「名古屋ジャズストリート2019」数多く立ち並ぶ屋台グルメを楽しみながら、多くのプロミュージシャンの方々を迎えて、素晴らしいジャズナイトを満喫〜

名古屋ジャズストリート2019

地元駅前にある「大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)」。昔は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理にてアーケードが撤去されてからは、徐々に寂しくなってしまうことに。

それでも昨今は「ナゴヤドーム」などの影響もあり、大曽根駅界隈にも色んなお店が増えてきており、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。

大曽根駅前を中心に昔の活気を取り戻しつつある大曽根商店街ですが、「大曽根七夕まつり」に負けないレベルで活気づいているイベントが、毎年秋に開催される「名古屋ジャズストリート2019」。

今年は台風19号の接近でギリギリまで開催が危ぶまれたのですが、10/13日(日)「名古屋ジャズストリート2019」が無事に開催されました。地元名古屋は台風一過の晴天に恵まれ、青空の広がる秋晴れで気持ちのよい一日となりました。お天気のお陰もあってか、メイン通りは沢山の人々で賑わっています。(昨年よりも人手が多かった印象)

続きを読む

10/13日(日)名古屋市北区大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)にて、今年も「名古屋ジャズストリート2019」が開催されるよ(台風情報には要注意)〜

名古屋ジャズストリート2019

地元駅前にある「大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)」。昔は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理にてアーケードが撤去されてからは、徐々に寂しくなってしまうことに。

それでも昨今は「ナゴヤドーム」などの影響もあり、大曽根駅界隈にも色んなお店が増えてきており、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。それと同時に地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」もまた昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。

地元商店街のお祭り「第60回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊り、そしてジャズに酔いしれた夜〜

大曽根駅前を中心に昔の活気を取り戻しつつある大曽根商店街ですが、「大曽根七夕まつり」に負けないレベルで活気づいているイベントが、毎年秋に開催される「名古屋ジャズストリート2019」。

ジャズの音楽文化をここ名古屋でつくっていきたい」という想いから始まったこちらのイベント。ここ数年、音楽&JAZZ好きな人たちの間では、”大曽根商店街=名古屋ジャズストリート”というイメージも広がってきました。

続きを読む

ブルースロックの基礎を築いたスーパーバンド「Cream(クリーム)」のドラマー「Ginger Baker(ジンジャー ベイカー)」永眠〜この所素晴らしいミュージシャンが次々に亡くなっていて、とっても残念で悲しい〜

Ginger Baker(ジンジャー ベイカー)

(画像はNMEサイトより抜粋 Photo:GETTY)

2019年10月6日、ブルースロックの基礎を築いたスーパーバンド「Cream(クリーム)」の元ドラマー「Ginger Baker(ジンジャー ベイカー)」が永眠されたとの訃報が届きました。少し前から体調を崩して入院されているとの情報が入っていたのですが、持ち直したとの情報もあった矢先だったので、突然の訃報に只々驚くばかり。

「非常に悲しいですが、今朝病院でジンジャー・ベイカーが穏やかに亡くなったことをお伝えします」「ここ数週間にわたる皆様の親切な言葉に感謝します」とツイッターでは述べられています。

Ginger Baker(ジンジャー ベイカー)といえば、現在でも伝説のスーパーバンドとして語り継がれている「Cream(クリーム)」の元ドラマー。ギタリストのEric Clapton(エリック・クラプトン)とベーシストのJohn Symon Asher Bruce(ジャック・ブルース)と共に活動。

ブルースロックとサイケデリック・ロックを融合させたサウンドが特徴的で、世界でのアルバム売上は3,500万枚以上。現在のハードロックの基礎を創り上げたとも言われる素晴らしいバンドです。

