COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店にて「チーズケーキファクトリー オリジナルチーズケーキ」や「バラエティマフィン」「エビのマヨソース」などを初購入初体験!そのお味はどんな感じ?

COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店「チーズケーキファクトリー オリジナルチーズケーキ」

COSTCO(コストコ)」言わずと知れたアメリカ発祥の大型会員制倉庫型卸売・小売りチェーン店。1983年に設立され世界中に750倉庫店(2018年6月時点)を構えています。日本でも1999年に久山倉庫店がオープン、こちら地元では2013年に中部空港倉庫店がオープンとなり人気を博しています。

昨年遅ればせながらコストコ会員になったので、ちょっと久しぶりに「COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店」を訪れてみることに。場所は「岐阜県羽島市上中町長間2422-1 / 058-398-5566」営業時間「10:00~20:00」。岐阜羽島ICを降りてすぐの場所にあります。名古屋からでも高速道路を使えば1時間程で行くことができます。

COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店にて「ハイローラー」や「ITALIAND TIRAMISU(イタリアン ティラミスカップ)」などを初購入初体験!そのお味はどんな感じ?

それでは前回の続きということで、まずはこちら初購入初体験の「チーズケーキファクトリー オリジナルチーズケーキ」から。見るからに海外商品という感じのレトロ風パッケージがいい。アメリカの有名店の味を再現しているということで、期待も膨らみます。

ちなみにザ・チーズケーキファクトリーとは、アメリカのレストランの名前。1978年にカリフォルニアのビバリーヒルズにオープン、現在では全世界に200店舗を展開している超有名レストラン。

価格は1ホール12ピース入り「2,480円(税込)」。ちょっとお値段が張るのですが、前から一度食べてみたかったので購入することに。でも1ピースあたりで考えると206円ほどになるので、お値打ちといえなくもないかも。ちなみにパッケージサイズは「23.5cm×23.5cm×7.5cm」。

続きを読む

COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店にて「ハイローラー」や「ITALIAND TIRAMISU(イタリアン ティラミスカップ)」などを初購入初体験!そのお味はどんな感じ?

COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店「ハイローラー」「ITALIAND TIRAMISU(イタリアン ティラミスカップ)」

COSTCO(コストコ)」言わずと知れたアメリカ発祥の大型会員制倉庫型卸売・小売りチェーン店。1983年に設立され世界中に750倉庫店(2018年6月時点)を構えています。日本でも1999年に久山倉庫店がオープン、こちら地元では2013年に中部空港倉庫店がオープンとなり人気を博しています。

昨年遅ればせながらコストコ会員になったので、ちょっと久しぶりに「COSTCO コストコ 岐阜羽島倉庫店」を訪れてみることに。場所は「岐阜県羽島市上中町長間2422-1 / 058-398-5566」営業時間「10:00~20:00」。岐阜羽島ICを降りてすぐの場所にあります。名古屋からでも高速道路を使えば1時間程で行くことができます。

コロナウィルスの影響などもあり空いているかと思いきや、思っていたよりも混んでいて駐車場もそこそこ満車。でも前回は20分程並んで駐車していたので、そう思うと空いている方かも。

続きを読む

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」をお土産で貰ったので、手づくりの「鶏そぼろ丼」と一緒に味わってみた〜

伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」

先日、家族が「伊勢神宮」をご参拝ながら、伊勢内宮前にある「おかげ横丁」にて、ぶらり買い食い食べ歩きをしてきたのですが、お土産として伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」を買ってきれくれたので、手づくりの「鶏そぼろ丼」と一緒に味わってみたいと思います。

三重県伊勢市散策~「伊勢内宮前 おかげ横丁」にて、「赤福」や「メンチカツ」「牛串」「タルト」などを、ぶらり買い食い食べ歩きしてきた~

こちらが伊勢名物「ゑびやの伊勢うどん」。しめ縄みたいな紐で縛られていて、なかなか素敵なパッケージ。

続きを読む

水産庁長官賞や消費者大賞も受賞した伊勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」をお土産で頂いたので味わってみた〜

勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」鳥羽 答志島 浜与本店

先日、家族が三重県方面に出かけたのですが、伊勢神宮内宮の鳥居前「おはらい町」中程の一角にある「おかげ横丁」にて、水産庁長官賞や消費者大賞も受賞した伊勢神宮外宮奉納品「かきの佃煮」を購入してきてくれたので、味わってみました。

三重県伊勢市散策~「伊勢内宮前 おかげ横丁」にて、「赤福」や「メンチカツ」「牛串」「タルト」などを、ぶらり買い食い食べ歩きしてきた~

こちらがおかげ横丁内にある店舗「鳥羽 答志島 浜与本店」。こちらの「かきの佃煮」を始めとして「伊勢海老の活蒸し」や「生しらす」「鰆タタキ」など伊勢湾を中心に収穫された海の幸を独自の方法で加工販売しています。

