ狙いがメインで、食パンはいまいちなのでは?」と思いがちですが、これがかなりこだわった高級食パンで「喜界島産粗糖とフランス産発酵バターと国産バターを独自でブレンドしコクのあるミルキーな味わいを表現」とのことで期待も膨らみます。

こちらが高級食パン専用の手提げ袋。パッケージにはゴレンジャーの様な面白いデザインが施され、見た目のインパクトも大。これだけでも子供達から人気がでそう。

続きを読む