[今週の気になる] 無線LAN規格「Wi-Fi(ワイファイ)」新規格「Wi-Fi 6E」発表!対応周波数に6GHz帯が利用可能になるみたい〜

無線LAN規格「Wi-Fi(ワイファイ)」新規格「Wi-Fi 6E」

一昔前、インターネットは有線LANで繋いで使用するのが当たり前でした。初期のWi-Fiは不安定で速度も遅かったので、仕事で使用するならば有線LANでという方も多かったことでしょう。

しかしながらその後iPhoneに代表されるスマートフォンの普及により、無線LAN接続でのWi-Fi使用が当たり前になり、現在ではインターネット接続のメイン規格となっています。

これまではWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)が最速でしたが、この度Wi-Fiの規格を管理する業界団体Wi-Fi Allianceが新規格「Wi-Fi 6E」を発表しました。

Wi-Fi 6Eは、2018年10月に発表されたナンバリング方式の新名称「Wi-Fi 6(旧802.11ax)」に、利用可能な周波数として6GHz帯を追加した新規格。

これまでWi-Fi通信に使われている2.4GHz帯と5GHz帯に加えて、6GHz帯を利用可能にすることで、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などへの活用が期待されるとのこと。

続きを読む

[今週の気になる] 年末年始コンビニなどで「iTunesギフトカード」を購入すると、10%増量ボーナスが貰えるキャンペーンを実施中!1月5日まで〜

iTunesギフトカード

年末年始は何かと物入りですよね。そんな時に少しでもお得にお買物ができたら助かること間違いなし。またちょっとしたプレゼント代わりに「図書カード」や「ギフトカード」をプレゼントするという方も多いのではないでしょうか。

現在、年末年始(2019年12月23日から2020年1月5日まで)にセブン-イレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニで「App Store & iTunes ギフトカード」を購入し応募すると、10%増量ボーナスが貰えるキャンペーンが開催されています。

「App Store & iTunes ギフトカード」購入後に、必ず応募先から応募をする必要があります。また応募先はお店によって異なるので、応募先を間違えないように気をつけましょう。

続きを読む

[今週の気になる] 音楽ストリーミングサービス「Spotify Premium」今なら3ヶ月間無料お試しができるみたい〜

音楽ストリーミングサービス「Spotify Premium」

数年前から普及し始めた「定額制音楽配信サービス」。2018年4月にICT総研が発表した調査では、国内の定額制音楽配信サービス利用者数は2018年末で2,020万人と推計されており、2020年末には2,270万人まで伸びると予測されています。

現時点での定額制音楽配信サービス利用者数ベスト3は、1 Amazon Prime Music2 Apple Music3 LINE MUSIC という結果とか。Amazon Prime Musicはプライム会員ならば基本無料で聴けるので(楽曲数限定あり)1位になるのはうなずけるのですが、3位が LINE MUSICというのは個人的にちょっとびっくり。

そんな中、このところ日本でも洋楽ファンを中心に人気を集めているのが、音楽ストリーミングサービス「Spotify」。洋楽を中心に楽曲の豊富さとレコメンドの使い勝手の良さで、人気を集めています。

「Spotify」は広告が入るバージョンならば基本無料で使用できるのですが、ダウンロードでのオフライン再生が出来なかったり、スキップ再生が出来なかったり制限があるんです。

有料バージョンの「Spotify Premium」 に入ると、そうした制限一切なしで利用できる様になるので、より快適に利用できるようになります。

現在、有料サービスである「Spotify Premium」を「3ヶ月間無料でお試し」できるお得なキャンペーンを開催しています。これまでも1ヶ月間無料というサービスはありましたが、3ヶ月間無料というのはかなりお得。Spotify未体験という方は、このチャンスを見逃す手はありません。

続きを読む

4K出力対応!高画質で急速充電&高速伝送可能なUSB-Cハブ「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」を購入してみた〜MacBookで使用してみたその使用感や如何に〜

4K出力対応「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」

現在、自分のメインPCは「MacBook(Core i5)」。すでに2年半程使用しているのですが、とくに大きな不具合もなく日々快適に使用中。動画書き出しなどにはちょっと時間がかかったりもしますが、使えないことはないのでもうしばらくはこのMacBookメインでいくつもり。

我が家にやってきてから一ヶ月余り「MacBook ローズゴールド Core i5 モデル」その後の使用感&ベンチマーク結果など~

MacBookは薄くて軽くてその割には高性能で満足しているのですが、唯一不満な点は外部ポートがType-C一つのみであるということ。この点は最初から判ってはいたのですが、やはり2つは欲しかったところ。

ということでUSB-Cハブ必須なのですが、今回良さげなUSB-Cハブを見つけたので購入してみることに。これまで使っていたものは4K出力対応ではなかったので、今後のことを考えて4K出力対応、急速充電&高速伝送可能なUSB-Cハブ「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」にすることに。

こちらがUSB-Cハブ「アルミ合金 4in1 mac USB C ハブ」外箱。とってもシンプル。

続きを読む

[今週の気になる] 音楽聴き放題サービス「AmazonMusicUnlimited」新規入会の方ならば、4ヶ月99円で聴き放題キャンペーン実施中!

