マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」を購入してみた~iPhone12シリーズを持っているなら、買って損はない便利ガジェット~

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

昨年秋に自分のメインスマホを「iPhone 12 mini」に機種変更したのですが、手に持ったサイズ感もしっくりとくる感じで、日々愛用しています。5.4インチサイズの小ぶりなサイズですが、液晶画面は結構広くて見やすい印象。

「iPhone 12 mini グリーン 128GB」がやってきた!開封の儀からデータ移行、カメラ機能などしばらく使ってみた感想~

手に馴染むサイズ感も気に入っているのですが、小ぶりなサイズ故にバッテリー保ちが若干心もとないのも事実。自分の場合には外出する時間も限られているので、このくらいのバッテリーでもそれ程困らないのですが、外出時間が長い方にとっては、ちょっと物足りないかも。

そこで以前から気になっていたこちらのガジェット、マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」を購入してみることに。先に発売されたApple純正モデル「MagSafeバッテリーパック」はちょっとお高いので、先日Anker製品から発売されたこちらのモデルを購入。

こちらが「Anker PowerCore Magnetic 5000」外箱。ANKERお馴染みのホワイト&ブルーの爽やかなパッケージ。

スポンサーリンク

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

箱を開けるとこんな感じ。パーツも全て丁寧にパッケージされています。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

中身を取り出すとこんな感じ。「Anker PowerCore Magnetic 5000」「USB-C & USB-C ケーブル」「取扱説明書(日本語表記あり)」「保証書(最大24ヶ月保証)」が入っています。最大24ヶ月保証というのも安心感があっていい。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

こちらが「Anker PowerCore Magnetic 5000」本体。サイズ「9.3×6.25×1.6cm」重量「133g」とコンパクト。若干重量はありますが、このサイズで容量「5,000mAh」ならば、悪くないかなという印象。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

こちらが裏面。マグネット式ワイヤレス充電のマークが表示されています。ワイヤレス出力「5W」というところに若干物足りなさを感じますが、補助的な立場で使用することを考えれば、大きな不満にはならないかも。(満充電する時は、他の充電器を使えばいいですし)

USB-C入力:5V=2.2A (最大11W)
USB-C出力:5V=2A (最大10W)
ワイヤレス出力:5W
容量:5000mAh
対応機種:iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

マグネットでスマホとしっかり密着することで、位置がずれて充電できない、というワイヤレス充電の欠点を補完してくれます。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

こちらサイドには各種ポートが揃っています。右から「電源ボタン」「USB-C充電ポート」「LEDライト」。USB-Cに対応しているのも嬉しいところ。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

真上から見るとこんな感じ。中央のANKERロゴがいいアクセントに。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

iPhone 12 miniと並べるとこんな感じ。iPhone 12 miniの場合でも、ちゃんと本体内に収まるサイズ感に仕上がっています。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

まずはUSB-C充電ポートにUSB-Cケーブルを挿して、本体を充電します。最大10Wでの充電にも対応。満充電になるのに3、4時間~は掛かるので、気長に待ちましょう。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

・「Anker PowerCore Magnetic 5000」電源オン、使用感はどんな感じ?

それでは実際に電源をオンにして、iPhone 12 miniで使用してみることに。電源ボタンを押すと、LEDライトが残量に応じて点滅します。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

まずはiPhone 12 miniケースなしの状態(裸)で、使用してみます。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

iPhone 12 miniの背面にくっつけるとこんな感じ。マグネットはそこそこ強力なので、裸ならばピタッとひっつきます。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

下側から見るとこんな感じ。マグネット式ワイヤレス充電によるiPhone 12への充電は、約3時間で最大95%まで充電可能とのこと。この辺りは後ほど時間経過を見て、試してみることに。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

バッテリーをくっつけたまま、iPhone 12 miniを手に持つとこんな感じ。スマホ内にぴったりと収まるので、そのまま手に持っても意外と違和感がありません。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

液晶画面から見るとこんな感じ。バッテリー重量133gなので若干重たくはなりますが、充電したままでもケーブルなしで操作できるのは、やっぱり便利

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

そのままテーブルに置くとこんな感じ。ぴったりと貼りついていて、完全にスマホとモバイルバッテリーが一体化しています。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

サイドを持って持ち上げると、こんな感じに自然に持ち上がります。裸で密着させた場合には、そこそこ強力に貼りついている模様。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

それでは次に通常のスマホケース(クリアケース)を使って試してみることにしましょう。スマホケースに磁石が付いた”MagSafe対応スマホケース”なども販売されているのですが、そちらも結構お高いので、今回は通常のスマホケースで試してみることに。

マグネット式ワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「Anker PowerCore Magnetic 5000」

iPhone 12 miniの背面にくっつけると、ちゃんと固定されました。充電もきちんと出来ている模様。しなしながら磁石の威力は弱くなってしまうので、手に持つとバッテリーの位置がずれたりも。まぁそれでもバッテリーとしては使用できているので、これはこれでありかも。(ピタッと強力に貼り付けたい方は、MagSafe対応スマホケースを購入しましょう)

・「Anker PowerCore Magnetic 5000」充電経過観察をしてみた~

iPhone 12 miniを使って、10分おきに充電経過観察をしてみました。

▼74%からスタート

10分後→80%
20分後→82%
30分後→84%
40分後→88%
50分後→92%
60分後→96%
70分後→99%
80分後→100%

といった結果となりました。平均すると「10分=4%弱」「1時間=16%」といった感じ。思っていたよりはスピードが出ませんでしたが、補助的な立場で使用することを考えれば、これはこれでありかなと。

Anker PowerCore Magnetic 5000」今回手持ちのiPhone 12 miniでも問題なく使えることがわかり、今後外出先や色んな場面で重宝しそう。充電スピードは遅めですが、スマホを手に持ったままでもワイヤレス充電できるのは、やっぱり便利。

今後も色んな場面で活用していきたと思います。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。