ベーカリープロデューサー岸本氏監修の高級食パン専門店「痛快こねこねマン」が愛知県春日井市に新規オープン!高級食パン「至福の目醒め」「焼き芋サンド」を味わってみた~オープンサンドも作ってみたり~

ベーカリープロデューサー岸本氏監修の高級食パン専門店「痛快こねこねマン」が愛知県春日井市に新規オープン!

ここ数年の高級食パンブームは、凄いものがありますね。次から次へと新しい店舗が展開され、どこもそれなりに繁盛している模様。そんな中、愛知県春日井市に高級食パン専門店痛快こねこねマン」が新規オープンしたとのこと。早速いくつかパンを購入してきたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらの高級食パン専門店「痛快こねこねマン」は、ベーカリープロデューサー岸本拓也氏がプロデュースしたお店ということで、名前も店作りもかなりのインパクト。岸本氏は、横浜・大倉山にある「TOTSZEN BAKER’S KITCHEN」のオーナーを務めながら、2011年より異業種オーナーのベーカリーを全国にプロデュースされている方。

店名のインパクトとデザインから、一見「ウケ狙いがメインで、食パンはいまいちなのでは?」と思いがちですが、これがかなりこだわった高級食パンで「喜界島産粗糖とフランス産発酵バターと国産バターを独自でブレンドしコクのあるミルキーな味わいを表現」とのことで期待も膨らみます。

こちらが高級食パン専用の手提げ袋。パッケージにはゴレンジャーの様な面白いデザインが施され、見た目のインパクトも大。これだけでも子供達から人気がでそう。

続きを読む

昔懐かしい真っ赤なウインナー「なもちゃんウインナー」を使って、「タコちゃんウインナー」や「あんかけスパゲッティ」を作ってみた~飛騨高山では定番の魚肉ウインナー、価格も安くて美味しい~

昔懐かしい真っ赤なウインナー「なもちゃんウインナー」「タコちゃんウインナー」名古屋 ヨコイ「あんかけスパゲッティ」

お弁当や朝食などの具材として欠かせないのが「ウインナー」。一言でウインナーといっても様々な種類がありますが、昔懐かしい真っ赤なウインナーって、最近では余り見かけなくなりましたね。

昔はこの真っ赤なウインナーが定番で、子供の頃によく食べた記憶があります。ということで、昔懐かしい真っ赤なウインナー「なもちゃんウインナー」を頂いたので、「タコちゃんウインナー」や「あんかけスパゲッティ」を作ってみました。

「なもちゃんウインナー」は飛騨高山では定番人気の魚肉ウインナーで、「(株)ダイトウフーズ」が製造販売しています。こちらのなもちゃんウインナー、名古屋では余り見かけないのですが、製造している会社は名古屋に本社があるみたい。なんか逆輸入みたいで、それもまた面白いですね。

こちらがパッケージに入った「なもちゃんウインナー」。これだけの量が入って、価格がなんと180円ほど。魚肉ウインナーとはいえ、めちゃ安い。そりゃ人気定番になるよね。

続きを読む

炙り料理やアウトドアで大活躍しそうなガスバーナー「SOTO(ソト)フィールドチャッカー」を購入してみた~安心の日本製、パワーガスボンベも付属してるので直ぐに使える~

炙り料理やアウトドアで大活躍しそうなガスバーナー「SOTO(ソト)フィールドチャッカー」

春夏になってくると、外でアウトドアを楽しむ方も増えてくることでしょう。昨今のキャンプブームもあり、専用キャンプ場で火気が使える場所も増えてきました。

また普段から料理をする自分としては、家でも炙り料理を楽しみたい、と以前から思っていたんです。ということで今回こちらのガスバーナー「SOTO(ソト)フィールドチャッカー」を購入してみたので、ご紹介してみたいと思います。

こちらが「SOTO(ソト)フィールドチャッカー(パワーガスボンベ1本セット)」。「SOTO(ソト)」というブランドで有名なこの会社は「新富士バーナー株式会社」という愛知県豊川市に本社がある会社。バーナー、ランタンなどのアウトドア商品や工具を中心に、日本製の安全安心な商品を製造販売しています。

