「David Bowie / Live at BBC Radio Theatre」2000年ボウイライブが素晴らしい〜!(^_-)-☆

David Bowieデヴィッド・ボウイ、言わずと知れたイギリスを代表するカリスマミュージシャン。本国イギリスではビートルズ、ローリング・ストーンズ、クイーンらと並んで、20世紀のイギリスを代表するロック・スターの一人と言われている。

ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第23位にも選ばれている。(Wikipediaより)また俳優としても有名で、日本では「戦場のメリークリスマス」でもよく知られている。

そんな彼が、今年新曲「ホエア・アー・ウィー・ナウ?」と10年ぶりとなる新作「ザ・ネクスト・デイ」で見事復帰!66歳とは信じられない声量と歌声で魅了、各国のチャートを賑わした事は記憶に新しい。

そんなデヴィッド・ボウイの2000年のライブ。このライブ、選曲も素晴らしく、またHDで録画されており映像も音もとてもいい!派手な演出などは少なく、渋いパフォーマンスが多いが、よりボウイのカリスマ性が感じられる見事なライブに仕上がっている。

1980年代、ナイル・ロジャースをプロデューサーに起用したアルバム「レッツ・ダンス」は世界的にも大ヒットしたのでご存知の方も多いはず。でも昔からのボウイファンからすると、「ダンス中心の軽い音作りは、ちょっと違うんじゃない?」って思っていた方も多いと思う。

やはりボウイの真骨頂は、60年代から70年代にかけてのあの独特な世界観だと思う。そんな世界観を持ちつつも、アダルトな雰囲気と演出で聴かせて見せるライブ、ぜひご堪能あれ。(^_-)-☆

コメントは受け付けていません。