「宝三盆」江戸時代から続く老舗「諸江屋」の落雁を頂きました〜!(^_-)-☆

落雁は室町時代に中国より伝わった千菓子で、お茶菓子として永い年月お茶会などでお茶のお供に愛されています。先日、江戸時代末期の嘉永二年(1849年)に創業されたという銘菓「諸江屋」さんの落雁「宝三盆」を頂いたので、ご紹介してみたいと思います。こちらのお店は、石川県金沢市にお店を構え、160年に渡り落雁を中心に販売をされてみえる老舗名店です。

こんな感じのお花の形の愛らしいパッケージに入っています。有名な「和三盆糖」を使用して作られています。

“「宝三盆」江戸時代から続く老舗「諸江屋」の落雁を頂きました〜!(^_-)-☆” の続きを読む