巨大万華鏡などが楽しめる「三河工芸ガラス美術館」を訪れてみた〜

三河工芸ガラス美術館 巨大万華鏡
(今回の画像は家族がiPhone8で撮影したものが中心)

愛知県西尾市といえば、全国でも有名なお茶の産地。また三河一色といえば、地元愛知でも有名な鰻の産地。お抹茶と鰻という西尾市2大名産品を楽しんだ後は、近くに巨大万華鏡などが楽しめる「三河工芸ガラス美術館」があるとの噂を聞き、そちらを訪れてみることに。

本格炭火焼き三河一色産鰻の老舗「うなぎの兼光」にて、「特上うな丼」と「肝焼き」を満喫〜

愛知県西尾市にある西尾抹茶の老舗「あいや」にて、お抹茶みつ豆や抹茶ソイラテ、抹茶バームクーヘンを味わう〜

場所は西尾抹茶の老舗「あいや」から、車で10分〜15分ほど走ったところ。住所「愛知県西尾市富山町東郷5 / 0563-59-3334」開館時間「10時ー17時30分」とのこと。月曜・火曜日は休館の日が多いみたい。

ちなみに入場料は「一般(中学生以上)700円」「小人(小学生)450円」「幼児(3歳以上)300円」「幼児 (3才未満) (大人一人につき1名無料)200円」と少しお高め。

こちらがメイン展示品の「巨大万華鏡 スフィア」。2002年版のギネスブックにも掲載されたもの。人が大きな万華鏡の中に入って、上を眺めてガラスや光のオブジェを楽しむことができます。

続きを読む