白芋100%の数量限定芋焼酎「一刻者(いっこもん)香る白芋」と希少な橙芋100%の限定出荷芋焼酎「一刻者 茜」を頂いたので、双方を呑み較べてみた~

白芋100%の数量限定芋焼酎「一刻者(いっこもん)香る白芋」

美味しいものを味わいながら美味しいお酒を嗜む、この一時は自分にとって何者にも代えがたい至福の一時。まず最初は「麦酒」からという事が多いですが、その後は大体「焼酎(サワー)」へと移行します。

ワインや日本酒もいけるくちですが、呑みすぎると後で残ることが多いので基本は「焼酎(サワー)」が多い。〆には1杯「ハイボール」というのもありですが、ウィスキーもアルコール度数が高いので呑み過ぎには要注意。

ということで日々チビチビと焼酎を楽しんでいる訳ですが、焼酎の中でも呑むことが多いのが「芋焼酎」。普段は1.8L紙パックお徳用芋焼酎「こくいも」などを呑むことが多いですが、たまに手土産などで限定品を頂くことがあります。こうした限定品は、なかなか自分で購入することは少ないので嬉しい限り。

ということで今回は「一刻者(いっこもん)」という洒落た名前の芋焼酎「一刻者(いっこもん)香る白芋」「一刻者 茜」の2種類頂いたので、双方を呑み較べてみたいと思います。どちらも限定出荷の数量限定品ということで、呑み始める前から期待が高まります。

まずこちらが白芋100%の数量限定芋焼酎「一刻者(いっこもん)香る白芋」。宝酒造が販売。南九州産白芋(ジョイホワイト)100%使用、宮崎・日向・黒壁蔵にて製造されている逸品。アルコール分「25%」容量「720ml」価格「1,522円(税別)」。香る白芋と欠かれた白いラベルデザインもお洒落。

スポンサーリンク

白芋100%の数量限定芋焼酎「一刻者(いっこもん)香る白芋」

まずは器に注いでみました。蓋を開けると同時に芋の甘い香りが辺りに漂ってきます。色もスッキリと無色透明。器にたっぷり氷を入れて、まずはロックで味わってみることに。(美味しい芋焼酎は、やはりロックが基本ですよね)

白芋100%の数量限定芋焼酎「一刻者(いっこもん)香る白芋」

それでは一口頂きます。口に入れた途端に自然な甘い芋の香りが鼻に抜けていきます。舌触りはとっても優しくてソフト。後味に柑橘系の爽やかな香りが抜けて、とっても円やかで呑みやすい。芋焼酎はちょっと苦手、という方でもこの香る白芋ならば違和感なく頂けそう。

麹まで白芋を使用した独自の“芋麹仕込”が引き出す、柑橘系の爽やかな香りとすっきりとした上品な味わいが特長的な「一刻者(いっこもん)香る白芋」ということで、とっても優しくて上品な味わい。とっても気に入りました。

続きを読む

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」にて、個性溢れる「イタリアンフルコース(スイーツ食べ放題)」を味わってきた~

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」

先日、家族のお祝い事があった折に、イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」にお邪魔してきました。こちらは名古屋市千種区高見にある「ナゴヤセントラルガーデン」内にある店舗で、周りは閑静な住宅街となっています。

和洋中の有名店が立ち並んでいるのですが、その中でも大人気なのがこちらお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」。言わずと知れたイタリアンの巨匠、落合シェフのお店で、出来た当初からなかなか予約が取れないお店としても有名。

今回、家族のお祝い事があったので、皆で訪れることに。こちらがお店の外観。周りは木々に囲まれて、シックでお洒落な雰囲気。

続きを読む

さつまいもスイーツの専門店「芋花恋(IMOKAREN)」のバウムクーヘン「安納芋バウム」を味わってみた~

さつまいもスイーツの専門店「芋花恋(IMOKAREN)」バウムクーヘン「安納芋バウム」

秋の風が吹き始めると、恋しくなってくるのが「さつま芋」。焼き芋はもちろんのこと、さつま芋を使用したスイーツが無性に恋しくなってくる季節。

そんな秋気分もあってか、先日地元に新しくできたエキナカ商業施設「μPALT(ミュープラット)大曽根」に登場したさつまいもスイーツの専門店芋花恋(IMOKAREN)」にて、安納芋を使ったバウムクーヘン「安納芋バウム」を購入&味わってみたので、ご紹介してみたいと思います。

