「iPhone 12 mini グリーン 128GB」がやってきた!開封の儀からデータ移行、カメラ機能などしばらく使ってみた感想~

iPhone 12 mini グリーン 128GB

2020年今年も新しいiPhoneが発売になりました。今年の新型は「iPhone12」「iPhone 12 mini」「iPhone12 Pro」「iPhone11 Pro Max」の4タイプ。自分のメインスマホでもあるiPhoneXも使い始めてから3年が過ぎ、若干バッテリーの減りを感じ始めたので、5Gが搭載されたiPhone12シリーズへと買い換えることに。

ということで今回自分が選んだのが、新しいモデルタイプとなる「iPhone 12 mini グリーン 128GB」。名前通りの小ぶりのiPhoneで、5.4インチサイズになります。自分は余り手が大きい方ではないので、このくらいの小ぶりサイズでしかも液晶が大きめで見やすいモデルを待ち望んでいたんです。

こちらが外箱。相変わらず外箱から美しい。今回から付属品が減ったこともあり、外箱もかなり薄型になりました。

スポンサーリンク

iPhone 12 mini グリーン 128GB

蓋を開けるとさっそく「iPhone 12 mini グリーン 128GB」のお姿が。淡いグリーンで、とっても上品な色使い。

iPhone 12 mini グリーン 128GB

こちらが付属品。今回のモデルから「EarPods with Lightning Connector」「USB電源アダプタ」が付属されなくなり、「USB-C – Lightningケーブル」「マニュアル」のみとなりました。ケーブルは未だにLightningですが、片側がUSB-Cになったのは嬉しい変化。

続きを読む

[今週の気になる] ポイント2重取りが可能なカード「Kyash Card」本人認証サービス(3Dセキュア)に対応!これでオンラインショッピングサイトでも便利に使えるように~

「Kyash Card」本人認証サービス(3Dセキュア)対応

昨今、スマートフォン1つあれば直ぐに決済可能なウォレットアプリが各種登場しています。そんな中、バーチャルカードとリアルカードの両方で決済可能、しかもポイント2重取りができるカードとしてお得感を出しているのが「Kyash」。

このKyashが素晴らしいのは、対応可能な他社のクレジットカードを登録すれば、ポイント2重取りが可能になるということ。例えばKyashに楽天カードを登録した場合「楽天カードポイント1%+Kyashカードポイント1%(Cash Cardの場合)=合計2%」のポイント取得が可能になります。このお得なカードを使わない手はありません。

そんなお得なKyashカードですが、今年の春からApple Payにも対応。これでApple Watch(iPhone)から直接使用することが出来るように。Kyash VisaカードをApple Payに設定すれば、iPhoneまたはApple WatchでQUICPay+(クイックペイプラス)加盟店での決済が可能になります。

Apple WatchでのQUICPay+決済に一旦慣れてしまうと、 Kyash Cardを毎回取り出すのさえ面倒に感じてしまいます。これからは腕元だけでサッと決済完了、しかもポイントの2重取りもできるのですから言うことありません。

現在、Kyash Cardの種類は以下の3種類。

Kyash Card(ポイント還元率1%、発行手数料900円)
Kyash Card Lite(ポイント還元率0.5%、発行手数料300円)
Kyash Card Virtual(ポイント還元率0.5%、発行手数料無料)

こちらの3種類となり、それぞれに利用限度額などが異なってきます。

自分も数ヶ月前から「Kyash Card(ポイント還元率1%、発行手数料900円)」を新規申し込みをして使用しています。最初は「発行手数料900円必要」ということもあり躊躇していたのですが、この数ヶ月でもう元を取った感じ。

続きを読む

約1000回使用可能な充電池「Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単4形8個セット」を購入してみた~eneloop充電器でも充電可能なのか?試してみた~

Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単4形8個セット

インターネットが生活に根付いてからというもの、様々なものがネットに繋がるようになり、生活もとっても幅が出て便利になりました。それに連れて増えてきたのが様々なガジェットたち。

自分も基本ガジェット好きということもあり、大きなものから小さなものまで色んなタイプのガジェットを愛用しているのですが、そうしたガジェットに欠かせないのがバッテリー

最近のガジェットは充電式のものも増えていますが、付属するリモコンなどは未だ電池式のものも多いですよね。でも電池も毎回買い替えているとばかにならない。ということで一つあると便利なのが「充電池」。

