全国的にはちょっと珍しい野菜「十六ささげ」を使って、「十六ささげの胡麻和え」「十六ささげのくるみ味噌和え」を作ってみた〜

十六ささげ 胡麻和え 味噌和え

少し前の9月頃になりますが、全国的にはちょっと珍しい野菜でもある採れたて「十六ささげ」を頂いたので、「十六ささげの胡麻和え」「十六ささげのくるみ味噌和え」を作ってみました。家庭菜園で庭で採れたものということで、見るからに新鮮そのもの。

ちなみに十六ささげとは

ササゲの一亜種。地域によっては「長ささげ」「十八ささげ」「十八豆」「三尺ささげ」「ふろう豆」「ほろ豆」などとも呼ばれ、主に若い莢を食用にする。主に愛知県と岐阜県、奈良県及び鹿児島県の種子島や奄美群島から沖縄県を中心とした地域で生産。食べ方としては、さやがまだ柔らかい状態で、さやごと食べるのが一般的。(Wikipediaより抜粋)

旬の時期は「6月後半〜9月後半」ということで、基本的に夏野菜の部類に入ります。こちらの十六ささげも9月頃に頂いたもの。ちょっと間があいてしまいましたが、せっかく写真も撮りましたし、ちょっと珍しい野菜なのでご紹介することに。見た目は「サヤインゲン」に似ていて綺麗な黄緑色。さやの長さが30〜50cmほどで、柔らかいのが特徴。

まず鍋にお湯を沸かし、少量の塩を入れます。そこに「十六ささげ」を投入。3,4分ほど茹でたらザルにあげます。こちらは家庭菜園で採れた新鮮なものなので、市販で販売されているものよりも太めで弾力があります。固さを見ながら、茹で時間を調整してやりましょう。

続きを読む