[今週の気になる] 2021年Appleイベントにて「iPhone13,Pro」「Apple Watch 7」「iPad mini」など発表!革新的な驚きはなかったけれど、順当な進化を遂げている印象〜

2021年Appleイベントにて「iPhone13,Pro」「Apple Watch 7」「iPad mini」など発表!革新的な驚きはなかったけれど、順当な進化を遂げている印象〜

(画像はAppleサイトより抜粋)

9月15日予定通り、2021年Appleイベントが開催されました。昨年は新型iPhone(12)の発表が10月にずれ込んでしまいましたが、今年は例年通り9月に新型iPhoneとなる「iPhone13 (mini)」「iPhone 13 Pro (MAX)」が正式発表となりました。

合わせて「Apple Watch 7」「iPad mini」「iPad(無印)」も発表。今年はApple Watch 3からの買い替えを予定しているApple Watch 7も気になるところですが、iPad Proがそのまま小さくなったようなiPad miniの登場に目を見張った方も多いことでしょう。

「iPhone13 (mini)」シリーズは、5色のカラーリング展開。とくに新しいカラーの「ピンク」は淡い感じの色合いで、女子を中心に人気がでそう。今年買い替え予定の家族も、こちらの「iPhone13 ピンク」にする予定みたい。また全てのキャリアにおいて、最初から「SIMフリー」での販売になるらしい、これは地味に嬉しいポイント。

miniとも悩んだみたいですが、今使用しているのがiPhone11なので、やはりバッテリー容量が減るのはちょっとということで、13にする予定。Proは重たいし価格も高いし、そこまで高機能を求めていない(というか13スペックでも十分過ぎるレベル)なので、13で必要十分とのこと。(スペックなど詳しい内容については、他の専門サイトGIZMODOなどで確認して下さい)

スポンサーリンク

「iPhone 13 Pro (MAX)」シリーズは、4色のカラーリング展開。新色「シエラブルー」はこれまで無かった水色に近い淡い色合いで、なかなかいいですね。今回のiPhone13シリーズは、カメラ機能が大幅に進化しているのと、バッテリー保ちが良くなったのが、一番のメリット。

他のAndroid端末などと比べると、正直革新的な驚きはなかったけれど、順当な進化を遂げている印象。一部のマニアックな人達に向けたガジェットではなく、世の中の一般的な人達に向けたガジェットへと進化したiPhone。これまでのiPhoneの革新的な進化からすると、若干寂しい気持ちもありますが、これが多くの方が望んでいる今のiPhoneの形ということなのでしょう。

「Apple Watch Series7」も発表されました。事前リーク情報では、デザインがスクエア型に大きく変更されると言われていたApple Watch Series7ですが、丸っこいデザインはそのまま、ディスプレイが大型化。

Series6とほぼ同サイズでありながら、ディスプレイを20%大型化。Series3と比較すると50%も大型化されているとのこと。自分が愛用しているSeries3も購入から4年近くが経ち、さすがにアップデートもままならない状況になってきたので、今回はSeries7を購入予定。

一番気になるところのバッテリー保ちですが、Apple Watch Series7では、ディスプレイの向上とこれまでと同様に一日中使える18時間のバッテリー駆動時間に加え、33パーセント高速に充電できるように改良されているみたい。

18時間のバッテリー駆動時間だと丸一日は大丈夫そうだけど、正直いえばもう少しバッテリー長持ちして欲しかった。Apple Watchは多機能なので、現状ではその辺りが限界なのかもだけど、、、まぁ今後に期待したいところ。

新型「iPad mini(第6世代)」も発表されました。デザインを刷新、iPad Proがそのまま小さくなったようなiPad miniの登場に、目を見張った方も多いことでしょう。長いこと新機種が発表されず、iPad miniってこのままなくなってしまうの?って思われていた方もいたはず。

そんな中、登場したiPad mini(第6世代)は、デザインから全てが刷新され、まさに新型iPad miniとして蘇りました。ホームボタンが廃止され、8.3インチ全画面デザインになり、電源ボタンはTouch IDと統合され益々便利に。

またポートも前世代のLightningからUSB-Cに変更されたのも大きなポイント。第2世代のApple Pencilにも対応し、側面に取り付けることも可能。カラーバリエーションも「スペースグレー、ピンク、パープル、スターライト」の4種類となり、自分好みのカラーを選ぶ楽しみも増えました。

今回、新型「iPad mini(第6世代)」の発表を受けて、すぐに予約された方も多かったみたい。販売価格「64GBモデル 5万9800円、256GBモデル 7万7800円」ということで、待ち望んでいた方ならば、これは速攻でしょう。

自分はiPad Proがまだまだ現役なので(購入から3年弱)今回iPad miniは見送りますが、確かに魅力的なガジェットに仕上がっていますね。これはヒットすること間違いないでしょう。

「2021年Appleイベント」それなりに楽しめましたが、個人的にはiPhone13シリーズの充電ポートがLightningのままだった、のが一番の残念ポイント。iPad miniもLightningからUSB-Cに変更したのですから、そろそろUSB-Cに変更してもよかったのでは?あとTouch ID(指紋認証)もぜひ再現して欲しい

次のiPhone14(仮)では、ぜひLightningからUSB-Cに変更、Touch ID(指紋認証)を搭載した新型iPhoneを見せてくれることを期待したいですね。(^_^)v

2021年Appleイベント

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。