[今週の気になる] 次期「macOS 10.15」にて、iPadをサブディスプレイとして使える新機能が追加されるらしい〜

iPad サブディスプレイ

昨年11月、iPad2以来久しぶりのiPad「iPad Pro 2018 11インチ セルラー」を購入したのですが、動作もサクサクで日々快適に使用しています。基本的には閲覧が中心なのですが、やはり液晶が綺麗なので長時間眺めていても目が疲れにくいんですよね。また音楽好きとしては、スピーカーの音が格段に良くなったもの見逃せないところ。

「iPad Pro 2018 11インチ セルラー」iPad2からの買い替えで全てに驚き!しばらく使用してみた感想など〜Apple Pencil やSmart Keyboardは果たして必要なのか!?

そんなiPadですが、次期MacOS「macOS 10.15」にて、iPadをサブディスプレイとして使える新機能「Sidecar」が追加されるらしい、という情報が飛び込んできました。

「macOS 10.15でMacのサブディスプレイとしてiPadを使える新機能の開発が進められている」とのこと。MacからiPadを外部ディスプレイとして使う機能は、Apple社内で「Sidecar」のコードネームで呼ばれており、ウィンドウの「最大化」ボタンにマウスカーソルを合わせるだけの簡単な操作で利用可能になるそう。新たなオプションとして「フルスクリーン表示」「タイル表示」「外部モニターに移動」の選択肢が出現するとのこと。

またiPadと同様に、一般的な外部ディスプレイの切り替えも同様の操作で可能になるらしい。これまでは外部ディスプレイ切り替えも「システム環境設定」から切り替える必要があったのですが、今後はウィンドウからワンタッチで簡単に変更が可能になるみたい。

スポンサーリンク


iPad サブディスプレイ

またApple Pencilに対応したiPadを外部ディスプレイとして使った場合、iPadをタブレットのように使って操作可能になるとのこと。これで実質的にiPadをワコムタブレットのように使うことができるようになるので、デザイナーの方々にとっては今後必須の機能になるのではないでしょうか。

その他にもウィンドウを画面の一部に寄せるとリサイズされ貼り付く機能も準備しているらしい。こうした機能はWindowsには既にありますが、Macにも標準で装備されるのは嬉しい。

次期「macOS 10.15」の登場が増々楽しみになってきました。(^_^)v

スポンサーリンク




一台二役!超絶便利なモバイルバッテリー搭載急速充電器「Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)」を試してみた〜その使い勝手はどんな感じ?

Anker PowerCore Fusion 5000(5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器)

スマートフォンからタブレット、ゲーム機器からノートPC(ラップトップ)まで、充電式のガジェット類は日々増えていくばかり。そんな時に必要になってくるのが充電器やモバイルバッテリー

これまでにも充電器やモバイルバッテリーを日々活用している方は多かったと思いますが、旅行先に両方持ち歩くのは荷物も増えるしちょっと面倒だったりもしますよね。そんな時に一つあると超絶便利なのが、こちらのモバイルバッテリーを搭載した急速充電器充電器「Anker PowerCore Fusion 5000」

こちらが外箱。ANKERのロゴマークが描かれたしっかりとした作りの外箱に入っています。

続きを読む

親のスマホを「iPhone8 Silver 64GB」に乗り換えてみた〜Softbank機種変更時の開通手続き方法など〜

iPhone8 Silver 64GB Softbank機種変更 開通手続き方法

母親がスマートフォンに乗り換えてから2年余り。「スマホデビュー割」を活用して「DIGNO F(ディグノ エフ)」という端末を使用していたのですが、初期容量が極端に少ない機種だったこともあり(内部ストレージ3.52GB)ここ半年ほどはアプリの更新もままならず、電話以外はまともに使えない状態になっていました。

年配の方でも使えそうなスマホ「DIGNO F(ディグノ エフ)」を購入!果たして80歳の母親は使いこなせるのか!?開封&USIM挿入編〜

しかもAndroidは年配者には使いづらかった模様で、使用年数2年を経過したこともあり今回はiPhoneを購入することに。ということで今回選択したのがこちらの「iPhone8 Silver 64GB」。