続きを読む

[隠れバンド発掘] 米国オクラホマシティから登場したポストグランジメロハーバンド「Hinder(ヒンダー)」骨太ながら哀愁漂うメロディラインが素晴らしい〜

ポストグランジメロハーバンド「Hinder(ヒンダー)」

ちょっと久しぶりの[隠れバンド発掘]コラム。今回は先日たまたま見つけたこちらのバンド「Hinder(ヒンダー)」をご紹介してみることにしましょう。

米国オクラホマシティから登場したポストグランジメロハーバンド「Hinder(ヒンダー)」自分は知らなかったのですが、2005年のデビュー・アルバム「Extreme Behavior」がアメリカ国内でヒットし、2006年9月には100万枚を突破しプラチナムディスクとなっているバンド。

2008年11月4日には、2ndアルバム「Take It to the Limit」をリリースし、全米アルバムチャートにて初登場4位を記録、結果的にアメリカだけで50万枚以上を売り上げています。

とくに魅力的なのが、ボーカルAustin Winkler(オースティン・ウィンクラー)の骨太ながら哀愁漂うハスキーなボーカル。楽曲もポストグランジ感を漂わせながらも王道アメリカンロックならではのメロハー路線は崩さず、ハードな曲からバラードまで聴くものを引き込みます。

ノリノリなアップテンポの楽曲も素晴らしいのですが、とくに魅力的なのが2nd「Take It to the Limit」に入っている「Last Kiss Goodbye」「Loded and Alone」「Without You」辺りのミディアムバラード。どれも哀愁感漂うドラマティックなハードロックナンバーに仕上がっていて素晴らしい。ボーカルAustin Winklerの絞り上げるような歌声も素晴らしく、心に染みてきます。

BON JOVI(ボン・ジョビ)やHarem Scarem(ハーレム・スキャーレム)が好きな人ならば、気に入ること間違いなし。個人的には歌い方とかメロディセンスがHarem Scaremにかなり似ている感じがしていて、Harem Scarem大ファンの自分にとってはドストライク。(カナダ出身のHarem Scaremよりは、もう少しアメリカンロック寄りだけど)

続きを読む

5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が我が家にやってきた〜しばらく使ってみた感想は?参考になるYouTubeビデオなども〜

5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」

先日、我が家にやってきた5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」。スマートスピーカーは「Amazon Echo」「Google Home」「LINE Clova WAVE」など何台か各部屋にて使用しているのですが、スクリーン付きスマートスピーカーは初体験。

初めてEcho Showシリーズを見た時には、正直「スマートスピーカーにスクリーンまではいらないのでは?それならばスマホでいいのでは?」という気持ちもあったんです。でもそこは実際に使ってみると違っていました。

スマホとは違っていつでもそこに画面がある、常に色んな情報を表示してくれる(時間・温度・ニュース・写真・タイマーなど)というのが、思っていたよりも便利で快適なことに気が付きました。

ということで「ファーストインプレッションとしては購入して正解」という感じだったのですが、設定なども色々と変えてみたりしながらしばらく使ってみたので、その辺りをビデオなども交えてご紹介していきたいと思います。

5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が我が家にやってきた〜開封の儀から初期設定まで〜ファーストインプレッションは?

続きを読む

5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が我が家にやってきた〜開封の儀から初期設定まで〜ファーストインプレッションは?

5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」

2年ほど前から日本でも発売が開始された「スマートスピーカー」。各メーカー色んなタイプのものが販売されていますが、その中でも強いのが2強の「Amazon Echo」と「Google Home」。自分はどちらも発売当初から使用していますが、それぞれタイプにより特徴があって色んな場面(場所)で愛用しています。

スマートスピーカー「Amazon Echo」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜

スマートスピーカー「Amazon Echo Dot(エコードット)」がやってきた!その使用感や如何に〜Echo端末を複数登録する方法まで〜

「Google Home Mini」がやってきた!開封の儀からファーストインプレッション&注意点まで〜

今では完全に生活に溶け込んでいるスマートスピーカーですが、少し前にはスクリーン付きのスマートスピーカー「Echo Spot」「Echo Show」も新登場。なにげに気にはなっていたのですが、既にスマートスピーカーが何台かあるのと価格の面でいま一歩手が出ず、購入には至らなかったんです。

