「虎渓山 永保寺」岐阜県多治見にあるお寺まで、参拝に行ってきました〜Part.1

虎渓山 永保寺」岐阜多治見にある由緒ある寺院。虎渓の名称は景色が中国廬山の虎渓に似ていることによるといわれています。

1313年(正和2年)土岐氏の招きをうけた夢窓疎石が長瀬山の幽境に庵居しこの禅寺を開創されました。現存する開山堂と観音堂は国宝に指定され、 両堂には南北朝期から室町初期における歴代住持や檀那の位牌が納められ、 開山堂には元翁本元と夢窓疎石の木像が安置されています。(ホームページより抜粋)

まずは近くの駐車場に車を停めます。(無料)寺院は深い自然に囲まれており、車ではすぐ近くにはいけないので、少し歩いていきます。こちら多治見のJR路線。この踏切を渡ってお寺へと向かいます。こうした自然の中を通る線路って、風情があっていいですね。都会では、踏切の真ん中で写真を撮るなんて、危なくて絶対出来ませんからね。

続きを読む