「Lee Ritenour, Dave Grusin and GRP All Stars Live」リーリトナー若し頃のスペシャルライブ!

Lee Ritenour(リー・リトナー)

ジャズ・フュージョン界で活躍するギタリストである。カリフォルニア州ハリウッド生まれ。フュージョン全盛期を支えたギタリストを代表する一人である。1970年代前半より活躍している。ブラジリアン・リズムに影響され、自身のアルバムに取り入れられている物が多い。代表作に「Captain Fingers」が挙げられる。(Wikipediaより抜粋)

Lee Ritenour (guitar)
Dave Grusin (keyboards)
Dianne Schuur (vocals)
Dave Valentin (flute)
Ivan Lins (keyboards,vocals)
Larry Williams (keyboards,sax)
Abraham Laboriel (bass)
Carlos Vega (drums)

ジャズ・フュージョン界を代表するギタリスト、リー・リトナー1985年の若し頃のライブDave Grusinがキーボードでバックアップしている。またメンバーも凄いメンバーが揃っていて、アンサンブルがとにかく素晴らしい。

続きを読む