そんな折、5.5インチスクリーン付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が新登場。こちらは価格も他の機種と較べるとお手頃感があったので購入してみることに。

こちらが外箱。他のEchoシリーズと同じく鮮やかなブルーの箱が印象的。

続きを読む

地元商店街のお祭り「第60回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊り、そしてジャズに酔いしれた夜〜

第60回大曽根七夕まつり

夏のイベントといえば、やはり花火と夏祭りですよね。花火は開催地域が限られてしまいますが、夏祭りは地域毎に色んな場所で開催されています。とくに七夕まつりは、大きなものから小さなものまで、色々な場所で催しが行われています。

地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」は、大曽根商店街にアーケードがあった頃から、長年続いてきた歴史ある七夕まつり。以前は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理が行われたためにアーケードが撤去され、自然と大曽根七夕まつりも下火に。

自分が子供の頃には毎年大曽根七夕まつりに訪れるのを楽しみにしていたので、とても残念だったのですが、このところまた大曽根駅界隈に色んなお店が増えてきて、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。

それと同時に地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」も、また昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。ということで先日7/26日〜7/28日間に(27日は台風のため中止)「第60回大曽根七夕まつり」が開催されたので、訪れてみることに。

商店街の所々に、昔を思い出させるような七夕飾りが飾られています。子供から大人まで、今年も思っていた以上に多くの人々で賑わっていました。

続きを読む

音声検索可能なAlexa搭載ニューモデル「Fire 7 タブレット 16GB / 2019」がやってきた!「Fire 7(初代)」と比較してみて、その進化に驚いた〜

Alexa搭載ニューモデル「Fire 7 タブレット 16GB / 2019」

Amazonプライム会員の方ならば、時折スペシャルプライスで販売されるAmazon製品のチェックは欠かせないですよね。先日のAmazonプライムデー時の余りの安さについ購入してしまったのが、こちらの「Fire 7 タブレット 16GB / 2019」。

2015年に購入した「Fire 7(初代)」は持っているのですが、こちらは既に現役引退状態。現在はその後に購入した「Fire HD 8 タブレット(16G / 2017)」をメイン機として使用しています。

4,980円で購入可能な「Kindle Fire」タブレット、予想外にサクサクで驚いた!

「Fire HD 8 タブレット(16G / 2017)」がやってきた!「Fire 7(初代)」と比較してみて、その進化の凄さにビックリ!^^

“Fire HD 8があるのなら、新しいFire 7は必要ないんじゃない?”と思われるかもしれませんが、こちらの新しいFire 7には音声検索が可能な「Alexa」が搭載されているんです。それに性能も大幅にアップされているようなので、この機会に試してみることに。

こちらが定番の外箱。パッと見はお菓子の箱みたいですが、無駄がない作りで好印象。

続きを読む

[今週の気になる] 2019年7月11日午前10:00〜テイラー・スウィフト登場のプライムデーコンサート2019開催!そして今年もAmazonプライムデーがやってくる〜

プライムデーコンサート2019
(画像 Amazonサイトより抜粋)

Amazonプライム会員の方で音楽好きな方に朗報です!2019年7月11日午前10:00より「プライムデーコンサート2019」ライブ配信が開催されます。

テイラー・スウィフトがデュア・リパ、シザ、ベッキー・ジーとともに魅せるライブパフォーマンスとのことで、これはテイラーファンならずともプライム会員ならば必見。

またホストは「glee/グリー」でスー・シルベスターを演じたことで知られるジェーン・リンチが努めます。テイラー・スウィフトのライブは勿論ですが、gleeファンの一人としてはジェーン・リンチのホスト役も気になるところ。

日本時間だと午前10:00からの配信になるので、ずっと付きっきりでは難しいかもしれませんが、お仕事でPC作業などをされている方はワイプで流しておくのもありかも。自分もその日は忘れずにチェックしたいと思います。

続きを読む