名古屋城お膝元城下町「金シャチ横丁」にあるビストロ「bistro 那古野」にて、渥美半島産「保美豚」を使った特製ランチを満喫〜帰りにタピオカミルクティーも〜

金シャチ横丁 bistro 那古野

「尾張名古屋は城で持つ」と言われるくらい、この尾張名古屋には様々なお城(城跡)が存在します。その中でも名古屋のシンボル的な存在なのが「名古屋城」。一時は観光客も下火だった模様ですが、「本丸御殿」の建築&完成を機会に海外からの観光客などもぐっと増えて、最近では多くの方々でにぎわっている様子。

名古屋城巡り「本丸御殿」の豪華絢爛ぶりに驚きの連続!名古屋おもてなし武将隊にも会えるよ〜

そんな名古屋城に隣接して昨年2018年3月に新しくオープンしたのが「金シャチ横丁」。名古屋城の城下町をイメージ、地下鉄「市役所」出口から名古屋城にかけて「宗春ゾーン」「義直ゾーン」という城下町が創られました。「うまし名古屋を馳走せん」という文言通りに、名古屋を代表するような飲食店がズラッと立ち並んでいます。

先日、散策がてら「金シャチ横丁」を訪れた際に一番気になったお店「bistro 那古野」にて、ランチをしてきたので、その様子をご紹介してみたいと思います。

名古屋のシンボル「名古屋城」城下町をイメージした「金シャチ横丁」の「宗春ゾーン」を散策してみた〜

地下鉄「市役所7番出口」を出るとすぐ「宗春ゾーン」への入り口が広がっています。大きな「金シャチ横丁」という立て看板も作られていて、名古屋城への動線もわかりやすくていい感じ。

続きを読む