[今週の気になる] Twitter、音声サービス「スペース」を正式リリース!フォロワー600人以上ならばホスト可能に~またタイムライン画像表示がフル表示に対応~

Twitter、音声サービス「スペース」を正式リリース!タイムライン画像表示がフル表示に対応

今やSNSは自分の生活にとっても欠かせない必須アイテムとなっています。自分がメインで活用しているのが「Twitter」。2009年6月から利用を開始、一時は余り使っていない時期もあったのですが、最近はメインSNSとして利用しています。

Twitterでは、ブログ記事についての投稿や音楽についての最新記事などをメインに投稿しています。共通の趣味についての内容が色々と見れて、タイムラインを眺めているだけでも楽しい。またリアルタイムに情報が流れるSNSは、どのニュースよりも情報が早いのも大きな特徴。自分で内容を精査する必要がありますが、時折重要な情報も流れてくるので、大きく役立っています。

そんなTwitterですが、今回あらたに音声チャットルーム機能が使える新サービス「スペース」を5月4日より正式リリース。音声チャットサービスと言えば、一時「Clubhouse」が話題となりましたが、その対抗策という意味合いも込めて、Twitterでも同様の機能が使えるようになった模様。

これまでのような文字ではなく、音声でコミュニケーションを取れるというもので、ホストは、誰が発言できるか(スピーカー)を指定できるほか、特定のスピーカーをミュートしたり、参加者を退室させたりも可能。すべてのスピーカーを同時にミュートすることもできます。

またホストがブロックしている相手はその人のスペースには参加できず、ブロックした相手と同じスペースに参加している場合は、その旨警告が表示されます。

それと同時に「タイムライン画像表示がフル表示対応(iOSアプリにて)」となりました。2:1や3:4のアスペクト比の画像もフル表示されるようになり、縦長の画像も全体が表示、ビデオなども縦長表示が可能。更に臨場感のあるタイムラインが見れるようになりました。

・Twitter スペースの始め方~

まずはTwittwe公式アプリ(iOS,Android共に対応)を開いて、右下の新規投稿アイコンをタップします。(こちらはiOSアプリ)

続きを読む

[今週の気になる] Twitterに新機能「Spaces」が追加されるみたい~音声を使ってリアルタイムに会話ができるようになるとのこと~またタイムラインフルサイズ画像表示も実験中らしい~

Twitterに新機能「Spaces」が追加される

今や日々の生活において、SNSは欠かせない必須アイテムとなっています。その中でも大きな影響力も持っているのが「Twitter」。日々リアルタイムに情報が流れてくるので、ある意味TVのニュースなどよりも素早く情報を得ることも可能。

しなしながら匿名で誰もが利用可能なので、むやみに流れてきた情報を一方的に信用して拡散するのはリスクが伴うのも事実。各自が情報に対する判断力を持って、心して利用することが肝心だとも言えます。

そんなSNSの代表格ともいえるTwitterですが、先日のバージョンアップデート(8.56)にて、新機能の追加が発表されました。それが、

音声を使ってリアルタイムに会話ができる「Spaces」

という新機能。

音声SNSとしては「Clubhouse」が巷で話題になっていますが、そのTwitter版とでもいえるもので、音声チャットルーム機能を備えた新機能となっています。

しかしながらアップデートはされたものの、まだ現時点ではテスト参加者以外はSpacesを作成することはできません。TwitterのSpacesチームによると、4月から誰もがSpacesをホストできるようにする計画とのこと。

先行する「Clubhouse」によく似たサービスで、ユーザーが自分の部屋(Space)を作ってユーザーを招待し、そこでチャットするというものらしい。

現在、iOSおよびAndroidのTwitter一部ユーザーでは、既にSpaceを作成できるようになっているみたい。Twitterアプリでツイート作成ボタンを長押しし、左上にSpacesのアイコンが表示されれば、Spaceを作成できるとのこと。(自分はまだできない模様)

どちらにしても新しい機能が追加されるのは、色んな意味でワクワクしますね。Clubhouseは現在招待制みたいですが、Twitter「Spaces」は4月以降ならば誰でもSpacesをホストできるようになるみたなので、Twitterの使い方がまた一段と広がりを見せそう。

