[今週の気になる] 「YouTube Premium」始動!「YouTube Music(Premium)」が使えるようになっていたので試してみた〜

YouTube Music(Premium)

これまで米国などで「YouTube Red」として提供されていたサービスが、今年5月に「YouTube Premium」として刷新、そのまま米国などではサービスが開始されていました。そんな中「YouTube Premium」がついに日本でも利用できるようになりました。

ちなみに「YouTube Premium」とは、Googleの有料音楽・動画ストリーミングサービス。ざっと機能をまとめてみるとこんな感じ。

・YouTubeの広告がすべて非表示に。(オフライン再生機能が利用可能)
・「YouTube Music(Premium)」が利用可能。
・「YouTube Originals」(オリジナル ムービーやシリーズが見れる)
・「YouTube Kids」(アプリで広告なしのオフライン再生が可能)
・「YouTube Gaming」(アプリで広告なし、オフライン、バックグラウンドの再生可能)
・「Google Play Music」(追加料金なしで利用可能)

利用料金は月額1,180円、3ヶ月間の無料トライアルも用意されています。ファミリープランは月額1,780円、最大6人の家族メンバーで利用可能。(こちらは1ヶ月の無料トライアル)ちなみにiPhoneアプリで利用する場合、価格が月額1,550円に設定されているので注意が必要。PCやAndroidからならば、月額1,180円で利用可能。

こんな感じに機能盛々で、YouTube大好きな人にとっては魅力的なサービスとなっています。

自分はといえば以前から「Google Play Music」サービスを利用していることもあり、「YouTube Music(Premium)」サイトを覗いてみたら既に利用可能になっていました。ということで早速試してみることに。

「YouTube Music(Premium)」トップページはこんな感じ。他の定額制音楽サービスと似た感じのデザインになっているので、すでに定額制音楽サービスを利用している方ならば違和感なく使えそう。

続きを読む

評判の良さげな羽根なしファンヒーター「dyson hot+cool AM09WN(ダイソン ファンヒーター)」を購入してみた〜開封の儀から使用感まで〜

dyson hot+cool AM09WN(ダイソン ファンヒーター)

先日の引っ越しを機会に、色んな家具や家電製品を古いものから新しいものに買い替えているのですが、引っ越しに伴い古いファンヒーターは処分してしまったので、冬を前に新しいファンヒーターを探すことに。

どうせ購入するのならば、ヒーターと扇風機一緒のものの方が手間いらず(季節ごとに出し入れする必要がない)ということで、Amazon choiceにも選ばれている評判の良さげな羽根なしファンヒーター「dyson hot+cool AM09WN(ダイソン ファンヒーター)」を購入してみることに。

dyson(ダイソン)の商品は「コードレスクリーナー」を持っているのですが、音はちょっと大きめながらも吸引力はさすがで、しまっておくのにも場所もとらず非常に重宝しています。

こちらが今回購入した「dyson hot+cool AM09WN(ダイソン ファンヒーター)」。カラーは「ホワイト/ニッケル」を選択。他にも「アイアン/サテンブルー」があります。現在の現行品は空気清浄機がついているものが中心なのですが、空気清浄機は別途あるので、hot+coolのみのシンプルなモデルを選択。

続きを読む

2%キャッシュバックが受けられるウォレットアプリ「Kyash ウォレットアプリ」にて、リアルカード申請と登録を試してみた〜

Kyash ウォレットアプリ

「LINE Pay」などを始めとして、スマートフォン1つで決済できてしまうウォレットアプリも各種登場してきました。そんな中、LINE Payに続けとばかりに「2%キャッシュバック」を開始してくれたのが、こちら「Kyash ウォレットアプリ」。

買い物も割り勘もスマホ1つで出来ちゃうという優れものですが、現在「使った金額の2%が、Kyash残高としてキャッシュバック」というキャンペーンを開催しています。

・Kyashバーチャルカードでの決済
・Kyashリアルカードでの決済

がキャッシュバック対象。一部キャッシュバック対象外の店舗やサービス、モバイルSuicaアプリへのチャージやモバイルSuicaアプリ内での決済は6,000円以上が対象となっているので注意が必要です。

「Kyash ウォレットアプリ」只今2%キャッシュバック中!買い物も割り勘もスマホ1つで出来ちゃうウォレットアプリを試してみた〜

こちらのKyashアプリですが、Kyashバーチャルカード以外にも「Kyashリアルカード」というリアルなカードも持つことができるんです。いわゆるプリベイドカードなのですが、他のVISAカードと連携することで、リアルタイムにカードとして使用することが可能。しかも今ならば「2%キャッシュバック」もしてくれるということで、早速申し込みしてみることに。

