[今週の気になる] 定額制音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」新規登録者4ヶ月無料キャンペーン実施中!7,500万曲が聴き放題、このお得なキャンペーンをお見逃しなく〜

定額制音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」新規登録者4ヶ月無料キャンペーン実施中!

音楽聴き放題サービス(サブスクリプションサービス)」既に各社から色々なサービスが登場していますが、今では音楽好きな人々の間でもサブスクは定着してきた感があります。月額980円(おおよそどこもこのくらい)程を支払えば、数千万曲が聴き放題となるのですから、音楽好きとしては入らない手はありません。

そんな中、音楽聴き放題サービスAmazon Music Unlimited」が4ヶ月間無料キャンペーン実施中!とのこと。4ヶ月間無料というのは初めての試みかも。7,500万曲以上が聴き放題になるということで、まだ未体験の方にとってはまたとないチャンス。

▼新規登録者4ヶ月無料キャンペーン

キャンペーン対象:新規会員登録者
開催期間:2021年10月31日(日)23:59まで

エントリー:こちらのページから「キャンペーンにエントリー」ボタンをクリックするとエントリーが完了。エントリー後に表示されるボタンをクリックして、登録画面に進んで下さい。

対象サービス:Amazon Music Unlimited個人プラン(月額)
(Amazon Music Unlimited個人プラン(年額)、ファミリープラン(月額及び年額)、ワンデバイスプラン(月額)は対象外)

続きを読む

[今週の気になる] クラウドPCサービス「Windows 365 Cloud PC」スタート!デバイスを選ばずに同一環境で作業可能~iPadもブラウザ経由で利用可能らしい~

クラウドPCサービス「Windows 365 Cloud PC」

先日、8月2日「Microsoft」によるクラウドPCサービスWindows 365 Cloud PC」が提供開始されました。

Windows 365は、Microsoftが提供するWindows 10またはWindows 11のCloud PCサービスで、さまざまなプラットフォームから利用可能。WindowsプラットフォームのみならずMac、iPad、Androidなど、様々なデバイスからのアクセスが可能となっています。また近日中にLinuxからのアクセスも提供される見通しとか。

「Windows 365 Business」「Windows 365 Enterprise」として基本企業向けのサービスとなっていますが、米国では「Announcing the general availability of Windows 365 – Microsoft Tech Community」において一般向けのサービスも提供開始されている模様。

月額の利用料金は、下記のプランからになるとのこと。

Windows 365 Business
プラン1vCPU/2GB RAM/64GB ストレージ
1ユーザー 月額3,260円(税別)
Windows Proユーザー 月額2,720円(税別)(Windowsハイブリッド特典 16%引き)

基本、企業向けのサービスですが、別途アカウントを作成すれば個人でも利用可能。(WIndows 365 Businessアカウント作成)また「60日間無償体験」も可能なので、気になっている方は一度試してみてから考える、というのもありかも。

続きを読む

音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」もついに、ハイレゾストリーミング「Amazon Music HD」無料化を発表!プライム会員なら月額780円で利用できる~

音楽聴き放題サービス「Amazon Music Unlimited」もついに、ハイレゾストリーミング「Amazon Music HD」無料化を発表!プライム会員なら月額780円で利用できる~

音楽聴き放題サービス(サブスクリプション)」既に各社から色々なサービスが登場していますが、今では音楽好きな人々の間でもサブスクは定着してきた感があります。月額980円(おおよそどこもこのくらい)程を支払えば、数千万曲が聴き放題となるのですから、音楽好きとしては入らない手はありません。

先日にはAppleから「Apple Music」が「ロスレスオーディオ&空間オーディオに対応する」との正式発表がなされました。

「ロスレスオーディオ」とは、Apple Musicの高音質サービスのことで、Apple Musicユーザーは追加費用なしで利用でき、7,500万楽曲がロスレス形式をサポートするとのこと。

またDolby Atmosをサポートする「空間オーディオ」にも対応。両サービスとも6月から提供開始、対応楽曲は順次追加されます。

Appleがロスレスに対応したことで、他のサブスクでも対応するのでは?と噂されていたのですが、ここにきて「Amazon Music Unlimited」もついに、ハイレゾストリーミング「Amazon Music HD」無料化を発表しました。

Amazon Music HD / 高音質をどなたにも追加料金なしでHD利用可能に
価格 / 月額980円(プライム会員の場合は780円)会員登録が自動更新
開始日時 / 2021年6月9日(水)より追加料金不要