続きを読む

[今週の気になる] Facebookがついに独自の仮想通貨「Libra」を発表!価格変動の無いステーブルコインを採用することで一気に拡大していく可能性も〜

仮想通貨 Libra
(画像はLibraサイトより抜粋)

先日、Facebookが以前から噂されていた独自の仮想通貨(デジタルコイン)Libra」を発表しました。Libra専用のウォレットアプリ「Calibra」を使用することで、ボタン一つで相手に送金したり、コードをスキャンして商品を購入したりすることが可能になります。(LINE PayとかPayPayとかのイメージに近いかも)

2020年前半に提供が開始される予定のLibraは、運営組織によって管理され、価格変動率の低い金融資産によって価値が担保されるらしい。こちらの仮想通貨「Libra」の一番のポイントは、価格変動の無いステーブルコインを採用するということ。

これまでの仮想通貨は、ビットコインなどを始め価格変動が大きいので、コインとしてより投機目的で使う人が大半でした。しなしながらこちらのLibraは価格変動の無いステーブルコインを採用することで、通常のお金と同様に扱うことが可能になります。

ちなみに「ステーブルコイン」とは、

一般的には「価格変動(ボラティリティ)の無い通貨」を指し、価格が一定である通貨のことをさします。ステーブルコインの名前ですが、ステーブルには「安定した」という意味があります。またステーブルコインは別名で「ペッグ通貨」とも呼ばれています。ペッグには本来「釘で固定する」という意味があります。

続きを読む

[今週の気になる] 「LINE Pay」専用アプリ、iOS,Android共にリリース!〜しかもこのアプリを使うと還元上限額が1万円にアップするぞ〜

LINE Pay 専用アプリ

20%還元祭りなどで巷をにぎわせている「スマホ決済サービス」のキャンペーン合戦。ここにきて今回、LINEが新たに「LINE Pay」専用アプリをリリースしました。Android版に続いてiOS版も先日リリース開始。ということで早速使用してみることに。

こちらがその「LINE Pay(iOS)」専用アプリ。検索でLINE Payと入れてやれば出てくると思います。

続きを読む

[今週の気になる] SNSサービス「Google+」一般向けサービス、予定よりもひと足早く2019年4月に終了へ〜そしてPayPay20%還元キャンペーンも早々終了(残念)〜

SNSサービス「Google+」

SNSサービス「Google+」今年の10月に「Google+一般ユーザー向けサービスを2019年8月頃に終了する」との発表がされていましたが、それが前倒しになり

SNSサービス「Google+」一般向けサービス、予定よりもひと足早く2019年4月に終了へ

との発表がなされました。

その理由としては、サービスが利用されていないことに加え、50万件以上のアカウントに影響があると推定される個人情報に無断アクセスできるバグが発見されたとこと。その上またしても個人情報に無断アクセスできるAPIバグが判明したとのことで、一般向けサービスの終了時期を2019年4月に前倒しで終了すると発表されました。

今回のバグの影響範囲は約5,520万人。すでに修正済みで、その期間中デベロッパーやサードパーティのシステムがこれらを悪用した形跡はないとのことですが、その数が膨大なので無視することは出来なかった模様。

ちなみにこのバグにより「ユーザーの名前、メールアドレス、職業、年齢、性別」など未公開個人情報にアクセス可能になっていたものの、パスワードや決済情報などの漏洩はないということです。

続きを読む

[今週の気になる] ファミリーマートが2018年11月よりスマホを活用したバーコード決済「d払い」「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ」などに対応するらしい〜

ファミリーマート バーコード決済 d払い LINE Pay PayPay 楽天ペイ

世界的にも遅れているといわれている日本の「キャッシュレス決済」事情。世界的に見てもその比率が約2割と海外と較べてもかなり低いレベル。韓国などでは既に約9割がキャッシュレス決済ということですから、いかに日本が出遅れているかがわかります。

現金志向が強い日本はキャッシュレス決済の比率が約2割と海外より低い。都内でクレジットカードを使える飲食店は3分の1程度にとどまるとの調査もある。経済産業省によると、韓国は約9割、中国は6割、米英も5割前後に上る。政府は2025年までに4割まで高める目標を掲げている。(nikkei 記事より抜粋)

またお店が側がキャッシュレス決済を導入しない理由としては「手数料が高い=40%以上」となっています。その結果、必然的に使えるお店が少なくなり、使えるお店が少ないから利用者も少なくなるという悪循環に。