こちらが届いた「Kyashリアルカード」。現在申込みが多いとのこともあり、申請してから手元に届くまで「2〜3週間」ほど時間がかかりました。

続きを読む

イヤホンケースがモバイルバッテリーにもなるワイヤレスイヤホン「Bluetooth カナル式 独立型 ワイヤレスイヤホン」を試してみた〜開封の儀から使用感まで〜

Bluetooth カナル式 独立型 ワイヤレスイヤホン

現在では、Bluetoothワイヤレスイヤホンも色んなタイプが登場していますが、数年前にAppleが「AirPods」を発売開始してからというもの、左右独立型のワイヤレスイヤホンが勢いを増しています。

自分も左右独立型ワイヤレスイヤホンを一つ持っているのですが、そのタイプはケーブルで左右別々に充電しなくてはならない仕様ということで、結局充電に手間がかかるので使わなくなってしまいました。

AirPodsは確かに魅力的ではあるのですが、やっぱりまだ価格が高く手が出しにくい。(18,000円前後)そんな折、たまたまAmazonのセールで特価になっていたこちらの「Bluetooth カナル式 独立型 ワイヤレスイヤホン」を発見。かなりお値打ちになっていたこともあり、ダメ元で購入してみることに。

こんな感じのパッケージに入っています。外箱には「TWS WIRELESS EARBUDS」との表記があります。ちなみに「TWS」とは「True Wireless Stereo = 完全ワイヤレスステレオ」を意味するそう。

続きを読む

[今週の気になる] Appleスペシャルイベントにて発表された「新型iPad Pro」「MacBook Air(13.3インチ)」「新型Mac mini」についての雑感など〜

新型iPad Pro
(画像はAppleサイトより)

2018/10/30日、ニューヨークにて恒例の「Appleスペシャルイベント」が開催されました。今回は新型iPad Proが発表されるとの事前リーク情報がありましたが、やはり噂通り完全フルモデルチェンジされた新型iPad Proが発表されましたね。

その詳細についてはAppleサイトで詳しく見て頂くとして、自分的に一番驚きと喜びを感じたのが、従来のLightningポートから「USB-C」へと変更になったこと。

次回iPad ProではUSB-Cポートを採用するのでは?との噂は出ていましたが、これまで独自の規格でもあるLightningポートにずっとこだわり続けてきたAppleなので、本当かな?という気持ちもありました。

でも今回、新型iPad ProがUSB-Cを採用したことで、外部機器接続において大きな変革が期待できます。充電はもちろんのこと、ディスプレイやカメラ、メモリー、iPhone充電など、今後は色んな外部機器を接続して利用することが可能になります。

USB-Cまわりの周辺機器も色々と充実してきているので、そうした周辺機器をそのまま使えるというのも大きなメリット。そして新型iPad ProでUSB-Cが採用されたということは、次期iPhoneにも採用される可能性が大。これは何気に嬉しい変革かも。

またそれに合わせて「Apple Pencil」も大きく進化。iPadに磁石で引っ付き、そのままワイヤレスチャージが可能とのこと。もちろん別売りということで(14,500円、税別)結構いいお値段がするのですが、グラフィック関係の方々にとってはかなり魅力的かも。

続きを読む

[今週の気になる] ファミリーマートが2018年11月よりスマホを活用したバーコード決済「d払い」「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ」などに対応するらしい〜

ファミリーマート バーコード決済 d払い LINE Pay PayPay 楽天ペイ

世界的にも遅れているといわれている日本の「キャッシュレス決済」事情。世界的に見てもその比率が約2割と海外と較べてもかなり低いレベル。韓国などでは既に約9割がキャッシュレス決済ということですから、いかに日本が出遅れているかがわかります。

現金志向が強い日本はキャッシュレス決済の比率が約2割と海外より低い。都内でクレジットカードを使える飲食店は3分の1程度にとどまるとの調査もある。経済産業省によると、韓国は約9割、中国は6割、米英も5割前後に上る。政府は2025年までに4割まで高める目標を掲げている。(nikkei 記事より抜粋)

またお店が側がキャッシュレス決済を導入しない理由としては「手数料が高い=40%以上」となっています。その結果、必然的に使えるお店が少なくなり、使えるお店が少ないから利用者も少なくなるという悪循環に。

2020年には東京オリンピックもありますし、これではいけないと政府も2025年までに4割まで高める目標を掲げていますが、ちょっと取り掛かるのが遅すぎた感も否めません。それでもやらないよりはやった方が確実に良いわけで、「現金しか使えないことに不満を持つ外国人観光客は4割存在する」との経産省の調査報告書を見ても、日本のキャッシュレス決済化が急務になっていることは間違いありません。