充電池では「eneloop」が有名ですが、最近ではAmazonなどもお値打ちな価格で充電池を販売しているんですね。ということで今回購入したのが、約1000回使用可能な充電池「Amazonベーシック 充電式ニッケル水素電池 単4形8個セット」

eneloopの充電器は元々手元にあるので、そちらで充電可能なのか?試してみたいと思います。

こんな感じのシンプルな外箱で到着。

続きを読む

丸型軽量で長時間バッテリー搭載のスマートウォッチ「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」を購入してみた~機能詳細からしばらく使ってみた感想まで~

先日、目新しいスマートウォッチは無いかな?と探していたところ、偶々見つけたのがこちらのスマートウォッチ「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」。丸型軽量で長時間バッテリー搭載、スクエアフェイスのApple Watchともデザインが被らず、バンドもホワイトということで、これまたバッテリー減りが激しくなってきたApple Watchの代わりとしても使えそうな感じ。

前回は開封の儀からファーストインプレッションまでをお送りしましたが、今回はその続きということで、機能詳細からしばらく使ってみた感想までをお届けしてみたいと思います。

丸型軽量で長時間バッテリー搭載のスマートウォッチ「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」本体の充電も完了し、専用アプリ「Da Fit」のインストール、Uwatch 2Sとの連携も完了。こんな感じに様々な機能を搭載した画面が表示されました。画面表示も明るくて、とっても見やすい印象。お日様の下でも反射することなく、ちゃんと綺麗に表示されます。

トップ画面を上下左右にフリックすることで、様々な機能画面を表示させることができます。トップ画面から上にフリックすると、こちらの「運動」「心拍測定」「メッセージ」「天気」の画面に。

続きを読む

[今週の気になる] ついにAppleシリコン「M1」搭載の「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」登場!性能もこれまでの数倍になるらしい!?~

(画像はAppleサイトより抜粋)

2020年11月11日早朝(日本時間)に行われた「One More Thing」イベントにて、かねてから噂のあったApple自社製プロセッサ、Appleシリコン「M1」搭載のMac製品3機種が登場となりました。

今回登場したのは「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」の3モデル。どのモデルもApple自社製プロセッサ、Appleシリコン「M1」を搭載。外観はこれまでと殆ど変わりがありませんが、その中身は別物といっていい程大きく変化しています。

最近のMacは電力周りの不具合も多く、評判も決して良くありませんでした。とくにMacOS Catalinaからは大きな不具合報告が相次ぎ、自分も結局アップデートは取りやめることに。

とくに不具合報告が多かったのが、スリープからの復帰が出来ないとか、外付けモニター関連の不具合。日々PCで作業する人にとって、こういうのって地味に痛手になるんですよね。(時間ロスが大きい)

ということもあり、自分も今年の春からメインPCをWindowsに変更したのですが、今の所は至極快適。それでもたまにMacで作業する場面もあるので、今回の「M1」搭載は色んな意味で興味津々といったところ。

続きを読む

丸型軽量で長時間バッテリー搭載のスマートウォッチ「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ

Apple Watchを中心とした「スマートウォッチ」ですが、最近では身につけている方々も多くなってきて、かなり世の中に浸透してきたなと感じるこの頃。時計としての機能はもちろんのこと「歩数、距離、カロリー、睡眠」などの情報を随時記録してくれるので、健康管理にも役立っています。

そういう自分もApple Watchの他にも様々なスマートウォッチを試してきました。もちろんApple Watchでも健康管理は出来るのですが、その大きさと重さから、日常つけっぱなしにするのはちょっと厳しいんですよね。(基本家では腕から外しています)

そんな時にとっても便利なのが、軽量でお手軽な「スマートウォッチ」。1年程前からは、こちらのスマートウォッチを日常愛用していますが、お手頃価格ながらも機能も凄れていてお気に入り。

血圧から心拍まで自動計測可能なIP67防水スマートウォッチ「itDEAL スマートウォッチ L8(2019最新版)」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

そんな愛用中の「itDEAL スマートウォッチ L8(2019最新版)」ですが、本体は問題ないのですが、ベルトに亀裂が入ってしまい、現在瞬間接着剤で固定して使っている状態。(先日新しいベルトに交換済)

