道の駅「志野・織部」散策〜ORIBE MARCHEにて「金時芋」を購入したので焼き芋を作ってみた〜限定醸造純米酒「女城主 亀丿尾」も嗜んでみたり〜

道の駅「志野・織部」

東海地区には瀬戸焼・常滑焼を始めとして、美濃焼など沢山の焼き物の産地があります。陶器好きとしては、これまでにも各地の焼き物産地を訪れてきました。今年の初め頃には、志野焼・織部焼・美濃焼などで有名な陶器の倉庫街「織部ヒルズ」を散策。

陶器の倉庫街「織部ヒルズ」を散策〜道の駅「志野・織部」も満喫した一日〜

今回はそのお隣りにある道の駅「志野・織部」を中心に訪れてきたのですが、入り口近くにあるORIBE MARCHEにてお値打ち価格にて「金時芋」などを購入してきたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらが道の駅「志野・織部」。場所は「岐阜県土岐市泉北山町2丁目13-1 / 0572-55-3017」。営業時間 「9:00~18:00」。定休日 「年中無休(1/1のみ休業)」。駐車場「大型車11台、普通車38台、身障者2台(EV充電器設置 )」。名古屋から国道を通っても通常1時間15分ほどで行けますし、近くには「土岐プレミアムアウトレット」などもあるので定期的に訪れています。

続きを読む

創業42年の老舗洋食屋「洋風食堂 みやちょう」にて、名物「オムハヤシライス」や「牛肉100%手造りハンバーグ」などを味わってきた〜

創業42年の老舗洋食屋「洋風食堂 みやちょう」

地元名古屋にも老舗と呼ばれるお店は沢山あります。昔、自分が住んでいた北区金城町にも創業から42年の老舗洋食屋「洋風食堂 みやちょう」があり、今では知る人ぞ知る名店となっています。今回、久しぶりにそちらの近くを通ったので立ち寄ってみることに。

こちらもお店の外観。洋風でお洒落な雰囲気。最近、リニューアルオープンをされたとのことで、昔訪れた時とはちょっと見た目も変わったみたい。住宅街では一際目立つ感じで、わかりやすくていい感じ。

続きを読む

やっとCOSTCO コストコ 会員になったので「COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店」にて、「ロティサリーチキン(鶏の丸焼き)」をリピート購入!「マスカルポーネロール」を使ってチキンサンドイッチも〜

COSTCO コストコ ロティサリーチキン(鶏の丸焼き)

COSTCO(コストコ)」言わずと知れたアメリカ発祥の大型会員制倉庫型卸売・小売りチェーン店。1983年に設立され世界中に750倉庫店(2018年6月時点)を構えています。日本でも1999年に久山倉庫店がオープン、こちら地元では2013年に中部空港倉庫店がオープンとなり人気を博しています。

先日「コストコ 中部空港倉庫店」を初体験。やっとコストコ会員にもなれたので、今回は念願の特大焼きプリン「キャラメルフラン」を求めて「COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店」を訪れることに。(訪れたのは家族のみ)

場所は「岐阜県羽島市上中町長間2422-1 / 058-398-5566」営業時間「10:00〜20:00」。岐阜羽島ICを降りてすぐの場所にあります。名古屋からでも高速道路を使えば1時間程で行くことができます。

今回最大の購入目的だった特大焼きプリン「キャラメルフラン」も無事に購入し、丸ごと味わうこともできて大満足。

やっとCOSTCO コストコ 会員になったので「COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店」にて、念願の特大焼きプリン「キャラメルフラン」など色々購入してきた〜

ということで今回も自分の大好物でもある鶏肉を丸ごと使った料理「ロティサリーチキン(鶏の丸焼き)699円」を購入してきてくれたので、味わうことに。表面がこんがりと焼け、辺りにはいい匂いが漂っています。袋に包んで保温して持ち帰ったので、まだ温かいまま。それではこちらを切り分けていきましょう。

続きを読む

焼いて食べると更に美味しい!熊本県発「ふくやまのメロンパン」を頂いたので、トースターで軽く焼いてから食べてみた〜

ふくやまのメロンパン

パン屋さんには、昔から日本独自の人気菓子パンや惣菜パンがありますよね。その代表格が「カレーパン」や「焼きそばパン」「メロンパン」など。そんな中でも数年前から大人気なのが「メロンパン」。形や味なども各地によって様々あって、それぞれの違いを味わうのも楽しみの一つ。

そんな大人から子供まで大人気のメロンパンですが、トースターで焼いて食べるのが基本、というちょっと珍しい熊本県発「ふくやまのメロンパン」を頂いたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらがその「ふくやまのメロンパン」。熊本県のお店で作られていることもあり、袋にはくまもんの絵柄も付いています。こちらのメロンパンを作られているが、熊本県荒尾市に店舗を構える「ふくやまベーカリー」。匠のメロンパンとして、荒尾名物なのだとか。

場所は「熊本県荒尾市川登1777-13 / 0968-64-4300」営業時間「AM8:00~PM6:30」定休日「日曜日」。長年パン作りに情熱を注ぎ込んできたご主人が、すべて手作りで作り上げています。

続きを読む

やっとCOSTCO コストコ 会員になったので「COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店」にて、念願の特大焼きプリン「キャラメルフラン」など色々購入してきた〜

COSTCO コストコ キャラメルフラン

COSTCO(コストコ)」言わずと知れたアメリカ発祥の大型会員制倉庫型卸売・小売りチェーン店。1983年に設立され世界中に750倉庫店(2018年6月時点)を構えています。日本でも1999年に久山倉庫店がオープン、こちら地元では2013年に中部空港倉庫店がオープンとなり人気を博しています。

