愛知県蒲郡市にある娯楽施設「ラグーナ・フェスティバルマーケット」おさかな市場やヨットハーバーを堪能した一日〜蒲郡みかんも甘くて最高〜

ラグーナ・フェスティバルマーケット

愛知県蒲郡市にある娯楽施設「ラグーナテンボス」。アトラクションからイルミネーションまで、家族みなで楽しめる娯楽施設。冬場には「冬のラグーナ」という「イルミネーション&マッピング」が開催されていて、人気を博しています。園内観覧は有料で、観覧料「大人 2,250円 / 小学生 1,300円 / 幼児 800円(3歳以上)」となっています。

今回はこちらのラグーナテンボスは訪れなかったのですが、そのすぐ隣にある娯楽施設「ラグーナ・フェスティバルマーケット」にお邪魔してきました。こちらは「シーサイドレストラン」や「おさかな市場」などがメインのショッピングモール。蒲郡が海に近いこともあり、海の幸が豊富に取り揃えられています。またヨットハーバーや観覧車などもあり、海沿いの自然の景色も楽しめます。

愛知県蒲郡市にある娯楽施設「ラグーナ・フェスティバルマーケット」にて「特大牡蠣フライ&カニ丼」「大盛海老フライ定食」を満喫した一日〜

「漁港めし家 牧原鮮魚店」で大満足ランチを頂いたところで、フェスティバルマーケットを見て回ることに。まずは目の前に見えるヨットハーバーを見学。建物2,3階からもベランダに出ることができます。

眼の前には三河湾とヨットハーバーが広がり素敵な眺め。ワンピースの海賊船みたいな船も停泊。現在は動いていないみたいだけど、暖かくなってきたら遊覧するのかな。

続きを読む

フランス生まれのアウトドアブランド「MILLET(ミレー)」の「ボトルホルダー」(500ml)」を購入してみた〜使い勝手はどんな感じ?

MILLET(ミレー)ボトルホルダー(500ml)

水分補給はとっても大切。自分も外出する時にはいつもお茶を入れた「THERMOS ケータイマグ」を持ち歩いています。いつでも気軽に水分補給ができるので、とても重宝しているのですが、鞄に入れておくと毎回取り出すのが面倒。でも身体のことを考えるとマメな水分補給は欠かせない。(自分の場合はとくに)とくにこれから暖かくなる春夏には必須アイテム。

ワンタッチオープン可能な真空断熱ケータイマグ「THERMOS サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 500ml」を追加購入〜これでこの猛暑も乗り切れそう〜

ということで今回「THERMOS ケータイマグ」を常に入れて持ち歩ける「MILLET(ミレー)ボトルホルダー(500ml)」を購入したのでご紹介してみたいと思います。こちらはフランス生まれのアウトドアブランド「MILLET(ミレー)」のもの。

ちなみにMILLET(ミレー)社とは…

ミレーは1930年代に初のショルダーストラップ付きのバッグを販売し、その名を知られるようになった。 数年後にそれをバックパックへと進化させると、フランスのブランドとして一躍有名になる。

歴史あるアウトドアブランドが作ったボトルホルダーということで、持ち歩く時の安心感も違います。こちらが「MILLET(ミレー)ボトルホルダー(500ml)」。紺と水色のツートンカラー。価格は「1,400円(税別)」。重量「38g」と軽量サイズ。

続きを読む

「ぎふ清流里山公園」あの日本昭和村が入園無料の自然豊かな公園になっていたので訪れてみた〜園内で食べた「みたらし団子」が絶品なり〜

ぎふ清流里山公園

2003年にオープンした「日本昭和村」。道の駅日本昭和村を併設した都市公園として話題を呼び、TVなどでもCMを目にした方も多いことでしょう。そんな自分も以前訪れたことがあるのですが、2018年4月8日に「ぎふ清流里山公園」としてリニューアルオープンしていたんですね。