おかげ横丁にある浜与本店でも「かきの佃煮」は外の屋台で販売されており、お店の看板商品であることが伺えます。

ちなみに答志島とは…

答志島は伊勢湾の入口にあり、鳥羽から市営定期船で20~30分で着く人口3000人弱の細長い小さな島です。島のほとんどの人々が漁業関係で働く、まさに海の恵みと共に暮らす島であり、海女さんが今もサザエやアワビを素もぐりで捕っています。 島では八幡さまの大漁祈願祭、寝屋子(ねやこ)といった祭りや共同生活の独自の文化が伝承され、自然とうまく暮らしていく知恵にあふれています。

続きを読む

国産小麦とたっぷりミルクの入ったメチャかわ食パン「ねこねこ食パン(チーズ入り)」が販売されていたので購入してみた〜

ねこねこ食パン(チーズ入り)

ワンちゃん猫ちゃんなどのペットブームはずっと続いていますが、それにあやかった商品も数多く販売されています。そんな中、猫好きにはたまらないとっても愛らしい食パン「ねこねこ食パン(チーズ入り)」が販売されていたので購入してみることに。

こんな感じのホワイトを基調としたシンプルな手提げ袋に入れてくれます。「ねこねこ食パン MILK100%」のロゴも可愛い。

続きを読む

蓋付グリルパン「グリル de ちょい焼き」を使って、「鶏もも肉のレモン焼き」を作ってみた〜

蓋付グリルパン「グリル de ちょい焼き」

今の家に引っ越してきてから1年8ヶ月余り。実家にも近くて色んな意味で便利な場所にあり、日々快適に過ごしています。また新しい家ということでキッチン周りが充実しているのも気に入っているところ。色んな食材を料理したりして、より料理をするのが楽しくなりました。

ということで日々料理を楽しんでいるのですが、キッチンが新しいが故にキッチン周りが汚れるのが凄く気になるんですよね。とくに気になるのがグリル周り。グリルを使った料理は、簡単に幅広い料理ができてとても気に入っているのですが、グリルの後片付け(掃除)が大変。

ということで何かいいものはないかと探していたところ、見つけたのがこちらの蓋付グリルパン「グリル de ちょい焼き」。そのままグリルに入れて料理ができるので、グリルの後片付けも簡単。またじっくり加熱することで、ジューシーにふっつくら仕上がるらしい。

こちらが蓋付グリルパン「グリル de ちょい焼き」。パッと見はお弁当箱のような感じ。本体サイズ「25.2×17.8×3.2cm」素材「材質:フタ/ガルバリウム鋼板(ふっ素樹脂加工)」生産国「日本」。日本製というのも安心感があります。

続きを読む

「THERMOS(サーモス)真空断熱 マグカップ ステンレス 350ml」いつでも冷たいまま温かいまま飲み物が飲める!持ち手が付いたマグカップを購入、早速「珈琲」をいれて飲んでみた〜

THERMOS(サーモス)真空断熱 マグカップ ステンレス 350ml

THERMOS(サーモス)」すでに有名な商品なのでご存知の方も多いはず。こちらの真空断熱タンブラーは、特殊なステンレ製真空二重構造により、いつでも冷たいまま温かいまま飲み物が飲めるという優れもの。

「THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml」は既に持っているのですが、こちらは晩酌専用で麦酒やレモンサワーでの使用がメイン。今回は珈琲を飲むために、持ち手がついたマグカップ「THERMOS(サーモス)真空断熱 マグカップ ステンレス 350ml」を購入してみることに。

「THERMOS(サーモス)真空断熱タンブラー 350ml」いつでも冷たいまま温かいまま飲み物が飲めるステンレス製魔法びん~

こんな感じの外箱に入っています。

続きを読む

天然酵母を用いたフランスの伝統的な製法で作られたパン「MAISON KAYSER(メゾンカイザー)」の「クロワッサン」「ブレッサンヌシュクル」などを味わってみた〜

天然酵母を用いたフランスの伝統的な製法で作られたパン「MAISON KAYSER(メゾンカイザー)」

「パンのある幸せな食卓を、パンのある幸せな生活を、お客様とともに」とのコンセプトのもと、天然酵母を用いたフランスの伝統的な製法で作られたパンを提供しているのが、全国のデパートなどに店舗を展開するベーカリー「MAISON KAYSER(メゾンカイザー)」。

オリジナル製粉の小麦粉と特別に製造された高品質のバターを使用。厳選した素材のみを使い、天然酵母を用いたフランスの伝統的な製法で、毎日おいしいパンを焼いています。

“メゾンカイザーはパン作りを通して、パンから生まれる新しい生活スタイルを提案していきます。”ということでこうして焼かれたパンたちを眺めているだけで、こちらも幸せな気分になってくるから不思議。

続きを読む

日本の味小豆にこだわった和菓子を作り続けている老舗「楽庵 老木や」の名物お菓子「E・あんばい餅」「湯で小豆」を味わってみた〜

楽庵 老木や 和菓子

自分にとって地元でもある名古屋市北区大曽根には、昔アーケード商店街があった頃から長年続いているお店がいくつかあります。日本の味小豆にこだわった和菓子を作り続けている老舗「楽庵 老木や」もその中の一つ。

平成24年6月5日より若木屋良恭から「楽庵 老木や」へと屋号を改め、現在もご家族でお店を営業されています。お店の入り口には「わ」の暖簾がかけられ、周りには緑の木々(竹)が立ち並んでいて素敵な雰囲気。

続きを読む