ということで他に目新しいスマートウォッチは無いかな?と探していたところ見つけたのが、こちらの「UMIDIGI Uwatch 2S スマートウォッチ」。丸型軽量で長時間バッテリー搭載ということで、バッテリー減りが早くなってきたApple Watch代わりに、たまに身につけるのもありかなと購入してみることに。価格も2千円台とかなりのお値打ち価格。

こちらが外箱外観。かなりしっかりとした専用箱に入っています。

続きを読む

[今週の気になる] Appleサブスクパッケージサービス「Apple One」スタート!Appleサブスクを複数登録している人にとっては、なかなかお得感のあるサービスかも~

Appleサブスクパッケージサービス「Apple One」

(画像はAppleサイトより抜粋)

音楽から映像、ゲーム、クラウドまで「サブスクリプションサービス」が当たり前の時代となってきました。自分も色んなサブスクリプションサービスを利用していますが、もう既に生活に欠かせないサービスとなっているものも多いです。

この度、Appleのサブスクリプションサービスを一纏めにしたAppleサブスクパッケージサービスApple One」が日本でも提供開始されました。

続きを読む

血圧から心拍まで自動計測可能なスマートウォッチ「itDEAL スマートウォッチ L8」バンドが切れてしまったので、「itDEAL スマートウォッチ専用 交換バンド L8」を購入してバンド交換してみた~

itDEAL スマートウォッチ専用 交換バンド L8

Apple Watchを始めとして、自分にとって今や生活に欠かせない必須アイテムとなっているのがスマートウォッチ。Apple Watchは第3世代を愛用していますが、こちらは主に外出時だけ身につけています。というのもApple Watchはそこそこのサイズ&重量があるので、常につけっぱなしというのは、ちょっと厳しいんですよね。(とくに睡眠時は)

ということで常時身につけるスマートウォッチとして日々愛用しているのが、こちらの「itDEAL スマートウォッチ L8」。こちらはサイズも小ぶりで軽いので、常時身につけていてもそれ程苦にならないんです。

血圧から心拍まで自動計測可能なIP67防水スマートウォッチ「itDEAL スマートウォッチ L8(2019最新版)」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

2019年から1年余、常時身につけてきた「itDEAL スマートウォッチ L8」ですが、機能的には何ら問題ないのですが、1ヶ月程前からバンドにヒビが入り始め、ついには2つにちぎれてしまいました。瞬間接着剤で補強して使っていたのですが、さすがに無理そうなので、専用バンド交換を探すことに。

なかなか「L8対応交換バンド」を販売しているショップが見つからなかったのですが、根気よく探していたところ「Yahooショッピング(店名Dukkore)」で販売しているのを発見。しかも価格もお値打ちということで、早速購入してみることに。

こんな感じの専用箱に入って到着。こうして専用箱に入っているのは好印象。

続きを読む

[今週の気になる] 音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」がついに終了!でも大丈夫、後継サービス「YouTube Music」にデータがそのまま引き継がれます~

音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」終了!後継サービス「YouTube Music」引き継ぎ

音楽好きな自分にとって、音楽ストリーミングサービスは生活に欠かせない必須アイテム。日本でもスタート当初から「Google Play Music」をずっと利用してきたのですが、この度2020年10月22日をもって、正式にAndroidやiOS、Webサイトでのサービスが終了となったみたい。

自分も日本スタート時期の2015年9月から「Google Play Music」を使い始めているので、もう丸々5年間お世話になっているんですね。当初は「30日間の無料試用期間」がある上に「2015年10月18日までに登録した場合、使用期間終了後もずっと月額780円で使用出来る」という特典があったんです。これは選択理由として大きかったかも。

突然「Google Play Music」が始まった事で、より深い迷宮へと迷い込むことに…

Google Play Music利用者には、これまでずっとメールやWebでアナウンスがあったのですが、今回終了となっても大丈夫!ちゃんと後継サービス「YouTube Music」にデータがそのまま引き継がれます。

後継サービス「YouTube Music」をそのまま継続利用していく人は、価格も月額780円のまま継続されるとのこと。これは何気に嬉しい配慮。

自分は既に「YouTube Music」へと移行を完了していて、最近はGoogle Play Musicを利用していなかったのですが、久しぶりにサイトへ行ってみるとこちらの表示がされていました。

Google Play Musicへのアクセスがまもなく終了

その下にはYouTube Musicへ転送するオプションボタンが提示されています。転送オプションを拒否すると、まだライブラリやステーションへのアクセスも可能みたい。

続きを読む