入園料も無料になり、以前の施設も残しつつも入場門付近に和風カフェとテラス、足湯の施設なども新設、自然豊かな新しい公園として人気ということなので訪れてみることに。

「ぎふ清流里山公園」あの日本昭和村が入園無料の自然豊かな公園になっていたので訪れたてみた〜

こちらが「昭和街銀座通り」。レトロな雰囲気満載の看板がいい感じ。

続きを読む

「ぎふ清流里山公園」あの日本昭和村が入園無料の自然豊かな公園になっていたので訪れてみた〜

ぎふ清流里山公園

2003年にオープンした「日本昭和村」。道の駅日本昭和村を併設した都市公園として話題を呼び、TVなどでもCMを目にした方も多いことでしょう。そんな自分も以前訪れたことがあるのですが、2018年4月8日に「ぎふ清流里山公園」としてリニューアルオープンしていたんですね。

入園料も無料になり、以前の施設も残しつつも入場門付近に和風カフェとテラス、足湯の施設なども新設、自然豊かな新しい公園として人気ということなので訪れてみることに。

こちらが「ぎふ清流里山公園」ゲート付近の広場。広いスペースに新しい施設が立ち並んでいます。場所は「岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1 / 0574-23-0066」「美濃加茂IC」降りてすぐ。

続きを読む

産直市場&食堂そして温泉が一度に楽しめるスパリゾート「湯の華アイランド広場」を訪れてみた〜新鮮でお値打ちな産直食材がいっぱい〜

湯の花アイランド広場

各地の道の駅を始めとして、産直市場はどこも大賑わい。生産者や加工業者が自身で作った(選んだ)商品の価格を決め、お客さんとの対面販売をしているのが産直市場。卸業者などを通さないから、商品も新鮮でお値打ちなものが多いのが特徴。

そんな産直市場は大好きで、これまでにも色んな道の駅などを訪れているのですが、岐阜県可児市に産直市場&食堂&温泉が一度に楽しめるスパリゾート「湯の華アイランド広場」ができてしかも大人気、ということで訪れてみることに。

こちらが「湯の華市場」入り口。「湯の華温泉」「湯の華食堂」も隣接しているのですが、それぞれに個別の建物になっているので、各施設だけ利用することも可能。場所は「岐阜県可児市土田大脇 交差点西エリア 名勝木曽川国定公園内 / 湯の華市場 0574-24-3811」。近くに行くと大きな看板が立っているので、すぐにわかると思います。駐車場もかなり広いスペースが用意されています。(無料)

続きを読む

信州松本、美ヶ原温泉にある5つ星のお宿「翔峰(Shoho)」朝食バイキングを堪能した後、青空のもと国宝「松本城」見学に勤しむ〜

翔峰(Shoho) 松本城
(こちらは家族がiPhone8で撮った写真です)

少し前になりますが、10月後半秋真っ只中に訪れたのが信州松本の美ヶ原温泉にある5つ星のお宿「翔峰(Shoho)」。絶景露天風呂や信州牛おもてなし料理など、とても素晴らしかったのでご紹介してみたいと思います。

信州松本、美ヶ原温泉にある5つ星のお宿「翔峰(Shoho)」にて、絶景露天風呂や信州牛おもてなし料理を満喫〜

絶景露天風呂や信州牛を堪能した後、ゆっくりと寛ぎながら就寝。そして翌朝、この日も青空快晴でとてもいいお天気。旅館の入り口にある木々も、ほんのりと色づいてきています。

続きを読む

岐阜県大垣市にある全長2.2kmの渓谷「多良峡(たらきょう)」に吊られた「つり橋」からの眺めが素晴らしい〜色彩鮮やかな紅葉を満喫〜

渓谷「多良峡(たらきょう)」紅葉

岐阜県大垣市にある全長2.2kmの渓谷「多良峡(たらきょう)」。上石津地域のまん中に位置し、「揖斐・関ヶ原・養老国定公園」「岐阜県の名水五十選」「飛騨美濃紅葉三十三選」「大垣市景観遺産」にも選ばれている渓谷。途中の多良峡森林公園には「つり橋」が架けられており、遊歩道も整備されています。

こちら「多良峡」の紅葉が綺麗とのことなので、紅葉見学をかねて多良挟を訪れてきました。これまでにも色んな場所まで紅葉見学に訪れていますが、「つり橋」が架けられている渓谷を訪れるのは初めてかも。清流に映えるその紅葉は「一之瀬嵐山」とも呼ばれているとのこと。