そんな中、大手コンビニチェーンのファミリーマートが、2018年11月よりスマホを活用したバーコード決済 「d払い / LINE Pay / PayPay / 楽天ペイ(アプリ決済) / Alipay(支付宝) / WeChat Pay(微信支付)」に対応すると発表しました。

2018年11月より全国のファミリーマート(まずは一部店舗)で取扱い可能になるとのこと。全国のファミリーマート全店舗での開始は、2018年12月4日(火)からとなります。

続きを読む

[今週の気になる] Kindle本50%以上!Kindle6周年記念キャンペーン開催中〜防水機能を搭載した電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」も新登場するみたい〜

Kindle6周年記念キャンペーン

10月も後半に入り、随分と秋も深まってきました。気持ちのいい秋晴れの日に、読書の秋を満喫するのもまた一興。只今、Amazonにて「Kindle本50%以上!Kindle6周年記念キャンペーン」が開催されています。

キャンペーン期間:2018年10月12日 (金) ~2018年10月25日(木) 終日まで

「文学・評論」「ビジネス・経済」「科学・テクノロジー」「趣味・実用」「ライトノベル」まで、様々なKindle電子書籍がお買い得になっています。また「コミックまとめ買い」などもあるので、この機会に気になったコミックをまとめ買いするのもありかも。

ということで、自分も気になる書籍をいくつかピックアップしてみました。

オンライン The Comic (10 冊)」これ絵も綺麗だし面白そう。「生涯投資家」村上氏の本も気になる。「自分を操る超集中力」メンタリストDaiGoの本も売れているみたい。「手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法」自分の人生を取り戻すコツ、これも気になるなぁー。

続きを読む

コスパに優れたTV用外付けスピーカー「TaoTronics サウンドバー 有線&ワイヤレス対応 36Wステレオスピーカー」を取り付けてみた〜開封の儀から使用感まで〜

TaoTronics サウンドバー 有線&ワイヤレス対応 36Wステレオスピーカー

先日の引っ越しを機会に、色んな家具や家電製品を古いものから新しいものに買い替えているのですが、リビングの中でも欠かせない中心家電といったらTVでしょう。先日新しく購入したwebOS搭載4K対応スマートテレビ「LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A」も、お値打ち価格ながらもwebOS対応と多機能で、日々快適に使用しています。

webOS搭載4K対応スマートテレビ「LG 43V型 4K HDR 液晶テレビ 43UJ630A」を購入してみた〜使い勝手はどんな感じ?

でもTVスピーカーからの音に関しては、イマイチ感がありました。通常のTV番組を見るには決して悪くないのですが、映画などをサラウンドで見ると効果音ばかりが大きくなりすぎて逆に音声が聞きづらかったりしたんです。

映画や音楽好きな自分としては、ここはゆずれないところ。ということでTV専用の外付けスピーカーを探していたところ、お値打ち価格ながらなかなか評価の良いこちらの商品「TaoTronics サウンドバー 有線&ワイヤレス対応 36Wステレオスピーカー」を見つけたので購入してみることに。

ちなみにTaoTronicsの商品は下記のBluetoothステレオヘッドフォンを使用しているのですが、普段使いにはなかなか使い勝手が良くて気に入っています。

コスパ最高の「Bluetoothステレオヘッドフォン」を購入してみた!〜開封の儀

こちらが外箱外観。しっかりとした専用ケースに入れられ、中はスポンジガードで梱包されています。

続きを読む

[今週の気になる] 次世代のWi-Fi(無線LAN規格)名称が「Wi-Fi6」と数字で表示されるように〜超高速通信「5G」も2019年開始になるみたい〜

次世代Wi-Fi(無線LAN規格)名称「Wi-Fi6」

2020年「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されることもあり、街中では各地で色んな施設などが新しくなってきていますね。また大会ボランティアなどの募集もWEBから始まっているみたい。

そんな期待が膨らむ2020年「東京オリンピック・パラリンピック」に向けて、次世代Wi-Fi(無線LAN規格)や超高速通信「5G」も規格が新しくなるみたいです。

先日、Wi-Fi業界団体「Wi-Fi Alliance」から、

Wi-Fi規格の名称をわかりやすくするため、次世代規格802.11axを「Wi-Fi 6」、現行の802.11acを「Wi-Fi 5」と今後Wi-Fi規格をナンバリング化して数字で呼ぶことにする

との発表がなされました。

・IEEE 802.11n = Wi-Fi 4
・IEEE 802.11ac = Wi-Fi 5
・IEEE 802.11ax = Wi-Fi 6

となり、数字が大きいほど速いWi-Fiということがひと目でわかるようになるみたい。

続きを読む