総合駅「大曽根」の大曽根駅エキナカにオープンした商業施設「μPALT(ミュープラット)大曽根」を訪れてみた~お弁当からパン、スイーツまで、バランス良く新しいアイテムが勢揃い~

こちらが「安納芋バウム」。こんな感じに1個ずつきちんと包装されています。贈答用の箱に入っているので、手土産にも丁度よいかも。

続きを読む

「土岐プレミアムアウトレット」にてセール特価掘り出し物の「BEAMS アウター」を見つけたり、恒例の「鳥開 総本家」にて鳥料理を満喫した一日~

土岐プレミアムアウトレット

土岐プレミアムアウトレット岐阜県土岐市にある大型アウトレットモール。地元名古屋からも1時間ちょっと割りと近いこともあり、定期的に掘り出し物を探しつつ訪れています。

場所は「岐阜県土岐市土岐ヶ丘1-2 / 0572-53-3160」営業時間 「10:00~20:00」。「土岐南多治見IC」を降りてすぐの便利な場所にあります。

続きを読む

パンオブザイヤー2016食パン部門金賞にも選ばれた高級生食パン「乃が美「生」食パン」を味わってみた~

乃が美「生」食パン

昨今は高級食パンブームで、色んなお店が様々な種類の食パンを販売してますね。そういう自分もパン大好きということもあり、これまでにも色んなお店の食パンを味わってきました。

見た目も愛らしくて、生地も美味しいこちらの食パン「ねこねこ食パン」や青い看板が目印の高級食パン「純生食パン工房 HARE / PAN」などがお気に入り。

水と緑の公園「オアシスパーク 河川環境楽園」にて、人気ベーカリー「NEKO NEKO SHOKUPAN」の「ねこねこ食パン(キャラメル・あずき)」を購入したので味わってみた~

真っ青な青空を思い出させる青い看板が目印の高級食パン「純生食パン工房 HARE / PAN」の純生食パンを味わってみた~

お盆休み中、久しぶりに会う方などから色んな手土産を頂いたのですが、その中でお二人の方から手土産として頂いたのが、パンオブザイヤー2016食パン部門金賞にも選ばれた高級生食パン「乃が美「生」食パン」。

以前からテレビなどで見てその存在は知っていたのですが、今回手土産として頂けたので、あらためてご紹介してみたいと思います。

こちらが専用手提げ袋に入った「乃が美「生」食パン」。真っ白い紙袋に筆で描かれた「乃が美」という文字が印刷されており、高級感があっていい感じ。

続きを読む

真っ青な青空を思い出させる青い看板が目印の高級食パン「純生食パン工房 HARE / PAN」の純生食パンを味わってみた~

純生食パン工房 HARE / PAN

昨今は高級食パンブームで、色んなお店が様々な種類の食パンを販売してますね。そういう自分もパン大好きということもあり、これまでにも色んなお店の食パンを味わってきました。最近では見た目も愛らしくて、生地も美味しいこちらの食パン「ねこねこ食パン」がお気に入り。

水と緑の公園「オアシスパーク 河川環境楽園」にて、人気ベーカリー「NEKO NEKO SHOKUPAN」の「ねこねこ食パン(キャラメル・あずき)」を購入したので味わってみた~

そんな中、先日愛知県一宮市方面へと出かけた時に、青空を思い出させる青看板が目印の高級食パン「純生食パン工房 HARE / PAN」を発見、早速立ち寄ってみることに。まだ新しい店舗みたいで、次から次に車が駐車場へと入ってきます。ちょうどタイミングよく駐車できてラッキー。