続きを読む

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」のオリジナル食材を使って、「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」パスタを作ってみた~前菜に「生ハムの旨たれ添え」も~

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

コーヒーと輸入食品の専門店KALDI」。自分がいつも訪れるショッピングモールに入っていることもあり、常連といっていい程通っているお店。珈琲はもちろんのこと、様々な輸入食材を取り扱っており、店内を見て周るだけでも楽しい。

そんな「KALDI」のオリジナル食材の中でも、常に人気を誇るのが「生ハム(切り落とし)」と「生パスタ」。今回はそんな人気アイテムに加えて、先日初めて見つけた「クリーム白トリュフパスタソース」を使った「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」パスタと前菜に「生ハムの旨たれ添え」を作ってみようと思います。

こちらが「生パスタ フェットチーネ」と「クリーム白トリュフパスタソース」。パスタソースは2袋入りで180円位だったかな。フェットチーネは1袋110円ほど。こちらのフェットチーネはコロナ禍の影響か?この処入手しずらかったのですが、やっと最近店頭に並ぶようになりました。

クリーム白トリュフパスタソース」は今回初めて見かけたので、新商品なのかな?家でも手軽に白トリュフ風味のパスタが味わえるなんて、ほんと良い時代となりました。

続きを読む

「飛騨高山らーめん」ならぬ「飛騨ブラックらーめん」というのを見つけたので、早速作ってみた~全量芋焼酎「一刻者 樽貯蔵」も一緒に~

飛騨ブラックらーめん 飛騨高山らーめん 一刻者 樽貯蔵

まだまだ寒い日が続きますが、日によって寒暖の差が激しくて身体がついていかない感じ。これも温暖化の影響でしょうか。気温が低くなってくると、俄然食べたくなるのが「ラーメン」。色んなタイプのラーメンを食べますが、その中でも一番好みのタイプは昔ながらの「醤油味」。そして醤油味の老舗ラーメンといえば、岐阜県飛騨市の「飛騨高山らーめん」が一番好き。

昭和23年創業の飛騨老舗麺処「麺の清水屋」が誇る「飛騨高山らーめん」を、2パターンの具材を入れて味わってみた~限定出荷芋焼酎「一刻者 茜」も一緒に~

先日はこちらの「飛騨高山らーめん」を頂いたのですが、今回また同じ飛騨老舗麺処「麺の清水屋」が製造販売しているラーメンで「飛騨ブラックらーめん」というのを見つけたので、早速購入して味わってみることに。

富山ブラックラーメン」は富山グルメの代表格として有名ですが、それにあやかってか「飛騨ブラックらーめん」というのもあるのですね。こちらも初めて頂くということで期待が膨らみます。

パッケージはこんな感じ。「生麺」「スープ付」「1食入り」価格は「216円(税込)」。「濃厚たまり醤油味」を使用したラーメンで、生麺ながら賞味期間「60日(常温)」と結構日持ちもするみたい。

続きを読む

ご飯のお供「極 真鯛味噌 あつあつごはんに真鯛みそ」を使って、「しそ風味ツナマヨおにぎり」を作って味わってみた~

極 真鯛味噌 あつあつごはんに真鯛みそ しそ風味ツナマヨおにぎり

炊きたてのご飯ってもうそれだけでご馳走なのですが、そこにちょっと“ご飯のお供”を一品足すだけで、美味しさが際立ちますよね。またそんなご飯のお供を使ったおにぎりが、格別に美味しかったり。

今回は炊きたてのご飯に、ご飯のお供「極 真鯛味噌 あつあつごはんに真鯛みそ」を使って色んなパターンでご飯を味わってみたいと思います。そのままご飯にのせて頂いたり、ツナマヨ風おにぎりにしたり、海苔巻き風にして味わったり、色んなパターンで味わってみることに。

こちらがそのご飯のお供「極 真鯛味噌 あつあつごはんに真鯛みそ」。三重県尾鷲市にある「三和水産(株)」が製造している商品で、「めでたい屋」というお店で販売しています。(通販もあるみたい)

