[今週の気になる] 「YouTube Premium」始動!「YouTube Music(Premium)」が使えるようになっていたので試してみた〜

YouTube Music(Premium)

これまで米国などで「YouTube Red」として提供されていたサービスが、今年5月に「YouTube Premium」として刷新、そのまま米国などではサービスが開始されていました。そんな中「YouTube Premium」がついに日本でも利用できるようになりました。

ちなみに「YouTube Premium」とは、Googleの有料音楽・動画ストリーミングサービス。ざっと機能をまとめてみるとこんな感じ。

・YouTubeの広告がすべて非表示に。(オフライン再生機能が利用可能)
・「YouTube Music(Premium)」が利用可能。
・「YouTube Originals」(オリジナル ムービーやシリーズが見れる)
・「YouTube Kids」(アプリで広告なしのオフライン再生が可能)
・「YouTube Gaming」(アプリで広告なし、オフライン、バックグラウンドの再生可能)
・「Google Play Music」(追加料金なしで利用可能)

利用料金は月額1,180円、3ヶ月間の無料トライアルも用意されています。ファミリープランは月額1,780円、最大6人の家族メンバーで利用可能。(こちらは1ヶ月の無料トライアル)ちなみにiPhoneアプリで利用する場合、価格が月額1,550円に設定されているので注意が必要。PCやAndroidからならば、月額1,180円で利用可能。

こんな感じに機能盛々で、YouTube大好きな人にとっては魅力的なサービスとなっています。

自分はといえば以前から「Google Play Music」サービスを利用していることもあり、「YouTube Music(Premium)」サイトを覗いてみたら既に利用可能になっていました。ということで早速試してみることに。

「YouTube Music(Premium)」トップページはこんな感じ。他の定額制音楽サービスと似た感じのデザインになっているので、すでに定額制音楽サービスを利用している方ならば違和感なく使えそう。

続きを読む

[今週の気になる] 2018年11月9日(金)ついにあの話題の映画「ボヘミアンラプソディ」が全国ロードショー開始!Queenファンならずとも音楽ファンならば絶対観るべし〜

ボヘミアンラプソディ Queen
(映画ボヘミアンラプソディの前宣伝チラシ)

2018年11月9日(金)ついにあの話題の映画「ボヘミアンラプソディ」が全国ロードショー開始となりました。世界中で3億枚という驚異のレコードセールスを誇るイギリス出身のロックバンド「Queen(クイーン)」を題材にし、彼らになりきった俳優たちがその半生をリアルに演じるミュージックエンターテイメント。

本作のプロデューサーを務めるのは、Queenのメンバーでギタリストでもあるブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラー。本物のメンバーがプロデュースをするということでも、より期待度が高まります。

若き頃のメンバーの姿から、ライブエイドまでの様々な知られざる葛藤と栄光が、映画の中でリアルに描かれています。そしてQueenを語る上で無くてはならない存在が、唯一無二の天才アーティスト、フレディ・マーキュリー

フレディ・マーキュリーの存在がなければ、Queenの成功は無かったと誰もが感じずにはいられません。45歳の若さでこの世を去った彼ですが、その作品は永遠に語り継がれています。

続きを読む

イヤホンケースがモバイルバッテリーにもなるワイヤレスイヤホン「Bluetooth カナル式 独立型 ワイヤレスイヤホン」を試してみた〜開封の儀から使用感まで〜

Bluetooth カナル式 独立型 ワイヤレスイヤホン

現在では、Bluetoothワイヤレスイヤホンも色んなタイプが登場していますが、数年前にAppleが「AirPods」を発売開始してからというもの、左右独立型のワイヤレスイヤホンが勢いを増しています。

自分も左右独立型ワイヤレスイヤホンを一つ持っているのですが、そのタイプはケーブルで左右別々に充電しなくてはならない仕様ということで、結局充電に手間がかかるので使わなくなってしまいました。