場所は「岐阜県大垣市上石津町下多良871番地1 / 0584-45-3111」。ちなみに「多良峡森林公園」内には無料駐車場がありますが、「17台分」とそれ程数は多くありません。また渓谷に向かう道は狭いため、上石津トンネル北側の「川西」 交差点から入り、トンネル南側の「下多良」 交差点へ抜ける一方通行となっているので注意が必要です。(詳しくは公式サイトにてご確認下さい)

岐阜県大垣市にある全長2.2kmの渓谷「多良峡(たらきょう)」にて、紅葉見学を満喫〜色彩鮮やかな紅葉が素晴らしい〜

壮大な山々を目の前にしつつ、多良峡に吊られた「つり橋」を渡ることにしましょうか。牧田川を挟んで全長約2.5kmの渓谷に吊られた「つり橋」ということで、かなり見事な造り。ちょっと渡り始めた辺りからもう結構揺れています。

続きを読む

岐阜県大垣市にある全長2.2kmの渓谷「多良峡(たらきょう)」にて、紅葉見学を満喫〜色彩鮮やかな紅葉が素晴らしい〜

渓谷「多良峡(たらきょう)」紅葉

岐阜県大垣市にある全長2.2kmの渓谷「多良峡(たらきょう)」。上石津地域のまん中に位置し、「揖斐・関ヶ原・養老国定公園」「岐阜県の名水五十選」「飛騨美濃紅葉三十三選」「大垣市景観遺産」にも選ばれている渓谷。途中の多良峡森林公園には「つり橋」が架けられており、遊歩道も整備されています。

こちら「多良峡」の紅葉が綺麗とのことなので、紅葉見学をかねて多良挟を訪れてきました。これまでにも色んな場所まで紅葉見学に訪れていますが、「つり橋」が架けられている渓谷を訪れるのは初めてかも。清流に映えるその紅葉は「一之瀬嵐山」とも呼ばれているとのこと。

場所は「岐阜県大垣市上石津町下多良871番地1 / 0584-45-3111」。ちなみに「多良峡森林公園」内には無料駐車場がありますが、「17台分」とそれ程数は多くありません。また渓谷に向かう道は狭いため、上石津トンネル北側の「川西」 交差点から入り、トンネル南側の「下多良」 交差点へ抜ける一方通行となっているので注意が必要です。(詳しくは公式サイトにてご確認下さい)

こちらが「多良峡森林公園」に向かう入り口付近。この辺りから紅葉並木が連なっていて、とても綺麗。

続きを読む

廃線後の鉄路を自転車で走るレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」を初体験!これめちゃ楽しい〜戻り道編

レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」
(こちらは家族がiPhone8で撮った写真です)

廃線後の鉄路を自転車で走るという斬新なアイデアで大人気なのが、レールマウンテンバイク「ガッタンゴー」。2台の自転車をフレームにがっちり固定したレールバイクで、 旧神岡鉄道のレールの上を走ります。

サイクリングにはない「ガッタン、ゴットン」というレールの継ぎ目の音と振動を感じながら、 トンネルや橋梁のあるスリル満点のコースを走るのがとっても楽しいということで、大人気のアトラクション。先日初体験してきたので、ご紹介してみることに。

「まちなかコース」と「渓谷コース」があるのですが、今回は「まちなかコース」を選択。場所は「岐阜県飛騨市神岡町東雲1327-2 / 090-7020-5852(予約・問い合わせ=9:00-17:00水曜定休)」。コースによって現地受付場所が異なるので、注意が必要です。(もちろん事前予約必須)

前回の「行き道編」に続き、「戻り道編」をご紹介していきましょう。

廃線後の鉄路を自転車で走るレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」を初体験!これめちゃ楽しい〜行き道編

片道20分、往復1時間ほどの距離をレールマウンテンバイクで走り抜けます。山々に囲まれ大自然の景色の中、風を感じながら走るのは、めちゃくちゃ気分爽快。

続きを読む