織田信長の右腕「森蘭丸」が城主であった「美濃金山城跡」を訪れてみた〜

美濃金山城跡

先日、岐阜県可児市まで散策に出かけたのですが、この辺りには戦国時代の城跡が沢山残っていることでも有名。戦国時代かの織田信長が尾張一体を治めていたこともあり、この周りには信長の家臣の城跡が数多く残されています。その中でも有名なのが岐阜県可児市兼山に位置する国指定史跡「美濃金山城跡」。

岐阜県可児市にある「道の駅 可児ッテ」を訪れた後ということもあり、時間はもう16時過ぎ。17時頃には駐車場も閉まってしまうとのことなのでで、慌てて向かうことに。

岐阜県可児市にある人気の道の駅「道の駅 可児ッテ」にて、可児ッテ名物「里芋コロッケ」を満喫〜

車ですれ違うのもギリギリな感じの細い山道を上がっていきます。美濃金山城跡の旗も掲げられていて駐車場まではもうすぐだったですが、陽が落ちかけてきたこともあり、路肩に車を止めて上まで歩いて向かうことに。(運転者は乗ったまま待ってくれていました)

金山城は美濃国可児郡(現在の岐阜県可児市兼山)に存在した日本の山城。城跡は「美濃金山城跡」として、2013年に国の史跡に指定。天文6年(1537年)斎藤正義が築城、その後織田信長が美濃国を領地としたことにともない、永禄8年(1565年)家臣の森可成が城主となり兼山城と改称。次男長可が跡を継ぎ城主となったが、信濃国川中島に転封される。その後弟の森成利(森蘭丸)が入るが、成利は同年中に本能寺の変により織田信長と共に討死した。(Wikipediaより一部抜粋)

続きを読む