犬山城下町巡り~新しいお店が立ち並び、若い人達にも人気急上昇中!紅葉の「犬山城下町」をぶらり散策してみた~

紅葉の「犬山城下町」

(2020年11月来店)

愛知県犬山市にそびえ立つ名城「国宝 犬山城」。織田信康築城、室町時代の天文6年(1537)に建てられ、天守は現存する日本最古の様式をそなえています。そんな犬山城のお膝元にあるのが、古い町並みがそのまま残る「犬山城下町」。

今回は久しぶりに犬山近辺をぶらり散策してきたので、ご紹介してみたいと思います。まずは犬山城下町近くにある明治開業老舗田楽料理店「松野屋」にて、極上の「でんがく定食」を味わってから、紅葉の「犬山城下町」を目指すことに。

愛知県犬山城下町近くにある明治開業老舗田楽料理店「松野屋」にて、極上の「でんがく定食」を味わってきた~

こちらが犬山城下町の入り口にある「三光稲荷神社」。こちらの奥高台には「国宝 犬山城」がそびえ立っています。自動車は犬山城下町からすぐの所にある「犬山市キャッスルパーキング」に駐車。1日500円(通常普通車一日200円)。第一から第三までありますが、犬山城下町を見るならば、並んでも第一の方が便利。

続きを読む

愛知県犬山城下町近くにある明治開業老舗田楽料理店「松野屋」にて、極上の「でんがく定食」を味わってきた~

愛知県犬山城下町 老舗田楽料理店「松野屋」「でんがく定食」

(2020年11月来店)

愛知県犬山市は「国宝犬山城」を中心に、犬山城下町をメインとして栄える城下町。犬山城にはこれまで何度も訪れていますが、最近は新しいお店なども沢山できており、若い方々も増えてきて、また以前とは異なった新しい犬山城下町として賑わっています。

城下町として新たな賑わいを見せる犬山城下町ですが、その近くには昔からずっと続く老舗も沢山存在します。そんな老舗の中でも明治時代から続く老舗田楽料理店が、こちらの「松野屋」。

以前から一度訪れてみたかったこともあり、犬山城下町を散策する前に「松野屋」を訪れることに。こちらがお店の入り口付近。外には「菜めしでんがく」という大きな暖簾がかかっています。

続きを読む

信州巡り旅~昔懐かしい街並みの「なわて通り商店街」を散策したり、明神館お土産「オレンジピールのパウンドケーキ」を味わって、旅の終わりにホッと一息ついた一日~

松本城下町「なわて通り商店街」

先日、以前から予約していたGo to トラベルを使って、久しぶりに信州長野県へと一泊旅行に出かけてきました。以前にも日帰りで「松本城」近辺には訪れたことがあるのですが、今回は以前から一度訪れてみたかった老舗旅館「明神館」にて一泊することとなり(Go to トラベルのお陰)自然から食事まで、秋の信州を満喫してきました。

ということで何回かに分けて「信州巡り旅」としてご紹介していきたいと思います。

信州巡り旅~「四柱神社」にて参拝しながら紅葉を楽しんだり、青空快晴秋の「国宝 松本城」を心ゆくまで満喫した一日~

秋青空快晴の「松本城」を5年ぶりに堪能できたところで、駐車場まで戻りつつ、昔懐かしい街並みの「縄手通り」を散策することに。

「四柱神社」隣の小川沿いに広がっているのが、こちらの「信州・松本 なわて通り商店街」。この日も多くの方々で賑わっていました。ちなみにこちらの”なわて通り商店街“とは、

松本城から歩いて5分、松本駅から歩いて10分のところにあり、個性的なお店が長屋風に軒を並べる商店街です。女鳥羽川の土手から始まった通りで、「縄のように長い土手」から「縄手」と呼ばれるようになりました。松本城から歩いて近いこと、商店街内が歩行者天国であることなどから、松本を訪れる観光客の皆様に楽しんでもらっています。