先日「コストコ 中部空港倉庫店」を初体験。やっとコストコ会員にもなれたので、今回は念願の特大焼きプリン「キャラメルフラン」を求めて「COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店」を訪れることに。(訪れたのは家族のみ)

場所は「岐阜県羽島市上中町長間2422-1 / 058-398-5566」営業時間「10:00〜20:00」。岐阜羽島ICを降りてすぐの場所にあります。名古屋からでも高速道路を使えば1時間程で行くことができます。

こちらが今回最大の購入目的だった特大焼きプリンの「キャラメルフラン」。一見サイズがわかりにくいかもしれませんが、直径およそ24cm、厚み3cm、内容量1405グラムの巨大プリン。見た目のインパクトは破壊力抜群。さすがアメリカ、全てのサイズが桁違い。価格は「1,398円(税込)」。

続きを読む

巷で大人気のフルーツサンド!フルーツサンドの元祖とも言われるサンドイッチ店「サンドイッチの朝日屋」にて「イチゴクリームサンド」など老舗の味を満喫〜

サンドイッチの朝日屋

最近、名古屋ではフルーツサンドのお店が大人気。TVでも色んなお店が取り上げられていて、どこも販売と同時に売り切れてしまう程の大人気とか。そんな巷で大人気のフルーツサンドですが、地元で長年フルーツサンドを販売し続ける老舗有名店があります。

それがこちらのサンドイッチ店「サンドイッチの朝日屋」。大曽根商店街(オズモール)に軒を連ねるお店で、こちらにお店を出してからも10年以上とかになるのではないでしょうか。

というのもこちらの朝日屋さん、昔大曽根商店街にアーケードがあった時代からサンドイッチ店を開いていた老舗。“フルーツサンドの元祖”とも言われている名店。自分が中高生の頃には、まだ大曽根商店街アーケード内にあった朝日屋さんで、よくフルーツサンドやタマゴサンドなど色んなサンドイッチを買って帰った記憶があります。

アーケードがなくなってからは、しばらく大曽根駅前(瀬戸電出入り口辺り)に簡易店舗を開いていたのですが(記憶では)その後、今の大曽根商店街(オズモール)内にお店を移されました。

そんな歴史のあるサンドイッチ店「サンドイッチの朝日屋」に久しぶりに立ち寄ってみたので、今巷で大人気のフルーツサンドを購入して帰ることに。

続きを読む

創業弘化4年(1847年)皇室御用達、日本で唯一の金平糖専門店「緑寿庵清水」の「季節限定桐箱入 手づくり京金平糖」を頂いたので味わってみた〜

金平糖専門店「緑寿庵清水」

創業弘化4年(1847年)京都でただ一軒、日本で唯一の金平糖専門店「緑寿庵清水」が製造販売する「季節限定桐箱入 手づくり京金平糖」を頂いたので味わってみることに。こちらの金平糖は全て職人による手づくりで、お店に行かないと購入できないとのこと。(インターネット販売もしていません)

創業は弘化4(1847)年、 現在と同じ京都・百万遍の地に初代 清水仙吉が暖簾をあげました。現在は五代目 清水泰博とともに約60種類ほどの金平糖を作り出しています。

今回頂いたのがこちらの「季節限定桐箱入 手づくり京金平糖」。本店のみでの取り扱い商品ということで、京都に行かなくては手に入らない一品。3種類の手づくり京金平糖が桐の箱に収められています。価格「3,400円(税抜)」。

桐箱といい、金平糖といい、封を開けるのも勿体無いくらいの美しさ。皇室御用達ということもあり、桐箱には菊の御紋が入っています。選び抜かれた玉あられを核に用いることで、素材の風味が浸透する1階級上の金平糖とのこと。

続きを読む

地元商店街のお祭り「第60回大曽根七夕まつり」にて、屋台買い食いや阿波踊り、そしてジャズに酔いしれた夜〜

第60回大曽根七夕まつり

夏のイベントといえば、やはり花火と夏祭りですよね。花火は開催地域が限られてしまいますが、夏祭りは地域毎に色んな場所で開催されています。とくに七夕まつりは、大きなものから小さなものまで、色々な場所で催しが行われています。

地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」は、大曽根商店街にアーケードがあった頃から、長年続いてきた歴史ある七夕まつり。以前は「大須商店街」「円頓寺商店街」と共に3大アーケードの商業地点として発展し賑わっていたのですが、土地区画整理が行われたためにアーケードが撤去され、自然と大曽根七夕まつりも下火に。

自分が子供の頃には毎年大曽根七夕まつりに訪れるのを楽しみにしていたので、とても残念だったのですが、このところまた大曽根駅界隈に色んなお店が増えてきて、駅前近辺もまた昔のような賑わいが戻ってきています。

それと同時に地元商店街のお祭り「大曽根七夕まつり」も、また昔とは異なった新たな雰囲気の夏祭りとして、昔の活気を取り戻しつつあります。ということで先日7/26日〜7/28日間に(27日は台風のため中止)「第60回大曽根七夕まつり」が開催されたので、訪れてみることに。

商店街の所々に、昔を思い出させるような七夕飾りが飾られています。子供から大人まで、今年も思っていた以上に多くの人々で賑わっていました。

続きを読む

地元エスニック料理の老舗「シンガポール屋台料理 マーライン」ピリッと刺激的で相変わらずの美味しさ〜

シンガポール屋台料理 マーライン

シンガポール屋台料理 マーライオン」地元名古屋市東区大曽根にお店を構えて30年近くの老舗。自分もかれこれ25年以上定期的に通い続けているお店。場所は「名古屋市東区矢田1-5-26 / 052-711-0237」JR大曽根駅をナゴヤドーム側に出て歩いてすぐ(3分程)のところにあります。

続きを読む