パン世界大会第3位に輝いた成瀬氏の岐阜県高山市にあるパン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」の原点「なるせパン(NARUSE)」を色々と購入してきたので味わってみた〜

「なるせパン(NARUSE)」パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」

岐阜県飛騨高山にある大人気パン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」。トラン・ブルーは、フランス語で [ブルー・トレイン]という意味。英語の [BLUE] ではなく [BLEU] 。長い道のりを目的地に向かってコツコツとひたすら走り続けてゆく、という願いを込めてつけられたとのこと。

シェフ成瀬正氏手がけるパン工房「TRAIN BLEU(トランブルー)」は大人気で、休日は1時間待ちも当たり前。そんな大人気のTRAIN BLEU(トランブルー)ですが、実はトランブルーの隣に「なるせパン(NARUSE」というパン工場があって、こちらこそがトランブルーの原点。

「なるせパン(NARUSE)」は、現在も学校給食のパンや、高校の売店用のパン、卸用のパンを作っていますが、こちらは以前にお父様が経営されていた会社。現在でも高山市地元スーパーなどで販売されており、高山市民の方々にとってはこの「なるせパン(NARUSE)」こそが思い出の味なんですね。

ということで今回「なるせパン(NARUSE)」を色々と購入してきたので(高山を訪れた家族にお願いして)ご紹介してみたいと思います。高山市地元のスーパーパンコーナーにて販売されています。

こんな感じに「NARESE」ロゴが入ったパンが、1個ずつ丁寧にパッケージされています。

続きを読む