とのこと。長屋風の店舗が連なり、昔ながらの金物屋さんや花屋さんから、オシャレな雑貨屋さんまで色々なお店が営業されています。

続きを読む

信州巡り旅~「四柱神社」にて参拝しながら紅葉を楽しんだり、青空快晴秋の「国宝 松本城」を心ゆくまで満喫した一日~

「四柱神社」紅葉「国宝 松本城」

先日、以前から予約していたGo to トラベルを使って、久しぶりに信州長野県へと一泊旅行に出かけてきました。以前にも日帰りで「松本城」近辺には訪れたことがあるのですが、今回は以前から一度訪れてみたかった老舗旅館「明神館」にて一泊することとなり(Go to トラベルのお陰)自然から食事まで、秋の信州を満喫してきました。

ということで何回かに分けて「信州巡り旅」としてご紹介していきたいと思います。

信州巡り旅~松本市内へと向かいつつ「山辺ワイナリー」にて松本平産ぶどう100%ワインを選んだり、老舗洋食店「おきな堂」にて名物「ボルガライス」を味わった一日~

お気に入りの老舗洋食店「おきな堂」で名物「ボルガライス」を食べてお腹も膨れたところで、すぐ目の前にある「四柱神社」まで参拝に訪れることに。

松本縄手通りにかかる橋には、こんな愛らしいカエルの看板も。

続きを読む

信州巡り旅~石碾き蕎麦店「石碾きそば 水車家」にて、石臼でじっくり自家製粉した期間限定新蕎麦「十割蕎麦」を味わってきた~

信州巡り旅~石碾き蕎麦店「石碾きそば 水車家」

先日、以前から予約していたGo to トラベルを使って、久しぶりに信州長野県へと一泊旅行に出かけてきました。以前にも日帰りで「松本城」近辺には訪れたことがあるのですが、今回は以前から一度訪れてみたかった老舗旅館「明神館」にて一泊することとなり(Go to トラベルのお陰)自然から食事まで、秋の信州を満喫してきました。

信州巡り「松本城」国宝指定されている名城見物に行ってきました〜Part.1

ということで何回かに分けて「信州巡り旅」としてご紹介していきたいと思います。まずは地元名古屋から高速道路に乗って松本を目指します。休憩時間も入れると4時間程でしょうか。途中何箇所かサービスエリアにて休憩したのですが、こちらの「虎渓山PA」はちらほら紅葉していて、なかなか素敵な雰囲気。

続きを読む

看護師さんを応援するサイト「ナースときどき女子」内にて、「武将たちに思いを馳せつつ…。看護師の休日に「城」はいかが?」特集記事として当方ブログをご紹介頂きました〜

ナースときどき女子 城

人生において生まれてから亡くなるまで、皆が必ずお世話になるのが病院。その中でも直接触れ合う機会が多いのが看護師の方々。そんな看護師の方々にとって役立つ情報を毎日配信しているのが、こちらのサイト「ナースときどき女子」。

仕事、勉強から恋愛、美容などのプライベートなことまで、ナースにとって役立つ情報を毎日配信しています。今回はその中にある「お出かけ」情報の特集記事として当方ブログもご紹介頂けることとなりました。

今回は「ナースときどき女子」内にある「お出かけ」カテゴリーにて、「武将たちに思いを馳せつつ…。看護師の休日に「城」はいかが?」という特集記事の一つとしてご紹介頂いています。

続きを読む

戦国時代、三河支配の重要拠点とされた愛知県豊橋市のお城「吉田城跡」を訪れてみた〜豊橋公園に隣接していて市民の憩いの場にも〜

吉田城跡 豊橋公園

先日、愛知県豊橋市にある「道の駅とよはし」を訪れて、豊橋カレーうどんを初体験。産直野菜なども購入し道の駅を満喫したところで、この日の次の目的地「吉田城跡」へと向かうことに。

