「青椒肉絲風 豚の生姜焼き」家庭菜園で採れたピーマンで作ってみました〜!(^_-)-☆

毎年夏になると楽しんでいる「ベランダ家庭菜園」。今年はちょっと不調気味なのですが、先日何とかピーマンが初収穫出来たので、そのピーマンを使って「青椒肉絲風 豚の生姜焼き」を作ってみました。本当はカラーピーマンだったのですが、何時までたっても色が変化しないので、傷んでしまう前に収穫したもの。

「ベランダ家庭菜園2014」ピーマンやっと初収穫できました〜

程よいサイズのが2個。格好は無骨ですが、緑が濃くていい感じです。

半分に割って、中身の種を取り出し、縦長サイズにカットします。ピーマンの青い匂いがとても強くて、新鮮さが伝わってきます。昨年もピーマンを作ったのですが、その時のことを思い出しました。

玉葱も薄切りにカット。今回は半分使用しました。

豚肉は、こんな感じの薄切り肉を使用。日本の青椒肉絲は牛肉で作る事が多いのですが、本場中国では豚肉を使うらしいですね。薄切り肉なので、適度に歯応えを残すため、一口サイズにカットします。岩塩、黒胡椒で下味も付けておきます。

こちらがオリジナルの「豚の生姜焼き特製たれ」。この和風たれは、とても万能ながら色んな料理にアレンジがきくので、とても重宝します。下記の分量は大体「2人前」程です。生姜やニンニクの量は、お好みで調整して下さい。

■調味料:お酒(50cc)醤油(50cc)砂糖(小さじ軽1)タバスコ(10ふり)味の素(3ふり)フライドガーリック(適量)おろし生姜(適量)おろしニンニク(適量)=こちらの調味料を全て容器に入れて、後はよく混ぜ合わせるだけ。

出来上がった「豚の生姜焼き特製たれ」を豚肉に入れて、よくかき混ぜます。そしたらラップをして「10-15分」程冷蔵庫で寝かせます。(時間が立ちすぎるとお肉の色が悪くなるので、要注意)

鉄鍋にオリーブオイルを入れ、まずはたれに漬け込んだ豚肉から投入。全体に軽く火が通ったら、玉葱とピーマンも投入します。野菜には軽く「岩塩、胡椒」で味付けをします。

強火でサッと炒め、全体に焦げ目がついてしんなりしてきたらOK。ピーマンの食感を残したいので、炒めすぎには要注意です。

お皿に盛りつけて「青椒肉絲風 豚の生姜焼き」完成です!ピーマンの緑が濃くて、美味しそうに出来上がりました。何といっても今回の主役は、豚肉ではなくピーマンですからね。

アップ気味でもう一枚。では一口頂きます!豚肉の柔らかさと、ピーマンの程よいシャキシャキ感が、とてもいい感じです。また生姜とニンニクの香りが、この暑い時期に食欲を駆り立ててくれます。やっと初収穫できたピーマンで作った料理なので、嬉しさも美味しさも倍増!って感じです。

今回作ったオリジナルたれ「豚の生姜焼き特製たれ」、とても簡単ながらほんと美味しいので、気になった方はぜひ一度お試しあれ。(^_-)-☆

■食材:豚肉薄切り、ピーマン、玉葱
■調味料:岩塩、黒胡椒、豚の生姜焼き特製たれ(詳細上記にて)


コメントは受け付けていません。