えんどう豆の新芽「豆苗(とうみょう)」を栽培しながら、豆苗入り「にんにく醤油まぜそば」を作ってみた~

えんどう豆の新芽「豆苗(とうみょう)」栽培「豆苗入りにんにく醤油まぜそば」

えんどう豆の新芽「豆苗(とうみょう)」。最近ではスーパーでもお値打ち価格で見かけるようになりました。元々は中華料理の高級食材だったのですが、最近は主に豆から発芽させた幼い状態のエンドウが根付いたものが販売されているんです。

・豆苗(とうみょう)

エンドウの若菜。元々は大きく成長したエンドウの若い葉と茎を摘んだもの。β-カロテンを100g当たり4700μgと豊富に含む。これはホウレンソウ100g当たりのβ-カロテン量4200μgの約1.119倍に相当する。その他にもビタミンEやビタミンK、葉酸やビタミンCも豊富で、β-カロテンを含めたこれらの栄養成分は一般的な緑色葉物野菜(ホウレンソウ、小松菜、春菊、ニラ)の含有量を上回る。(Wikipediaより抜粋)

ビタミンなどの栄養も豊富とのこと。スーパーなどで販売されているのですが、こちら一度使った後に、切った根の部分を深めの容器に入れ水につけておくと再収穫ができるんですよね。

ということで今回はこちらの豆苗を使って「にんにく醤油まぜそば(豆苗入り)」を作ってみることに。こちらはスーパーで購入してきた豆苗。価格も98円くらいだったかな。お値打ち価格ながらも栄養豊富、しかも家で簡単に栽培できるということで、まさに一石二鳥のスーパー食材。

続きを読む