価格もこなれてきましたし、家族が使っていて使いやすい機種なのでこちらを選択。外箱はこんな感じ。相変わらずパッケージが美しいこと。

続きを読む

[今週の気になる] プロの声優や著名人による本の朗読を聴いて楽しむサービス「Audible(オーディブル)」聴けば聴くほどポイントキャンペーン実施中!〜Amazonプライム会費1,000円値上げ報道も〜

Audible(オーディブル)

オーディオブック聴き放題サービス「Audible(オーディブル)」というサービスがあるのをご存知ですか?スマートフォンのAudible専用アプリを利用して、いつでもどこでも自由に本(オーディオブック)を聴くことが出来るというサービス。会員になれば「月1,500円」でアマゾンのオーディオブックが聴き放題になります。

こちらのサービスを初めて利用する場合には「30日間無料体験」が出来るので、安心して利用を開始することが可能。専用アプリはiOS(iPhone,iPad),Android,Windows10端末に対応。ビジネス 文学 自己啓発 語学 落語 ライトノベルなど20以上のジャンルがあり、ナレーター・俳優らの朗読を丁寧に録音・編集しています。アマゾンのアカウントがあれば、すぐに始められるとのこと。

今回こちらのAudible(オーディブル)が「聴けば聴くほどポイントキャンペーン」というキャンペーンを開始しました。

続きを読む

[今週の気になる]「LINE Pay」ビックカメラ・コジマ・ソフマップで、引き続き最大20%還元キャンペーン実施中!4月17日(水)終日まで〜

LINE Pay ビックカメラ・コジマ・ソフマップ 最大20%還元キャンペーン

先月(3月)まで「春の超Payトク祭」を開催していた「LINE Pay」ですが、それに引き続くような形で今回はあらたに家電販売店を中心としたキャンペーンを開始しました。

キャンペーン内容:ビックカメラ・コジマ・ソフマップの店舗でLINE Payのコード支払いを利用して決済を行うと、支払い金額の15%分のLINE Pay残高が後日還元されるキャンペーンを実施。還元上限は最大3000円相当まで。マイカラーポイントも合わせると、最大で実質20%還元となります。

対象となるのは全国のビックカメラ・コジマ・ソフマップの実店舗のみ。オンラインストアは対象外となるので注意が必要。同キャンペーンにおけるLINE Pay残高への還元時期は、6月10日〜20日が予定されています。

キャンペーン期間:4月1日(月)〜4月17日(水)終日まで

PayPay」も「100億円キャンペーン第2弾」を開催中ですが、LINE Payもそれに負けじと新しいキャンペーンを繰り出してきてくれました。今回は「還元上限最大3000円相当まで」となりますが、消費者にとってお値打ちに買い物ができるというのは嬉しい限り。

続きを読む

USB充電式、人感センサー付「LEDセンサーライト」を購入してみた〜使い心地はどんな感じ?

USB充電式、人感センサー付「LEDセンサーライト」

昨年引っ越しをしてからというもの、生活に必要な色んなアイテムを買い揃えています。大物は大体揃ったのですが、生活していくと色んな小物が必要になってくるもの。玄関近くには人感センサー付のライトが最初から付いているのですが、廊下側は結構暗いんですよね。

夜中に目覚めてトイレに行く時に灯りがないとちょっと危ないので(寝ぼけていたりするので)小型のLEDミニランプを置いているのですが、これが電池式なので3ヶ月毎に電池交換が必要になるんです。(以前にKEAにて購入)

IKEAで購入してきたお気に入りの便利グッズ(小物雑貨)を並べてみた〜

毎回電池交換も手間だしお金もかかるので、USB充電式、人感センサー付「LEDセンサーライト」を探してみることに。ということで購入したのがこちら。とってもシンプルな箱に入ってメール便にて到着。

続きを読む

[今週の気になる] Apple Special Event 2019 開催!例年とは志向が異なったAppleイベントに〜Apple Arcadeに要注目!個人的な雑感など〜

Apple Special Event 2019
(画像Appleサイトより抜粋)

2019年3月26日、今年も恒例の「Apple Special Event 2019」が開催されましたね。例年通りだと新しいガジェット類(ハードウェア)が発表されるのですが、今年は先にガジェット類を小出しに発表。イベントでは新しく始まる予定のサービスを中心に紹介されました。

