岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみた〜ひだ牛乳ソフトを味わったり、世界のバラ園を散策したり〜

花フェスタ記念公園

今年も早いものでもう10月。まだまだ日中は暑い日もありますが、朝晩はずいぶんと秋らしく気持ちのいい日が多くなってきました。そんな大好きな季節の秋、食欲の秋の次に楽しみたいのが、花や木々などの自然を見てまわること。

ということでバラ見学にはちょっと早いかなとは思ったのですが、これまで一度も訪れたことがなかった岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみることに。

岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみた〜まずは飛騨牛ハンバーグプレートで腹ごしらえ〜

「飛騨牛ハンバーグ」を食べてお腹も膨れたところで、本格的に公園散策へと出かけることに。現在「秋のバラまつり」を開催中ですが、この日(10/7日)はまだ全体の2,3割ほどの咲き具合ということで、バラの見頃は「10月下旬」になる見込みとのこと。

それでも陽当りのいいところでは、こんな感じに真紅のバラなども咲き誇っていました。いやいや何とも言えず美しい。

スポンサーリンク


花フェスタ記念公園

西ゲートの近くには、レストランの他にもこんな感じの屋台風飲食店がずらっと立ち並んでいます。ジェラートから伊勢からあげ、飛騨牛串しから飛騨牛カレーや飛騨牛ステーキまで、様々なタイプのお店があります。

花フェスタ記念公園

この日は暑かったので、こちら「ひだ牛乳ソフト」を頂くことに。こちら「飛騨牛乳」は、飛騨地方では有名な乳製品加工会社。「飛騨コーヒー」などは名古屋でもたまに見かけることがありますが、とっても美味しいんです。

続きを読む

最高級黒毛和牛専門店「ミート矢澤」にて「最高級黒毛和牛ハンバーグ」を満喫〜その後、街が一望できる展望レストランにてスイーツも〜

ミート矢澤 ハンバーグ 黒毛和牛
(こちらの画像は家族がiPhone8で撮影したもの)

先日、数年前名古屋にも支店ができた「最高級黒毛和牛専門店 ミート矢澤 名古屋」へとランチ会食に行ってきました。場所は「名古屋市中村区名駅1-1-3 JRゲートタワー12F / 052-756-2914」名古屋駅目の前にあるJRゲートタワー12Fレストラン街にあります。

以前にも訪れたことがあるのですが、その時にはJRゲートタワーが出来て間もなかったこともあり、凄い人で入ることができなかったんです。今回は久しぶりのリベンジ訪問。お店の外観はこんな感じ、高級感があります。営業時間は「11:00〜23:00(22:00 L.O.)年中無休」。今回は平日の14:00近くに訪れたこともあり、すんなり入ることができました。(それでもほぼ満席状態でしたが)

最高級黒毛和牛の精肉卸 株式会社ヤザワミート。この、業界屈指のクオリティーを誇る精肉卸会社が直営するステーキ・ハンバーグ専門店がミート矢澤です。ミート矢澤では、最高級黒毛和牛の中から、熟練した職人の目で選び抜いたものだけを使用し、厳選素材のポテンシャルを最大限に生かした黒毛和牛料理をご提供いたします。(ミート矢澤サイトより抜粋)

続きを読む

10/14日(日)名古屋市北区大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)にて、今年も「名古屋ジャズストリート2018」が開催されるよ〜

名古屋ジャズストリート2018

地元駅前にある「大曽根商店街(オゾンアベニュー / オズモール)」。昔は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理にてアーケードが撤去されてからは、徐々に寂しくなってしまうことに。

それでも昨今は「ナゴヤドーム」などの影響もあり、大曽根駅界隈にも色んなお店が増えてきており、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。それと同時に地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」もまた昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。

地元商店街のお祭り「第59回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊りを楽しんだ夜〜

大曽根駅前を中心に昔の活気を取り戻しつつある大曽根商店街ですが、「大曽根七夕まつり」に負けないレベルで活気づいているイベントが、毎年秋に開催される「名古屋ジャズストリート2018」です。

ジャズの音楽文化をここ名古屋でつくっていきたい」という想いから始まったこちらのイベント。ここ数年、音楽&JAZZ好きな人たちの間では、”大曽根商店街=名古屋ジャズストリート”というイメージも広がってきました。