続きを読む

独特の粘りとコシ、ツルッとした喉越しが特徴的な讃岐うどんが味わえる「讃岐製麺」にて、「山芋おくらの牛肉ぶっかけうどん」「とろ玉ぶっかけうどん」などを味わってみた~

讃岐製麺 讃岐うどん

日本人でうどんが嫌い、という人は余り見かけないですよね。それだけ日本の食文化に溶け込んでいるまさに国民食。というだけあって「うどん専門店」は全国各地にありますが、その中でも東海・近畿を中心に店舗を増やしているのが、こちらの「讃岐製麺」。

まだ東海・近畿以外では店舗展開していないので、他の地域の方には余り馴染みがないかもしれません。これまでにも何度もお邪魔していますが、久しぶりに名古屋市北区にある「讃岐製麺 中切店」を訪れたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらがお店の外観。国道沿いに店舗があり、隣には無料駐車場も完備しています。場所は「愛知県名古屋市北区成願寺1-2-1 / 052-911-0151」。店舗は国道沿いにあり、大きな看板もあって判りやすい。

続きを読む

大曽根駅エキナカにオープンした商業施設「μPALT(ミュープラット)大曽根」で購入してきた「イチゴショートケーキ」や「牛肉ゴロゴロカレーパン」「ラクレットチーズのせトースト」など味わってみた~

μPALT(ミュープラット)大曽根

2020年7月中頃、大曽根駅エキナカに新しくオープンしたのが、商業施設「μPALT(ミュープラット)大曽根」。長い間ずっと工事していたのですが、やっと新規オープンの運びとなりました。ということで先日足を運んでみたのですが、厳選された個性的なお店が立ち並び、初めて見るお店も沢山あって、眺めているだけでも気分がウキウキしてきます。

総合駅「大曽根」の大曽根駅エキナカにオープンした商業施設「μPALT(ミュープラット)大曽根」を訪れてみた~お弁当からパン、スイーツまで、バランス良く新しいアイテムが勢揃い~

初めてのお店が多いということもあり、色んな食材を購入してきたのですが、今回はスイーツやベーカリーのお店で購入してきた食材をご紹介してみたいと思います。

まずはこちらパティスリー「PATISSERIE JOUVRE」の「イチゴショートケーキ」。他にもフルーツタルトやデコレーションケーキ、ロールケーキなどが並んでいたのですが、まずは定番商品からのお試しということで。

続きを読む

名古屋人ならば一度は食べたことがある銘菓「なごやん」のニューバージョン「生なごやん」を食べてみた~創業100年を誇る敷島製パン(Pasco)の新商品~

敷島製パン(Pasco)「生なごやん」

名古屋市東区に本社を置く「敷島製パン株式会社(Pasco) 」東海地区に住んでいる方で”Pascoのパンを食べたことがない”という方は滅多にいないのではないでしょうか。

そんな敷島製パン株式会社(Pasco)も、2020年6月8日(月)に創業100周年を迎えたとのこと。創業100周年とは素晴らしいですね。そんな地元の方々からも愛されているPascoですが、「食パン」「菓子パン」「惣菜パン」などのパン類だけではなく「和洋菓子」も色々と販売しています。

その中でも名古屋を代表する銘菓として広く親しまれているのが「なごやん」。こちらの和菓子も地元の方ならば一度は食べたことがある人も多いことでしょう。国産小麦のカステラ生地でまろやかな黄味あんを包んだ焼菓子で、お土産で頂いたりすることも多く、気がつくといつも家にあったりしました。

そんな名古屋のお土産定番「なごやん」ですが、今回創業100年に際し社員のアイデアから生まれたのが、こちらのニューバージョン「生なごやん」。2020年6月1日新発売の新商品となっています。関東、中部、関西、中国、四国地区にて発売中とのこと。

こちらが外観。こんな感じに1個ずつパッケージに包まれています。発売から60年以上のロングセラー商品である名古屋銘菓「なごやん」の特徴を生かした商品。

続きを読む