これは今までのイベント経緯からしたら異例で、ある意味想定外の出来事。突き詰めると、Appleが思い切った路線変更を図った結果ともいえます。これまでのMacやiPhoneを中心としたハードウェア主流の企業から、ソフトウェア(オンラインサービス)を中心とした企業へと方針展開を図る、という強い意志表示が垣間見えます。

もちろんMacやiPhoneなどハードウェアの取り扱いを止めることはないでしょうが、これまで以上にサービスに比重を置いてくるようになるのは間違いありません。オンラインサービスという意味では、GoogleやAmazonなどが一歩先にいっている印象がありますが、その牙城にどこまでAppleが食い込めるのか今後が見ものでもあります。

大手が揃ってオンラインサービスに比重を置いてきたことで、今後は益々企業間でのサービス競争が激しくなりそう。利用者としては各企業がお互いに切磋琢磨して頂いて、サービス内容から価格までより良くなってくれれば言うことありません。

続きを読む

[今週の気になる] 「春の超Payトク祭」開催中!LINE Pay支払いで20%還元、しかもLINE Payカード支払いも対象に〜3/31日(日)まで〜

LINE Pay 春の超Payトク祭

花々も咲き始めた春先3月、新年度も間近ということもありスマホ決済サービスのキャンペーン合戦が過熱してきていますね。「PayPay」なども「100億円キャンペーン第2弾」を開催中ですが、それに対抗するかのように「LINE Pay」もあらたに「春の超Payトク祭」を開始しました。

キャンペーン内容:全国のLINEPay加盟店、JCB加盟店、QUICPay+™加盟店でお買い物するだけ!いつものお店でのお買い物が20%相当(最大5,000円)還元されます。もらえるくじ(最大2,000円相当)のWキャンペーンも。

キャンペーン期間:2019年3月15日(金)〜3月31日(日)まで

これまではスマホ決済(バーコード支払い・QRコード決済)が対象となっていた「Payトク」キャンペーンですが、今回は「LINE Payカード支払い / QUICPay+支払い」も20%還元対象となりました。

LINE Payカードを持っている人ならば、JCB加盟店で使用するだけで20%ポイント還元が受けられます。JCB加盟店はかなり多いと思うので、飲食店から家電販売店まで色んなお店で利用することが可能に。ただし上限が5,000円となるので、最大25,000円の利用で5,000円のポイント還元ということになります。

最大5,000円とはいっても、20%還元は大きいですよね。ちょうど何か購入予定だった方は、この機会にLINE Pay支払いを試してみる良い機会かもしれません。

続きを読む

愛用の電気シェーバーBRAUN(ブラウン)の網刃が欠けてしまったので「BRAUN(ブラウン)シリーズ5 / 8000シリーズ対応 網刃・内刃コンビパック」を購入してみた〜並行輸入品だけど使い勝手はどんな感じ?

BRAUN(ブラウン)シリーズ5 / 8000シリーズ対応 網刃・内刃コンビパック

電気ひげ剃り(電気シェーバー)は男性ならば生活に欠かせない必須日用品。もちろんカミソリで髭を剃ることもできますが、忙しい朝には電気シェーバーの方が時間短縮になるので愛用者も多いはず。

もちろん女性の方でも髪の毛のカットやムダ毛処理などに電気シェーバーを使われている方もみえることでしょう。そういう自分は「BRAUN(ブラウン)シリーズ5」の電気シェーバーを愛用しています。

こちらの電気シェーバー、亡き父の形見の品でもあります。まだ購入して間もない頃に父が亡くなったので、その後自分がそのまま使用することに。それでも使い始めてから3年程が経ち、先日網刃が欠けてしまったので新しいものを探すことに。

BRAUN(ブラウン)に限らず、交換用網刃・内刃のセットって意外と高いんですよね。普通に購入すると日本正規品は、4,5千円近くします。今回、並行輸入品として海外版が販売されていたので、こちらを購入してみることに。こちらは3千円ほどで買えるので、お値打ち感もあります。

こんな感じのパッケージに入っています。型番「51S」日本で販売されている「F/C51S-4」に対応する海外版仕様となっています。「シリーズ5 / 8000シリーズ」ならば対応しているみたい。

続きを読む