AmazonMusicUnlimited

Amazonプライム会員になると様々な特典が付いてくるのですが、その中でもAmazon Prime Musicが聴けるのも大きなメリットの一つ。Prime Musicの場合「200万曲が追加料金なしで聴き放題」なのですが、色んな曲が聴きたい人にとっては物足りない感があるのも事実。

そんな人の為に6,500万曲以上が聴き放題になるサービスAmazon Music Unlimited」が用意されています。こちらは「一般会員:980円、プライム会員:780円、ファミリー:1480円、Echo:380円」と月額料金(または年額料金)が必要となりますが、楽曲数が6,500万曲以上と圧倒的に多いのが大きな特徴。

そんなAmazon Music Unlimitedですが、今回なんと

Amazon Music Unlimited新規入会の方ならば、4ヶ月99円で聴き放題!(2020/1/6まで)

という太っ腹キャンペーンが開催されています。

続きを読む

[今週の気になる] 「Apple TV+」Apple独自制作動画の配信開始!1年間無料お試し可能なので、早速試してみた〜ファミリー共有設定の仕方など〜

Apple TV+

先日、以前から噂されていた動画配信サービス「Apple TV+」が開始されました。Apple社が独自制作した動画作品を配信する新サービスで、100を超える国と地域でスタートしています。

Apple TV+は最新バージョンのOSを搭載した「iPhone、iPod touch、iPad、Mac、Apple TV HD、Apple TV、スマートテレビ(Apple TV対応)」に対応。SafariやFirefox、Chromeなどのブラウザを使うことでウェブサイトからも直接視聴可能となっています。

各作品は字幕や吹き替えによって40以上の言語に対応。米国での価格は月額4ドル99セントで、日本では月額600円(税別)となります。

7日間の無料トライアルが可能ですが、2019年9月10日以降に新iPhoneやiPod Touch、Macなどを購入していれば、1年間無料で視聴が可能とのこと。ということで9月に家族がiPhone11を購入したので、早速Apple TV+を試してみることに。

Apple TVアプリを開くと下に「視聴を始める」と出てくるのでこちらをクリック。

続きを読む

[今週の気になる] Google ストリーミングゲームサービス「Stadia」を発表!サブスクリプションでは無くてクラウドゲームサービスになるみたい〜

Google ストリーミングゲームサービス「Stadia」

(画像はStadiaサイトより抜粋)

先日、Appleが新しいサブスクリプションゲームサービス「Apple Arcade」をスタートしたばかりですが、10/15日に開催されたmade by googleイベントにて、Googleからも新しいストリーミングゲームサービス「Stadia」が発表されました。

以前からStadiaの予告情報はあったのですが、今回正式に内容とスタート時期が発表されました。11月19日よりサービス開始、提供地域は、米国のほかカナダ、英国、アイルランド、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、オランダ、ベルギー、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド。予告どおり、日本は含まれていないとのこと。(いつも日本は出遅れますね)

ちなみにストリーミングゲームサービス「Stadia」とは、

Google のデータセンター側でゲームを動かし、ストリーミング映像としてプレーヤーに見せるゲームサービス。Googleのサーバまでのネットワーク環境さえ確保できれば、スマホ、タブレット、PC、スマートテレビ、Chromecastなど、4K HDR 60fps映像に5.1chサラウンドのハイエンドゲーミングPCと同等のゲームを遊ぶことが可能。

ネットにさえ繋がっていればデバイスを選ばずにどこでもハイエンドゲームを遊ぶことができる、というのは素晴らしいですね。まさに本当の意味でのクラウドゲーム、ストリーミングゲームサービスの始まりといえます。

またより快適に遊ぶために専用コントローラ「Stadia コントローラ」も登場するみたい。コントローラ自体がルータを介してネットに接続することで、入力遅延を最小に抑えることができるとのこと。

続きを読む

[今週の気になる] 新しいmacOS「macOS Catalina」配信開始!今回のアップデートは新機能満載で魅力的〜でも慌ててアプデするのは要注意!アプリが64bitに対応しているか?確認する方法〜

macOS Catalina

(画像はAppleサイトより抜粋)

以前から噂されていたMacの新しいOS「macOS Catalina」が配信開始されました。今回のmacOS Catalinaは、これまで以上に新機能満載ということで期待をしていた方もきっと多いことでしょう。

そういう自分も、iPadをサブディスプレイとして利用可能な新機能「Sidecar」の登場をワクワクしながら待っていました。またiPadアプリをMacでも体験できるようにしてくれる「Mac Catalyst」も追加されています。普段からMacとiPadをフル活用している方にとっては、待ちに待ったような便利機能となりそう。

・macOS Catalina システム条件

OS X 10.9以降
4GBのメモリ
12.5GB以上のハードドライブ空き容量が必要(OS X El Capitan 10.11.5以降)

・macOS Catalina Mac対応モデル
(使用モデル確認は画面左上Appleメニューから”このMacについて”で確認可能)

MacBook(Early 2015以降)
MacBook Air(Mid 2012以降)
MacBook Pro(Mid 2012以降)
Mac mini(Late 2012以降)
iMac(Late 2012以降)
iMac Pro(2017)
Mac Pro(Late 2013以降)

自分が現在メインで使っているMacは、2017年購入のMacBook(Corei5)なので対応可能みたい。ということで気持ちはすぐにでも新機能「Sidecar」を試したい気分なのですが、そこはちょっと待った、慌ててアプデするのは要注意かも。

今回のmacOS Catalinaから、32bitアプリが完全に動作しなくなります。お気に入りの古いアプリをそのまま使い続けている方は、今回のアプデによって全く動作しなくなる可能性があるのです。

続きを読む

Appleによるゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」を試してみた〜月額600円で多種類の新作ゲームが遊べるのは嬉しい限り〜

Apple Arcade

先日、iOS13になってからApple Store経由でAppleによるゲームサブスクリプションサービス「Apple Arcade」が遊べるようになりました。月額600円という課金制ですが、初回登録時には「1カ月間の無料トライアル期間」があるので、お試しで遊んでみることも可能。

ということで早速登録をしてみることに。

続きを読む