道の駅「らっせいみさと そばの郷」で「天ざるそば」を堪能してきました〜!(^_-)-☆

岐阜県恵那市にある道の駅「らっせいみさと そばの郷」のお蕎麦が美味しいとの評判を聞いて、お蕎麦を食べながら自然も満喫しようと、出かけて参りました。多治見のもう少し先にある恵那市「恵那峡ランド」も有名です。山と川に恵まれた自然豊かな街。そんな山間を抜けたところに道の駅「らっせいみさと」があります。名古屋からは国道を通って、車で1時間半ー2時間程でしょうか。(通常時)

こんな感じのシンプルな作り。手作り蕎麦の体験も出来るみたいです。(要予約)

またこんな感じで朝採れ野菜の直売所もあります。お値段もかなりお値打ち、地元(名古屋)スーパーで購入する価格の半額以下かも。「トマト」「ししとう」「じゃがいも」などなど購入してきましたが、どれも新鮮!トマトは赤く熟していても中身はまだしっかりとしていて、とても美味しかったです。(スーパーのは赤いともう中身はジュクジュクなんですよね)

こちらが併設されているお蕎麦屋さん。かけそばからざるまで、色んなお蕎麦メニューが揃っています。

こちらが注文した「天ざるそば」。定食セットはすでに売り切れだった為、こちらを注文して白いご飯も別途注文しました。

こちらがセットの「天ぷら盛り合わせ」。この天ぷら思ったよりもボーリュームがあります。お皿は大皿なので、通常のお店なら「大盛り」って感じのボリューム。衣もサクサクに揚がっていて、美味しかった!お抹茶塩を付けて頂きました。やはり素材の野菜自体が新鮮で美味しいので、天ぷらも間違いないですね。

こちらが「ざる蕎麦」。見るからに手作りな雰囲気が漂うお蕎麦。程よいコシがあって、お蕎麦の風味がほんのりと口の中に広がります。また出汁もとても美味しかったです。瑞々しいという言葉がピッタリ、お蕎麦好きな方なら、きっと気に入るんじゃないでしょうか。お蕎麦の風味を直に味わいたい時には、ざる蕎麦がやはり一番ですね。

こちらが「つけ鴨そば」。白ご飯も一緒に注文。

鴨が入ったつけ出汁。葱と鴨が入り、見た目からして美味しそう。

こちらが「ざる蕎麦」。ほんと瑞々しくて、美しいお蕎麦。恵那という山間の綺麗な水を使っているので、お蕎麦も自然と瑞々しく美味しく仕上がるんでしょうね。

鴨つけ出汁にお蕎麦を付けて頂きます。この出汁がまた絶品!鴨が入る事で、程よい旨味が合わさり、何ともいえない味わいに。まさに通好みの一品かも。こちらは男性の方には、ちょっとボリュームが足りないので、白ご飯を別途注文(100円)された方がいいかも。またこの鴨つけ出汁と白ご飯の愛称も抜群、大満足でした。

そして締めには「そば湯」。ほんとこちらのお店、お蕎麦は勿論ながら、出汁がとても美味しかったですよね。締めの「そば湯」も大変美味しゅうございました。(^_-)-☆

ではまた次回に続きます…。

道の駅「らっせいみさと そばの郷」

コメントは受け付けていません。