三重県伊勢市散策〜創業万延元年、献上菓子として作られた御菓子「絲印煎餅(いといんせんべい)」見た目が特徴的な「わらじかりんとう」などを味わってみた 〜

献上菓子「絲印煎餅(いといんせんべい)」

先日、家族が「伊勢神宮」をご参拝ながら、伊勢内宮前にある「おかげ横丁」にて、ぶらり買い食い食べ歩きをしてきたのですが、その際にご当地を中心としたお土産を色々購入してきてくれたので、珍しいものを中心にご紹介してみたいと思います。

三重県伊勢市散策~「伊勢内宮前 おかげ横丁」にて、「赤福」や「メンチカツ」「牛串」「タルト」などを、ぶらり買い食い食べ歩きしてきた~

まずはこちらの御菓子「絲印煎餅(いといんせんべい)」。こちらは創業万延元年という老舗銘菓「播田屋」の看板商品。

伊勢神宮の門前町として、また伊勢の台所として栄えたのが商人の町「河崎」。江戸末期、その町の中ほどに参拝客をおもてなしする茶店として創業したという歴史ある老舗銘菓。

パッケージにも絲印が印刷されていて、高級感と歴史を感じさせる雰囲気。

続きを読む