これまでは別途月額1,000円必要だったことを考えると、高音質サービス「ハイレゾ」が無料で利用できるのは、Amazon Music Unlimited利用者にとっては大きなメリット。

続きを読む

Googleクラウドストレージが容量不足となってきたので、有料プラン「Google One」へと移行してみた~新規登録手順や使い勝手など~

Googleクラウドストレージ容量不足 有料プラン「Google One」移行

PCを使って日々仕事をしている方々にとっては、今やGoogleサービスは切っても切れないものとなっていることでしょう。そういう自分もGmailからCalendar、Google Photo、Google Drive、Google Keep、まで、幅広いクラウドサービスを利用させて貰っています。

そんなとっても便利なGoogleのクラウドサービスですが、少し前からGmailを開く度に「残容量が不足しています」というアナウンスが出るようになりました。確認してみると「無料容量の96%を使用しています」との表示が。

これまで「Google Photo」を画像のメインクラウドサービスとして利用してきたのですが、その容量も既に「8.56GB」となっている模様。これまでは「無料、容量無制限、高画質」でクラウド上にアップデートできたのですが、6月1日より規定が変わり、

▼Googleフォト 変更点

2021 年 6 月 1 日以降、高画質とエクスプレス画質のコンテンツは Google アカウントの保存容量を使用するようになります。保存容量の上限に達した場合は、Google One(利用可能な場合)で追加の保存容量をご購入いただくか、コンテンツを削除してフォトの無料の保存容量を引き続きご利用ください。

▼重要

2021 年 6 月 1 日より前にバックアップされた高画質およびエクスプレス画質の写真と動画は、Google アカウントの保存容量を使用しません。

元の画質の写真と動画は、引き続き Google アカウントの保存容量を使用します。元の画質でバックアップされ、2021 年 6 月 1 日以降に高画質に圧縮された写真は、Google アカウントの保存容量を使用します。

となります。最大15GBまでは無料で利用できますが、それを超えると課金しなくては利用できなくなります。(または保存容量を減らす)GmailとGoogle Photoは、自分にとって今や欠かせないツールとなっているので、なかなか全体容量を減らすことも難しく、今回有料プラン「Google One」へと移行してみることに。

Google Oneのサイトからストレージを確認してみると、こういった表示となっていました。残容量「4%」と殆ど残りがない状態、これは毎回警告が出るはず。

続きを読む

[今週の気になる] Amazon Musicで音楽を聞くだけで「Garminスマートウォッチ」や「Amazon500円分クーポン」が当たるキャンペーンを開催中!(12月29日まで)

Amazon Musicで音楽を聞くだけで「Garminスマートウォッチ」や「Amazon500円分クーポン」が当たるキャンペーン

現在、Amazon Musicで音楽を聞くだけで、Garminスマートウォッチが当る「音楽を聴くだけでスマートウォッチが当たる」キャンペーンが開催されています。しかも今回のキャンペーンでは「Amazon500円分クーポン」が25,000名に当たるという特典もあるので、これまで以上に何か当たる可能性が高くなりそう。

Garminスマートウォッチ」は自分も使ったことが無いので、これはちょっと気になりますね。こちらは「50名」に当たるということで、ちょっと確率は低くなるけれど、必ず当たる人はいる訳で、音楽&ガジェット好きな人は試してみる価値あるかも。

続きを読む

[今週の気になる] Googleサービス利用者は気をつけて!「Gmail」「Googleフォト」「Googleドライブ」各サービスを2年間使わないと、データ削除されるようになるみたい~

Googleサービス「Gmail」「Googleフォト」「Googleドライブ」

日常からGoogleサービスを愛用している方は多いことでしょう。そんな自分も「Google Chrome」を始めとして、「Gmail」「Googleフォト」「Googleドライブ」「Googleカレンダー」「Google Keep」など、様々なサービスにお世話になっています。

そんなとっても便利なGoogleサービス(アプリ)ですが、先日Googleからとっても重要なアナウンスがなされました。それは、

「Gmail」「Googleフォト」「Googleドライブ」各サービスを2年間使わないと、データが削除されるようになる

2021年6月1日から変更する

というもの。この削除は各サービス毎となっているので注意が必要。

続きを読む

[今週の気になる] ポイント2重取りが可能なカード「Kyash Card」本人認証サービス(3Dセキュア)に対応!これでオンラインショッピングサイトでも便利に使えるように~