愛知県豊橋市に2019年オープンした道の駅「道の駅 とよはし」にて、ご当地グルメ「豊橋カレーうどん」を初体験〜

吉田城鉄櫓(くろがねやぐら)は入館料無料とのことですが、15時までの営業ということで慌てて向かいます。道の駅とよはしからは車で10分程と近いこともあり、何とかギリギリ間に合いました。

吉田城鉄櫓は豊橋公園と隣接しており、こんな感じの木々深い公園内を歩いて向かいます。

続きを読む

あの豊臣秀吉が一夜にして築いたと伝えられる「墨俣城(墨俣一夜城)」を見学〜幻の墨俣一夜城が歴史資料館として現代に蘇った〜

墨俣城(墨俣一夜城)

永禄9年(1566年)木下藤吉郎(のちの豊臣秀吉)が一夜にして築いたと伝えられるのが「墨俣城(墨俣一夜城)」。現在の岐阜県大垣市墨俣町墨俣にあったといわれる戦国時代の幻のお城。

築城時期は不明。長良川西岸の洲股(墨俣)の地は交通上・戦略上の要地で、戦国時代以前からしばしば合戦の舞台となっていた(墨俣川の戦い)。1561年(永禄4年)ないし1566年(永禄9年)の織田信長による美濃侵攻にあたって、木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)がわずかな期間でこの地に城を築いたと伝えられている。これがいわゆる墨俣一夜城であるが、不明な点が多く、様々な議論がある。(一夜城の伝承自体を否定する説も)(Wikipediaより抜粋)

現在、墨俣城跡の北西側は一夜城跡として公園に整備されており、公園内には大垣城の天守を模した墨俣一夜城歴史資料館が建てられています。史実上の外観とは異なるお城ですが(実物は簡易な建築や柵で構成されたものであったとされる)その場の雰囲気を感じたく、墨俣城(墨俣一夜城)を訪れてみることに。

大垣市内からもほど近い場所「大垣市墨俣町墨俣1742-1 / 0584-62-3322」に建てられています。周りにはこんな感じに桜並木が整備され、この時期は緑が鮮やか。春にはお花見の人々で賑わいそう。

↓大垣城を訪れた際のコラムはこちら↓
岐阜大垣巡り「大垣城」まで見学遊びにいってきました〜

続きを読む

名古屋城お膝元城下町「金シャチ横丁」にあるビストロ「bistro 那古野」にて、渥美半島産「保美豚」を使った特製ランチを満喫〜帰りにタピオカミルクティーも〜

金シャチ横丁 bistro 那古野

「尾張名古屋は城で持つ」と言われるくらい、この尾張名古屋には様々なお城(城跡)が存在します。その中でも名古屋のシンボル的な存在なのが「名古屋城」。一時は観光客も下火だった模様ですが、「本丸御殿」の建築&完成を機会に海外からの観光客などもぐっと増えて、最近では多くの方々でにぎわっている様子。

名古屋城巡り「本丸御殿」の豪華絢爛ぶりに驚きの連続!名古屋おもてなし武将隊にも会えるよ〜

そんな名古屋城に隣接して昨年2018年3月に新しくオープンしたのが「金シャチ横丁」。名古屋城の城下町をイメージ、地下鉄「市役所」出口から名古屋城にかけて「宗春ゾーン」「義直ゾーン」という城下町が創られました。「うまし名古屋を馳走せん」という文言通りに、名古屋を代表するような飲食店がズラッと立ち並んでいます。

先日、散策がてら「金シャチ横丁」を訪れた際に一番気になったお店「bistro 那古野」にて、ランチをしてきたので、その様子をご紹介してみたいと思います。

名古屋のシンボル「名古屋城」城下町をイメージした「金シャチ横丁」の「宗春ゾーン」を散策してみた〜

地下鉄「市役所7番出口」を出るとすぐ「宗春ゾーン」への入り口が広がっています。大きな「金シャチ横丁」という立て看板も作られていて、名古屋城への動線もわかりやすくていい感じ。

続きを読む