コンパクトながらも力強いサウンドが魅力の「Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー」を購入してみた〜IPX7防水規格にも対応し、アウトドアにも最適!

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

自分の生活や人生において、音楽は欠かせない存在。これまでにも色んな場面で音楽から勇気と希望を貰ってきました。昨年来、腰の調子を悪くしてからというもの、リビングでM1 MacBook Airを開いて作業をすることが多いのですが、大画面に慣れている身としては、ちょっと作業がしずらく感じることも。

ということで「ポータブルディスプレイ 15.6インチ IPSパネル(NORSMIC)」を導入。日々快適に使用していますが、ディスプレイが新しくなると、欲しくなるのが専用スピーカー。M1 MacBook Airのスピーカーもかなりいい音を出してますが、やはり専用スピーカーを繋いでみたい。

USB-Cケーブル1本で接続可能な「ポータブルディスプレイ 15.6インチ IPSパネル(NORSMIC)」 を購入してみた〜 薄型軽量持ち運びも可能なので、 色々な場面で活用できそう〜

ということで今回見つけたのが、コンパクトながらも力強いサウンドが魅力の「Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー」。IPX7防水規格にも対応し、アウトドアにも最適という優れもの。

こちらが外箱。 Ankerイメージカラー白&青のシンプルなパッケージ。

スポンサーリンク

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

中身を取り出してみました。「Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー 本体」と「付属品」が入っています。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

パッケージから取り出してみました。中身は「Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー」「microUSBケーブル」「取扱説明書」「保証書(最大24ヶ月保証)」が入っています。充電ケーブルがType-Cじゃないのは、残念ポイント。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

「Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー」外観&性能など

こちらが「Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー」。シンプルなブラックカラーで統一、上部には大きく描かれたボタン類が設置されています。サイズは「168 x 47 x 56mm」重量「414g」。手に持つと若干重量感がありますが、持ち歩くのが苦になるほどの重さではありません。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

正面から見るとこんな感じ。スピーカー中には「ANKER」のロゴが。2つの高性能6Wドライバーにより、より迫力あるサウンドを実現。Ankerの独自技術BassUpテクノロジーにより、幅広い音色と深みのある低音が聴けるます。また今回の第二世代から新たにIPX7防水対応となり、アウトドアやお風呂場などでも活用できるようになりました。

ちなみに「IPX7防水」JIS規格、保護等級は「7」になり、一時的に(30分)一定水深(1m)の条件に水没しても内部に浸水しない、というレベル。防水の規格は一定水準取得しているので、お風呂場やアウトドアで使用するのならば大丈夫そう。ただしXは「防塵の試験をしていない」ということを意味するので、砂や埃には弱く、その点は注意が必要。(とくに海水浴場など)

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

こちらが裏面から見たところ。こちらにもANKERの大きなロゴが入っています。上部には大きな「操作ボタン」が付いており、お風呂場やアウトドアでも操作しやすい作り。右から「電源ボタン(1秒間長押し)」「ボリュームー」「再生/停止(1回)次の曲(2回)」「ボリューム+」「Bluetoothペアリング(2秒間長押し)」。操作性も判りやすく好印象。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

こちらが右サイドに付いている「充電ポート」。IPX7防水対応らしく、しっかりとしたゴム蓋で守られています。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

ゴム蓋を開けるとこんな感じ。上「AUXポート」下「microUSB充電ポート」になっています。Type-Cポートじゃないのが、残念ポイント。AUXが使えるのは、常時スピーカーとして使いたい方には便利かも。(AUXケーブルは別売)

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

底面はこんな感じ。各規格が表示されています。もちろん技適マーク認証済み(周波数帯:2402MHz~2480MHz)。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

スピーカーをアップで。連続再生時間は「最大24時間」約500曲の連続再生が可能とのこと。またモバイルバッテリーを使っての充電も可能なので、常時スピーカーとしても安心して使えます。自分の場合、基本M1 MacBook Air専用スピーカーとして使うつもりなので、連続再生時間が長いのはありがたい。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