AirPodsは確かに魅力的ではあるのですが、やっぱりまだ価格が高く手が出しにくい。(18,000円前後)そんな折、たまたまAmazonのセールで特価になっていたこちらの「Bluetooth カナル式 独立型 ワイヤレスイヤホン」を発見。かなりお値打ちになっていたこともあり、ダメ元で購入してみることに。

こんな感じのパッケージに入っています。外箱には「TWS WIRELESS EARBUDS」との表記があります。ちなみに「TWS」とは「True Wireless Stereo = 完全ワイヤレスステレオ」を意味するそう。

続きを読む

「名古屋ジャズストリート2018」スペシャルゲストにウィリアムス浩子さんを迎えて、素晴らしいジャズナイトを満喫〜

名古屋ジャズストリート2018

地元駅前にある「大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)」。昔は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理にてアーケードが撤去されてからは、徐々に寂しくなってしまうことに。

それでも昨今は「ナゴヤドーム」などの影響もあり、大曽根駅界隈にも色んなお店が増えてきており、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。

大曽根駅前を中心に昔の活気を取り戻しつつある大曽根商店街ですが、「大曽根七夕まつり」に負けないレベルで活気づいているイベントが、毎年秋に開催される「名古屋ジャズストリート2018」。

10月14日(日)「名古屋ジャズストリート2018」が無事に開催されました。朝方の雨に負けず午後からは晴天に恵まれ、青空の広がる秋晴れで気持ちのよい一日となりました。お天気のお陰もあってか、メイン通りはこんな感じに凄い人で大賑わい。

続きを読む

コスパに優れたTV用外付けスピーカー「TaoTronics サウンドバー 有線&ワイヤレス対応 36Wステレオスピーカー」を取り付けてみた〜開封の儀から使用感まで〜

TaoTronics サウンドバー 有線&ワイヤレス対応 36Wステレオスピーカー

先日の引っ越しを機会に、色んな家具や家電製品を古いものから新しいものに買い替えているのですが、リビングの中でも欠かせない中心家電といったらTVでしょう。先日新しく購入したwebOS搭載4K対応スマートテレビ「LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A」も、お値打ち価格ながらもwebOS対応と多機能で、日々快適に使用しています。

webOS搭載4K対応スマートテレビ「LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A」を購入してみた〜使い勝手はどんな感じ?

でもTVスピーカーからの音に関しては、イマイチ感がありました。通常のTV番組を見るには決して悪くないのですが、映画などをサラウンドで見ると効果音ばかりが大きくなりすぎて逆に音声が聞きづらかったりしたんです。

映画や音楽好きな自分としては、ここはゆずれないところ。ということでTV専用の外付けスピーカーを探していたところ、お値打ち価格ながらなかなか評価の良いこちらの商品「TaoTronics サウンドバー 有線&ワイヤレス対応 36Wステレオスピーカー」を見つけたので購入してみることに。

ちなみにTaoTronicsの商品は下記のBluetoothステレオヘッドフォンを使用しているのですが、普段使いにはなかなか使い勝手が良くて気に入っています。

コスパ最高の「Bluetoothステレオヘッドフォン」を購入してみた!〜開封の儀

こちらが外箱外観。しっかりとした専用ケースに入れられ、中はスポンジガードで梱包されています。

続きを読む

10/14日(日)名古屋市北区大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)にて、今年も「名古屋ジャズストリート2018」が開催されるよ〜

名古屋ジャズストリート2018

地元駅前にある「大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)」。昔は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理にてアーケードが撤去されてからは、徐々に寂しくなってしまうことに。

それでも昨今は「ナゴヤドーム」などの影響もあり、大曽根駅界隈にも色んなお店が増えてきており、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。それと同時に地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」もまた昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。

地元商店街のお祭り「第59回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊りを楽しんだ夜〜

大曽根駅前を中心に昔の活気を取り戻しつつある大曽根商店街ですが、「大曽根七夕まつり」に負けないレベルで活気づいているイベントが、毎年秋に開催される「名古屋ジャズストリート2018」です。