場所は「三重県尾鷲市三木浦町339 / 0597-28-2336」三木浦漁港という漁港の近くにあり、名古屋方面からだと三木里ICで降りて約10分とのこと。価格は「1個 692円(税込)」。三重県100選でベスト10入りした商品とのことで、期待も高まります。

続きを読む

昭和23年創業の飛騨老舗麺処「麺の清水屋」が誇る「飛騨高山らーめん」を、2パターンの具材を入れて味わってみた~限定出荷芋焼酎「一刻者 茜」も一緒に~

「麺の清水屋」「飛騨高山らーめん」「一刻者 茜」

早いもので今年ももう一ヶ月が過ぎ去ろうかという勢い。年末年始はホントあっという間に過ぎ去りますね。またコロナ禍ということもあり、地元でも緊急事態宣言が発令され、なかなか自由に出歩けないというもどかしさも。

気温が低くなってくると、俄然食べたくなるのが「ラーメン」。色んなタイプのラーメンを食べますが、その中でも一番好みのタイプは昔ながらの「醤油味」。そして醤油味の老舗ラーメンといえば、岐阜県飛騨市の「飛騨高山らーめん」が一番好き。

今回、昭和23年創業の飛騨老舗麺処「麺の清水屋」が製造販売している「飛騨高山らーめん」を見つけたので、早速購入してみることに。

こんな感じのシンプルなパッケージに入っています。「生麺」「スープ付」「2食入り」価格は「300円」ほど。飛騨高山醸造元「角一」の本醸造醤油を使用したラーメンとのことで期待も高まります。賞味期間「60日(常温)」と結構日持ちもするみたい。

続きを読む

謹賀新年!今年は「丑年(うし年)」今年こそはコロナ禍を吹き飛ばして、皆が心から日々楽しめる年にできることを願って~

謹賀新年!「丑年(うし年)」挨拶 「ふぐ鍋」

2021年新年明けましておめでとうごいます。

本年もどうか宜しくお願いいたします。

今年は「丑年(うし年)」今年こそはコロナ禍を吹き飛ばして、皆が心から日々の生活を楽しめる年にできることを願ってやみません。

今年も日々楽しめるそしてお役に立てる情報をお届け出来るように頑張っていきたいと思っております。今後とも宜しくお願い申し上げます。

こちは元旦に家族で食事をしたお店に置いてあった「迎春飾り」。ちゃんと牛さんも鎮座しています。毎年、元旦は「名古屋東急ホテル」のバイキングに行くのが恒例なのですが、今年はさすがにバイキングはちょっとということで、個室のあるお店で家族揃って食事を楽しみました。(またその様子は追ってご紹介予定)

続きを読む

信州旅行で購入してきた「信州りんご」を使って、手作り感満載の「りんごのケーキ」を作ってみた~

「信州りんご」を使って、手作り感満載の「りんごのケーキ」を作ってみた

先日、Go To トラベルを使って出かけた一泊信州巡り旅。秋紅葉の季節ということもあり、お宿「明神館」を始めとして、自然から温泉、食事、観光まで、全てが素晴らしい大満足の旅となりました。最近は泊まりで旅行に行く機会も余り無かったのですが、たまにはいいものですね。

信州巡り旅~石碾き蕎麦店「石碾きそば 水車家」にて、石臼でじっくり自家製粉した期間限定新蕎麦「十割蕎麦」を味わってきた~

旅先では色んな場所で様々なお土産を購入してきたのですが、「ぶどうの郷 山辺ワイナリー」を訪れた際にお隣にあった「農産物直売所 ファーマーズガーデン」で販売されていたのが、こちらの「信州りんご」。

長野県といえば”りんごの名産地”としても有名ということで、早速こちらの新鮮で美味しそうな信州りんごを使って、手作り感満載の「りんごのケーキ」を作ってみることに。(家族と一緒に)

こちらが購入してきた「信州りんご」。大きめのサイズで、彩りも鮮やかで美しい。

続きを読む