2020年には東京オリンピックもありますし、これではいけないと政府も2025年までに4割まで高める目標を掲げていますが、ちょっと取り掛かるのが遅すぎた感も否めません。それでもやらないよりはやった方が確実に良いわけで、「現金しか使えないことに不満を持つ外国人観光客は4割存在する」との経産省の調査報告書を見ても、日本のキャッシュレス決済化が急務になっていることは間違いありません。

そんな中、大手コンビニチェーンのファミリーマートが、2018年11月よりスマホを活用したバーコード決済 「d払い / LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ(アプリ決済) / Alipay(支付宝) / WeChat Pay(微信支付)」に対応すると発表しました。

2018年11月より全国のファミリーマート(まずは一部店舗)で取扱い可能になるとのこと。全国のファミリーマート全店舗での開始は、2018年12月4日(火)からとなります。

続きを読む

[今週の気になる] 50万人の個人情報流出を受けて、SNS「Google+」が2019年8月頃に閉鎖されることに〜

Google+

米グーグルは8日、ソフトウエアの不具合から最大50万人分の個人情報が外部に流出する恐れがあるとして同社の交流サイト(SNS)サービス「グーグル+(プラス)」を閉鎖すると発表した。現時点で実際の情報の流出や不正利用の形跡はないという。(nikkei 記事より抜粋)

今週始め、突然のビックリ情報が飛び込んできました。50万人の個人情報流出というのも驚きではありましたが、それよりもSNSサービス「Google+」を閉鎖するとの内容が衝撃的過ぎました。

「Google+」は自分もオープン当初から使い始め、最近では週に一度ほどの利用にとどまっていましたが、それでも長年ずっと使い続けてきました。2016年辺りまではほぼ毎日利用していたこともあり、それなりに愛着もあります。

続きを読む

大手3キャリアから配信開始されたメッセージアプリ「+メッセージ(iOS版)」を使ってみた!のだけれど…

メッセージアプリ「+メッセージ(iOS版)」

大手3キャリアから配信開始されたメッセージアプリ「+メッセージ(iOS版)」 をiPhoneXにインストールして使ってみたので、まずは簡単な使用感などご紹介してみたいと思います。Android版が先行配信されていたのですが、こちらは不具合があったみたいで配信中止になっていましたね。(SoftBank)つい先日こちらも配信が再開されたみたい。

ちなみに「+メッセージ」は、ドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社が共同で開発したメッセージアプリ。位置づけとしてはSMSの進化版ということで、会員登録などは必要なく、電話番号だけでやり取りできるのが大きな特徴。

まずはApp StoreからiOS版「+メッセージ(プラスメッセージ)」をダウンロード。

続きを読む

「LINE Pay」2018年8月より還元率に3%を上乗せするアップグレード制度を発表!QRコード決済手数料無料化なども〜

LINE Pay

LINE Pay」とっても便利でお得な決済アプリとして定着してきましたが、先日の「マイカラー制度導入」については、賛否両論あるみたい。これまでLINEポイント2%還元の強みを活かして急成長してきたLINE Payですが、今回のマイカラー制度が思っていたよりも”辛い審査基準”となっているみたいで、ポイント還元率が急落する人が続出。

そんな自分も先月は「レッド」だったのですが、「ホワイト」に急落してしまいました。まぁマイカラー制度が導入されてから使用頻度が下がってしまったので、仕方ないんですけれどね。

そんな折、LINE Payもそんな雰囲気を察してか、素早く対応策を発表してきました。

2018年8月からの1年間、カラーバッジ保有ユーザーを対象に、「LINE Pay」の「コード支払い」利用に限っては、各カラーで定められた「LINEポイント」還元率に3%を上乗せして付与する。またLINE Payポイント付与対象金額10万円の上限を撤廃する。

というもの。

2018年8月から1年間という期限付きではありますが、「LINEポイント」還元率に3%を上乗せというのはかなり魅力的。自分みたいにホワイトになってしまった人でも、3%は還元される訳ですから、これは大きいですよね。

ただし「コード支払い」利用に限ってなので、この点は注意が必要。これまでApple WatchなどでSuicaと連携して使ってきた人は、ポイント対象になりません。あくまでもLINEアプリから直接コード支払いを利用しての支払いに限られるとのこと。

続きを読む