歴史的なバロック建築が美しい「多治見修道院」を訪れてみた〜

多治見修道院

地元名古屋からも1時間ちょっとで行けるのが岐阜県多治見市。多治見といえば夏場は気温が高く、とっても暑いことで有名。そんな多治見ですが、1930年(昭和5年)に建設された「多治見修道院」も有名とのことで、12月クリスマス時期でもありますし訪れてみることに。

歴史的バロック建築が美しい「多治見修道院」は、岐阜県多治見市にあるカトリック神言修道会(神言会)の修道院。日本人司祭と修道士の育成を目的に、ドイツ人のモール神父の手によって、カトリック神言修道会の日本管区の本部修道院として設立されたとのこと。(Wikipediaより抜粋)

中央本線多治見駅より徒歩30分ほどの場所にあり、美しくて大きなバロック建築が特徴的な歴史ある修道院。敷地面積は約30,000m2。敷地内には「カトリック多治見教会」「ブドウ畑」「研修センター」などもあります。

続きを読む