ジャズの音楽文化をここ名古屋でつくっていきたい」という想いから始まったこちらのイベント。ここ数年、音楽&JAZZ好きな人たちの間では、”大曽根商店街=名古屋ジャズストリート”というイメージも広がってきました。

続きを読む

ご年配の方々に大好評!テレビの音声が離れた場所ではっきり聞ける高品質ワイヤレススピーカー「audio-technica SOUND ASSIST デジタルワイヤレスステレオスピーカー」を購入してみた〜開封の儀からその使用感まで〜

audio-technica SOUND ASSIST デジタルワイヤレスステレオスピーカー

最近のTVは高機能になってきていますが、サラウンド機能などもあってご年配の方々にとっては音声が聞き取りづらいということもあるみたい。実家の母親も数年前から補聴器を使用しているのですが、やはり補聴器だけでは聞きづらいこともあるようで、何かいいものは無いかな?と思っていたところ、こちらの高品質ワイヤレススピーカー「audio-technica SOUND ASSIST デジタルワイヤレスステレオスピーカー」を発見。

ヘッドホンなどでも有名なaudio-technica(オーディオテクニカ)製ですし、評価も良さそうなので購入してみることに。箱外観はこんな感じ、しっかりと梱包されています。

続きを読む

[今週の気になる] スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズに、音声通話や呼びかけ、メッセージ送受信可能な「コミュニケーション機能」が追加されたみたい〜

スマートスピーカー「Amazon Echo」コミュニケーション機能

スマートスピーカー、現在我が家には計4台のスマートスピーカーがあるのですが、どれもそれぞれに特徴があり、それぞれの場所で日々活躍してくれています。そんなあると便利なスマートスピーカーですが、先日Amazon Echoシリーズに音声通話や呼びかけ、メッセージ送受信可能な「コミュニケーション機能」が追加されました。

こちらコミュニケーション機能に対応する「Echoデバイス」や「Aelxaアプリ」を持っている友人や家族などと、相互に連絡を取り合うことが可能になります。利用開始するには、Aelxaアプリを使って事前に設定をしてやる必要があります。ちなみに利用にあたっての追加料金などはとくに必要ありません。

続きを読む

[隠れバンド発掘] ギリシャ発メロハーバンド「WILD ROSE(ワイルドローズ)」80年代AORロックを思い出させるような、ノリと叙情性に富んだメロディが素晴らしい〜

ギリシャ発メロハーバンド「WILD ROSE(ワイルドローズ)」

ちょっと久しぶりの[隠れバンド発掘]コラム。今回は日本では余り馴染みがないギリシャ発のメロハーバンド「WILD ROSE(ワイルドローズ)」をご紹介してみることにしましょう。音楽雑誌「BURRN!」輸入盤チャートにて、2ndアルバム「Dangerous」がNo.1を獲得しているので、ハード&メタル系ロックが好きな方ならばご存知の方もいるのかな。

2004年、ギタリストのアンディ・ロック構想の下、ギリシャアテネにてキャリアをスタート。2007年1stプロモ・シングル「It’s All About Love」を制作、地元を中心にライヴ活動を開始。その後、2011年に1stアルバム「Half Past Midnight」を発表。AOR系メディアから高評価を獲得、フェスティヴァル等へ出演することで徐々に名前が知られるように。

メンバーは、

David A.Saylor (vo)
Andy Rock (g)
Tiny Karpo (g)
Phil Gun (b)
Junior Domanos (dr.)
Dirty Haris (key)

の6人編成。ギター2人にキーボードも入った編成で、80年台AORロックを思い出させるような正統派のメロディアスハードロックバンド(メロハーバンド)として、時代に振り回されることなく、自分達の好みの音を追求し続けています。

2013年には、2ndアルバム「Dangerous」をリリース。BURRN!誌インポートチャートでNo.1を獲得するなど、日本でもその名前が知られるように。2015年には通算4作目となる「4」を完成。これまでの余りセンスが良いとは言えない女性&車のイラストからイメージチェンジ、スタイリッシュな雰囲気を感じさせるアルバムジャケットに仕上がっています。

続きを読む