地元商店街のお祭り「第59回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊りを楽しんだ夜〜

第59回大曽根七夕まつり

夏のイベントといえば、やはり花火と夏祭りですよね。花火は開催地域が限られてしまいますが、夏祭りは地域毎に色んな場所で開催されています。とくに七夕まつりは、大きなものから小さなものまで、色々な場所で催しが行われています。

地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」は、大曽根商店街にアーケードがあった頃から、長年続いてきた歴史ある七夕まつり。以前は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理が行われたためにアーケードが撤去され、自然と大曽根七夕まつりも無くなってしまいました。

自分が子供の頃には、毎年大曽根七夕まつりに訪れるのを楽しみにしていたので、とっても残念な気持ちで一杯でした。それでも昨今「ナゴヤドーム」の影響などもあり、大曽根駅界隈に色んなお店が増えてきて、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。

それと同時に地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」も、また昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。ということで先日7/27日〜7/29日間に(28日は台風のため中止)「第59回大曽根七夕まつり」が開催されたので、訪れてみることに。

こんな感じに商店街の所々に、昔を思い出させるような七夕飾りが飾られています。子供から大人まで、思っていた以上に多くの人々で賑わっていました。

続きを読む