「Kyash Card」本人認証サービス(3Dセキュア)対応

昨今、スマートフォン1つあれば直ぐに決済可能なウォレットアプリが各種登場しています。そんな中、バーチャルカードとリアルカードの両方で決済可能、しかもポイント2重取りができるカードとしてお得感を出しているのが「Kyash」。

このKyashが素晴らしいのは、対応可能な他社のクレジットカードを登録すれば、ポイント2重取りが可能になるということ。例えばKyashに楽天カードを登録した場合「楽天カードポイント1%+Kyashカードポイント1%(Cash Cardの場合)=合計2%」のポイント取得が可能になります。このお得なカードを使わない手はありません。

そんなお得なKyashカードですが、今年の春からApple Payにも対応。これでApple Watch(iPhone)から直接使用することが出来るように。Kyash VisaカードをApple Payに設定すれば、iPhoneまたはApple WatchでQUICPay+(クイックペイプラス)加盟店での決済が可能になります。

Apple WatchでのQUICPay+決済に一旦慣れてしまうと、 Kyash Cardを毎回取り出すのさえ面倒に感じてしまいます。これからは腕元だけでサッと決済完了、しかもポイントの2重取りもできるのですから言うことありません。

現在、Kyash Cardの種類は以下の3種類。

Kyash Card(ポイント還元率1%、発行手数料900円)
Kyash Card Lite(ポイント還元率0.5%、発行手数料300円)
Kyash Card Virtual(ポイント還元率0.5%、発行手数料無料)

こちらの3種類となり、それぞれに利用限度額などが異なってきます。

自分も数ヶ月前から「Kyash Card(ポイント還元率1%、発行手数料900円)」を新規申し込みをして使用しています。最初は「発行手数料900円必要」ということもあり躊躇していたのですが、この数ヶ月でもう元を取った感じ。

続きを読む

[今週の気になる] Appleサブスクパッケージサービス「Apple One」スタート!Appleサブスクを複数登録している人にとっては、なかなかお得感のあるサービスかも~

Appleサブスクパッケージサービス「Apple One」

(画像はAppleサイトより抜粋)

音楽から映像、ゲーム、クラウドまで「サブスクリプションサービス」が当たり前の時代となってきました。自分も色んなサブスクリプションサービスを利用していますが、もう既に生活に欠かせないサービスとなっているものも多いです。

この度、Appleのサブスクリプションサービスを一纏めにしたAppleサブスクパッケージサービスApple One」が日本でも提供開始されました。

続きを読む

[今週の気になる] 音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」がついに終了!でも大丈夫、後継サービス「YouTube Music」にデータがそのまま引き継がれます~

音楽ストリーミングサービス「Google Play Music」終了!後継サービス「YouTube Music」引き継ぎ

音楽好きな自分にとって、音楽ストリーミングサービスは生活に欠かせない必須アイテム。日本でもスタート当初から「Google Play Music」をずっと利用してきたのですが、この度2020年10月22日をもって、正式にAndroidやiOS、Webサイトでのサービスが終了となったみたい。

自分も日本スタート時期の2015年9月から「Google Play Music」を使い始めているので、もう丸々5年間お世話になっているんですね。当初は「30日間の無料試用期間」がある上に「2015年10月18日までに登録した場合、使用期間終了後もずっと月額780円で使用出来る」という特典があったんです。これは選択理由として大きかったかも。

突然「Google Play Music」が始まった事で、より深い迷宮へと迷い込むことに…

Google Play Music利用者には、これまでずっとメールやWebでアナウンスがあったのですが、今回終了となっても大丈夫!ちゃんと後継サービス「YouTube Music」にデータがそのまま引き継がれます。

後継サービス「YouTube Music」をそのまま継続利用していく人は、価格も月額780円のまま継続されるとのこと。これは何気に嬉しい配慮。

自分は既に「YouTube Music」へと移行を完了していて、最近はGoogle Play Musicを利用していなかったのですが、久しぶりにサイトへ行ってみるとこちらの表示がされていました。

Google Play Musicへのアクセスがまもなく終了

その下にはYouTube Musicへ転送するオプションボタンが提示されています。転送オプションを拒否すると、まだライブラリやステーションへのアクセスも可能みたい。

続きを読む