充電&Bluetoothペアリングしてみた〜

それでは本体を充電しながら、Bluetoothペアリングしてみることにしましょう。microUSB充電ポートにmicroUSBケーブルを繋ぐと、電源横のLEDライトが赤く点灯し、充電中となりました。(赤点滅=要充電)白点灯になると、満充電の合図。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

上部右サイドにある「Bluetoothペアリング」ボタンを2秒間長押しすると、LEDが青点滅してペアリングモードに切り替わります。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

接続する機器(今回はM1 MacBook Air)のBluetooth設定を開くと「SoundCore 2」と表示されているので、こちらから「接続」をクリック。接続完了すると、LEDは黄点灯へと切り替わります。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

M1 MacBook AirのBluetooth接続状況を確認してみると、SoundCore 2が青く表示され接続完了。Bluetooth接続もパスワード入力などが必要なくなり、とても簡単になりましたね。SoundCore 2の電源をオンにすると、自動的に最後に接続した機器と接続します。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

実際にスピーカーから音を出してみた〜

という事で無事にペアリングも完了したので、実際にスピーカーから音を出して音楽を聴いてみることに。

・音質について

まずは肝心の音質についてですが、第1世代の2つの3Wドライバーから強化された、2つの高性能6Wドライバーを採用しているだけあって、ポータブルスピーカーながらも、なかなか迫力のある音を聴かせてくれます。独自技術のBassUPテクノロジーにより幅広い音色と深みのある低音を演出、中低音を中心にクリアで安定したメリハリのある音が聴けます。

ボーカルが前面に押し出されるような安定感のある音で、ロックからポップス、ジャズまで幅広い音楽に馴染む音だと感じました。その分、若干高音の音の広がりが弱いような印象もありますが、ポータブルスピーカーでこれだけの音が聴けるのであれば、これ以上望むのは酷かもしれません。

・ノイズや音飛びなど、無線環境について

数日間聴き続けてみましたが、目立ったノイズや音飛びは全くといっていい程起こりませんでした。電波が入りにくいという状況で無ければ、ノイズや音飛びに関しては気にしなくても良いのではないでしょうか。またBluetooth接続はちょっとという場合には、AUX接続も使えるのも大きなメリット。

Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー

・バッテリー容量について

連続再生時間「最大24時間」約500曲の連続再生が可能というのも、ポータブルスピーカーとしては素晴らしい。これならば海や川、山などでのアウトドアでも1日快適に使えそう。またmicroUSBケーブルにて充電可能なので、モバイルバッテリーから給電できるのもいい

・操作性や使用感について

スピーカー上部についている「コントロールボタン」のボタンサイズが大きくて、ボタンが押しやすいのは好印象。Bluetoothペアリングを含め、全ての操作性がシンプルで判りやすいのもいい。

ちょっとだけ不満なのが、各ボリュームの音幅(音量の+ー)が結構広いこと。+にすると途中から急に音が大きくなったりするので、もう少し音量の音幅が滑らかだったら良かったかも。(イコライザーアプリなどを使って調整することもできますが)

・防水性について

もしもの水没にも対応した「防水性能(IPX7)」を搭載しており、コネクター部分などもかなり頑丈に作られている印象。水辺やプールサイドなどでも安心して使うことができ、キャンプなどでも大活躍してくれそう。またキッチンや浴室など水回りでの使用も、安心して使うことができます。

ちなみに「防水性能IPX7」とは、水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れても浸水しないレベル。(防塵には未対応)

スピーカーから音を鳴らしてみた(簡易動画)

M1 MacBook Airを使って、フリー音源を鳴らしてみたところ。(音量は各自微調整して下さい)簡易動画ですが、全体の音の感じなど、何となく雰囲気だけでも感じてもらえれば幸いです。

「Anker Soundcore 2 Bluetoothスピーカー」まとめ

2つの高性能6Wドライバーを採用しているだけあって、ポータブルスピーカーながらも、中低音を中心に迫力のある音を聴かせてくれます。「音質・防水性・価格」とトータルに考えてみても、とてもバランスの優れたポータブルスピーカーだと感じました。今後もインドアからアウトドアまで、色んな場面で大活躍してくれそうです。(^_^)v

スポンサーリンク