続きを読む

岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみた〜まずは飛騨牛ハンバーグプレートで腹ごしらえ〜

花フェスタ記念公園

今年も早いものでもう10月。まだまだ日中は暑い日もありますが、朝晩はずいぶんと秋らしく気持ちのいい日が多くなってきました。夜には鈴虫の鳴き声なども聞こえてきたりして、ジャズなどを聴きながら秋の夜長を楽しんでいます。

そんな大好きな季節の秋、食欲の秋の次に楽しみたいのが、花や木々などの自然を見てまわること。春には桜並木など花々が咲き誇りますが、秋にも紅葉があったりバラが咲き誇ったりと、自然が美しい季節。

ということでバラ見学にはちょっと早いかなとは思ったのですが、これまで一度も訪れたことがなかった岐阜県可児市にあるバラと花のテーマパーク「花フェスタ記念公園」を訪れてみることに。

こちらは平成8年に開園「岐阜県可児市瀬田1584-1」にある敷地面積80.7haの自然に囲まれた大きな公園。ナゴヤドームおよそ17個分(80.7ha)の広大な敷地には、約7,000品種30,000株のバラが植えられた世界最大級のバラ園があります。

こちら正面に見えるのが「西ゲート」。「東ゲート」もあるのですが、今回はこちらの西ゲートから入ることに。この日はまだ暑かったのですが、青空に緑がより映えていい感じ。

続きを読む

地元東海地区で大人気の「岐阜タンメン」本家が監修したという市販用岐阜タンメンが販売されていたので作ってみた〜

岐阜タンメン

最近、国道沿いなどでよく見かけるお店で気になっていたのが、こちらの「岐阜タンメン」。どの店舗もいつもお店の前に行列が出来ていて、とっても気になっていたんです。でも行列に並んでまではなかなか食べに行く気にならなくて、いつか食べてみたいなぁと密かに思っていました。

ちなみに岐阜タンメンとは「コシのある細麺とにんにくのきいた豚ガラスープに炒めた豚肉・白菜・キャベツをあわせた塩ラーメン」とのこと。店舗は東海地区中心に「15店舗」ほど。岐阜本店を中心にして、その多くが国道沿いにお店を構えています。

そんな東海地区で大人気の岐阜タンメンですが、先日最寄りのスーパーへ行ったとことろ、本家が監修したという市販用岐阜タンメンを発見。しかも「寿がきや」が製造元、ということで早速購入してみることに。寿がきやが製造販売している市販用ラーメンは、どれも美味しいものが多いので期待も膨らみます。

パッケージはこんな感じ。2人前で280円くらいだったかな。

続きを読む

岡崎サービスエリアにて購入してきた「八丁味噌まん」や「かりんとうまんじゅう」を味わってみた〜

岡崎サービスエリア

先日、地元名古屋から新東名高速道路を利用して新城市を訪れたのですが、高速道路を利用する楽しみの一つがサービスエリア(SA)。最近のSAはショッピングモール並に充実しているので、見応えがあるんですよね。その地域に根づいた限定品なども販売されているので、そういった商品を見つけるのも楽しみの一つ。

ということで今回は2016年に新規オープンした「岡崎サービスエリア」に立ち寄ってみました。

岡崎サービスエリアにて、炭火焼「奥三河鶏もも焼」や大人気ベーカリーパンのトラ「岡崎おうはんクリーム」などを満喫〜

新城市に向かう行きにも上り線側「岡崎宿」へ立ち寄ったのですが、時間の都合で余りゆっくり見れなかったので、帰りの下り線側「森のエントランス」にも立ち寄ることに。こちらのSAは上下線共用(集約)型となっているので、広いうえに動線がわかりやすいんです。

こちらが「包宝 PAOPAO」。できたての本格的な点心が手軽に味わえるお店。デパ地下、駅ナカなどでも人気があります。

続きを読む

岡崎サービスエリアにて、炭火焼「奥三河鶏もも焼」や大人気ベーカリーパンのトラ「岡崎おうはんクリーム」などを満喫〜

岡崎サービスエリア パンのトラ

先日、愛知県新城市にある日本の滝100選にも選ばれた「阿寺の七滝」を散策、そこから車で20〜30分のところにある「道の駅 もっくる新城」にも立ち寄って、自然と食を満喫してきました。

