[今週の気になる] 「Yahoo!プレミアム会員雑誌マンガ読み放題」Yahoo!プレミアム会員またはSoftBankユーザーならば、雑誌マンガが読み放題になるよ〜

Yahoo!プレミアム会員雑誌マンガ読み放題

インターネットを利用して雑誌やマンガなどを月額課金で読み放題にするサービスは、すでに色々な会社が始めています。この度、後発ながら「Yahoo!プレミアム会員雑誌マンガ読み放題」サービスがスタートしました。

こちらのサービスは「Yahoo!プレミアム会員またはSoftBankユーザーならば、雑誌100誌以上、マンガ10,000冊以上が読み放題」となるもの。

読み放題サービス自体は珍しくありませんが、既存のYahoo!プレミアム会員またはSoftBankユーザーが追加課金なしで利用できるようになった、というのが大きいですね。自分は現在Yahoo!プレミアム会員&SoftBankユーザーなので、早速利用してみることに。

Yahoo!プレミアム会員ならば、そのまま「読み放題専用ページはこちら」のリンク先へ行き、パスワードを入力してやれば利用することができます。またSoftBankユーザーがスマートフォンから利用する場合にも、モバイル通信にてSoftBankユーザーリンクをクリック、後は指示に従ってやれば始められます。

続きを読む

「土岐プレミアムアウトレット」にてX’mas電飾を楽しみつつ、和食処「大かまど飯 寅福」の和定食を満喫した一日〜

土岐プレミアムアウトレット 大かまど飯 寅福
(今回の画像はすべてiPhone Xで撮影しています)

土岐プレミアムアウトレット」岐阜県土岐市にある大型アウトレットモール。地元名古屋からも1時間半ほどと割りと近いこともあり、定期的に掘り出し物を探しつつ訪れています。

先日、家族の靴(ニューバランス、スニーカー)と自分のアウター(Columbia)を探しに訪れてきました。ニューバランスの靴はとにかく軽くて履きやすいので、家族みなが愛用。

Columbia(コロンビア)は、自分が大学生の頃からずっと愛用しているメーカー。とにかく丈夫で着やすいうえに、適度にお洒落で価格も程々、ということで気に入っています。自分が持っている冬物アウターは、Columbiaが中心といってもいいほど。

夕方近くから訪れたので、すぐにこんな感じに辺りが薄暗くなってきました。ちょうどクリスマスシーズンだったので、電飾を見るのも楽しみだったんです。

続きを読む

炙り焼き料理が味わえるお店「鴨と豚 とんぺら屋」にて、名物とんぺら焼きや奥三河鶏を満喫!^^

鴨と豚 とんぺら屋

昨年、地元駅前にかなり目立つ看板が特徴的な居酒屋「鴨と豚 とんぺら屋」ができたのですが、その後もなかなか盛況な模様。昨年一度来店したきりだったので、久しぶりに訪れてみることに。

運営は愛知県安城市に本社を構える「株式会社ファッズ」という会社。まだ10年ほどの会社らしいのですが、こちら「鴨と豚 とんぺら屋」をはじめ「備長扇屋」「新時代」という焼き鳥屋など、東海地区を中心に色んな店舗を運営しているみたい。

しかしこちらの大看板、なんど見てもインパクトありますね。この看板のお陰で、街の通り全体が賑やかになった感じ。

続きを読む

タイルの町多治見市笠原町にある「多治見市モザイクタイルミュージアム」が、色々と斬新で面白かった!^^

多治見市モザイクタイルミュージアム

岐阜県多治見市笠原町、窯業が盛んなこの地区では、お茶碗に始まり産業用タイルまで色んなモザイクタイルが作られています。マンションの外壁やお店のインテリアなどでも、たくさん使われているとのこと。

そんなモザイクタイルを展示、体験工房なども楽しめる博物館「多治見市モザイクタイルミュージアム」にお邪魔してきました。場所は「岐阜県多治見市笠原町2082-5 / 0572-43-5101」。すぐ隣に立ち並ぶ「笠原中央公民館・体育館」の駐車スペースに、無料で駐車することができます。

まず目を引くのが、こちらの建物。まるでおにぎり山のような斬新なデザイン

続きを読む

歴史的なバロック建築が美しい「多治見修道院」を訪れてみた〜

多治見修道院

地元名古屋からも1時間ちょっとで行けるのが岐阜県多治見市。多治見といえば夏場は気温が高く、とっても暑いことで有名。そんな多治見ですが、1930年(昭和5年)に建設された「多治見修道院」も有名とのことで、12月クリスマス時期でもありますし訪れてみることに。

歴史的バロック建築が美しい「多治見修道院」は、岐阜県多治見市にあるカトリック神言修道会(神言会)の修道院。日本人司祭と修道士の育成を目的に、ドイツ人のモール神父の手によって、カトリック神言修道会の日本管区の本部修道院として設立されたとのこと。(Wikipediaより抜粋)

中央本線多治見駅より徒歩30分ほどの場所にあり、美しくて大きなバロック建築が特徴的な歴史ある修道院。敷地面積は約30,000m2。敷地内には「カトリック多治見教会」「ブドウ畑」「研修センター」などもあります。

続きを読む

Google Home Mini の一時停止、アラーム停止機能が、タップ(長押し)で動作可能になった!^^

Google Home Mini

スマートスピーカーが我が家に来てから一ヶ月余り、日々快適に使用しており、もう既に生活に手放せないガジェットアイテムになっています。

「Google Home Mini」「Amazon Echo」とどちらも一長一短あるわけですが、それぞれに場所や状況によって使い分けてやることで、日々の生活をより便利&快適にしてくれています。