愛知県新城市山深く、日本の滝100選にも選ばれた「阿寺の七滝」を散策してみた〜
大自然に囲まれた道の駅「道の駅 もっくる新城」にて、炭火焼き五平餅を満喫〜

今回、地元名古屋から新東名高速道路を利用して新城市を訪れたのですが、高速道路を利用する楽しみの一つがサービスエリア(SA)。最近のSAはショッピングモール並に充実しているので、見応えがあるんですよね。その地域に根づいた限定品なども販売されているので、そういった商品を見つけるのも楽しみの一つ。

ということで今回は2016年に新規オープンした「岡崎サービスエリア」に立ち寄ってみました。

岡崎サービスエリアは、愛知県岡崎市にある新東名高速道路のサービスエリアである。同県内のサービスエリアは東名高速道路の上郷SAに次いで2ヶ所目となる。ブランド名は「〜歴史と自然〜NEOPASA(ネオパーサ)岡崎」。コンセプトは、上り線側「岡崎宿」、下り線側「森のエントランス」で上下線共用(集約)型となっている。(Wikipediaより抜粋)

外観はこんな感じ。こちらは上り線側「岡崎宿」。とにかく広くて駐車場も多数。上下線共用(集約)型となっているのもいい。

・上り線(東京方面)駐車場
大型 67台
小型 198台
身障者用 4台
電気自動車用急速充電スタンド 2基

・下り線(名古屋方面)駐車場
大型 77台
小型 204台
身障者用 4台
電気自動車用急速充電スタンド 2基

となっています。

続きを読む

電子レンジ圧力鍋(MEYER)を使って、KALDIの「タイ風えびチャーハン」を作ってみた〜

タイ風えびチャーハン 電子レンジ圧力鍋 MEYER マイヤー

ワインからコーヒーそしてちょっと珍しい食料品まで、オリジナル商品も豊富な「KALDI」にて、ご飯に混ぜるだけで簡単にタイ風えびチャーハン(カオパットクン)が出来るという具材入り合わせ調味料が販売されていたので購入してみることに。

こちらがその具材入り合わせ調味料「タイ風えびチャーハン(カオパットクン)」。こうした珍しい料理はなかなか自分で味付けするのは難しいので、こうした調味料があるととっても便利。こちらは1袋で「2合用・2〜3人前」とのこと。

続きを読む

大自然に囲まれた道の駅「道の駅 もっくる新城」にて、旬の高原野菜満載の「お惣菜バイキング」を満喫〜

道の駅 もっくる新城

先日、愛知県新城市にある日本の滝100選にも選ばれた「阿寺の七滝」を散策してきたついでに立ち寄ったのが、そこから車で20〜30分のところにある「道の駅 もっくる新城」。こちらの道の駅、道の駅ランキングにて日本全国16位になっているみたい。全国に道の駅は多いので、16位ならばなかなかの成績ではないでしょうか。

周りには山々が広がり、まさに大自然に囲まれた道の駅となっています。場所は「愛知県新城市八束穂五反田329-7」「新東名高速道路 新城ICから車ですぐ(国道151号沿い)」となっており、とてもわかりやすいのもいいところ。

大自然に囲まれた道の駅「道の駅 もっくる新城」にて、炭火焼き五平餅を満喫〜

大きくて食べごたえ満載の炭火焼き平串わらじ型「五平餅」を堪能した後は、今回の目的の一つでもあった「お惣菜バイキング もっくる」で遅めのお昼ご飯を頂くことに。こちらのフードコートはバイキング形式になっており、標高1000mの高原野菜と、旬の野菜を活用したバイキングメニューが味わえます。

この日はとても混んでいたので、30〜40分ほど待つことに。まず最初にお店入り口にある「順番待ちメモ」に名前を書くことをお忘れなく。ちなみに価格は「大人:1200円 / 小学生880円 / 4歳~幼児400円」制限時間なしというのも嬉しい。ランチ利用時間「11時~15時(最終入店14時30分)」と早めに終わってしまうのでご注意を。

続きを読む