スマートスピーカー「Google Home Mini」「Amazon Echo」を一ヶ月近く使用してきての感想〜2機種の違いや付き合い方などを考えてみる〜

そんな便利なスマートスピーカーですが、Google Home Miniにはちょっと不満がありました。それは発売当初の不具合によって、タッチ操作ができなくなっていたこと。

取扱説明書にはタッチ操作可能となっているのですが、不具合により使用できなくなっていたんです。これが地味に不便。というのもちょっと一時停止したい時やアラーム停止をする時にも、毎回「OK Google 一時停止して(アラーム止めて)」などと言わなくてはならなかったんです。

早くアップデートで改善して欲しいなーと思っていた訳ですが、先日のアップデートにて「一時停止、アラーム停止機能が、タップ(長押し)のみで動作可能」になりました。左右の側面をタップ(長押し)することで、下記の操作ができるように。

メディアを再生/一時停止/停止 → Miniの左右いずれかの側面を長押し
アラームやタイマー音を停止 → Miniの左右いずれかの側面をタップ

アラームを止めるのも軽くタップするだけで反応してくれるので、とても便利になりました。

続きを読む

2017年、今年購入したベストアイテムを振り返る〜自己流ベスト5!^^

2017年自己流ベスト5

2017年今年も残すところ10日余り。今年は私事でもバタバタした1年だったので、例年以上に早く過ぎ去ってしまった感じです。今年も色々なガジェットや便利アイテムを購入しては、こちらブログにてご紹介してきました。そんな色んなアイテムの中でも、自分にとってこれは便利で役に立った!というアイテム「自己流ベスト5」をご紹介していきたいと思います。

iPhoneなど2年毎に買い換えているようなシリーズものは、あえてランキングから外しています。またサンプルとしてご提供頂いた商品などもランキングから外しておりますのでご了承下さい。


5位. BenQ モニター ディスプレイ 24インチ フルHD GL2460HM


Macbookサブモニター用に「BenQ モニター ディスプレイ 24インチ フルHD GL2460HM」を購入してみた!初期設定時にはちょっと注意が必要かも〜

まずは5位から発表ということで「BenQ モニター ディスプレイ 24インチ フルHD GL2460HM」。今年は「MacBook ローズゴールド Core i5 モデル」も新調したのですが、その専用ディスプレイとして購入したもの。

お値打ち価格の割には、なかなかしっかりとした作り。これまで特に不具合などもなく、日々快適に使用しています。Amazonでもベストセラー1位になったりしているのも頷けますね。

続きを読む

炭酸抜けを防いでくれる優れもの「炭酸ながもちキャップ(貝印 Kai)」を試してみた!^^

炭酸ながもちキャップ(貝印 Kai)

昨今のハイボールやレモンサワー人気もあり、焼酎やウィスキーを炭酸水で割って、家呑みを楽しむ方もきっと多いことでしょう。そんな自分も常備1.5L炭酸水が買い置きしてあります。

1.5L炭酸水は価格的にはお得ですが、サイズが大きい分、日々炭酸の気が抜けてしまうことが難点。そうした時に重宝するのが炭酸抜けを防いでくれる便利アイテム。

これまでも指プッシュ式のを使っていたのですが、段々とヒビが入ってきてしまい空気漏れするようになってしまったんです。それに容量が少なくなると、指でプッシュするもの結構大変。

ということで今回はこちらの上下圧縮式「炭酸ながもちキャップ(貝印 Kai)」を購入して試してみることに。こんな感じにパッケージされています。価格も400円台とお手頃価格。

続きを読む

スマートスピーカー「Google Home Mini」「Amazon Echo」を一ヶ月近く使用してきての感想〜2機種の違いや付き合い方などを考えてみる〜

スマートスピーカー「Google Home Mini」「Amazon Echo」

スマートスピーカー、米国ではすでに生活にとって必需品になっているほど売れているガジェット。日本でも11月頃より本格的に販売が開始されました。「Google Home」「Amazon Echo」が中心となり、LINEからも「Clova WAVE」というスマートスピーカーが発売されています。

今回は先に発売が開始され自分も購入した「Google Home Mini」そしてちょっと後から販売となった「Amazon Echo」の2機種について、一ヶ月近く使用してみての自分なりの感想や付き合い方などを考えてみたいと思います。

「Google Home Mini」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜

スマートスピーカー「Amazon Echo」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜


・スマートスピーカーを購入してどうだったのか?


まずは結論からになりますが、自分の場合、スマートスピーカーを購入して非常に良かったです。購入前には「本当にそんなに便利になるのかな?」「iPhoneならSiriも使えるし」と思っていたのですが、これが実際に利用し始めたらとても便利。

日常生活の中で、家でやることは結構多いんです。自営業の方の場合、仕事はもちろんのこと、主婦の方も料理や洗濯、子育てなど、手が塞がっていることもしばしば。

そんな時に音声だけで色んな情報が聞き出せるのは、とっても便利。とくに忙しい朝、時刻から気温、天気、最新ニュースまで流してくれるのは、一度使いだしたら手放せなくなります。また料理中なども手が塞がっているので、レシピや音楽が聴けるのは助かります。


・音声検索精度はどんな感じ?


「Google Home Mini」「Amazon Echo」どちらとも声の反応は良く音もクリアなのですが、音声検索精度では「Google Home Mini」の方が精度が高い印象。やはりGoogleが作っているだけのことはあります。

海外の楽曲などでも、Google Home Miniの方ではかなり高い確率でその曲が出てきますが(Google Play Music)、Amazon Echoの方では違ったアーティストが出来てることが多いです。(Amazon Music Unlimited)この辺は今後に期待したいところ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home(グーグル ホーム)
<span >価格:15120円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Google Home Mini チャコール(グーグル ホーム ミニ チャコール)
<span >価格:6480円(税込、送料無料) (2017/12/18時点)

続きを読む