JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」にて、産直食材が味わえる「山県ごはん」の「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」などを味わってきた~

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

2021年7月、岐阜県の山里にある山県市に、JAぎふが運営する地域発信ステーション山県ばすけっと」がグランドオープンしたということで、早速訪れてみました。

この日は猛暑ながらも青空が綺麗な快晴で、岐阜県山県市に向かう道すがら、青空と緑の美しい景色を眺めながら、「山県ばすけっと」へと向かいます。

スポンサーリンク

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「山県ばすけっと」。新しくできたばかりということもあり、施設はとっても綺麗。目の前には無料駐車場(27台分)も完備。近くには臨時駐車場も用意されています。地域の特産品販売から山県市の農家さんが作った地元食材が食べられる飲食店「山県ごはん」まであって、道の駅のような雰囲気。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「山県ばすけっと」の地図。場所は「岐阜県山県市東深瀬699番5」山県ICから直ぐの場所にあります。地元名古屋からは、国道のみだと「1時間半」ほど、高速を使うと「1時間ちょっと」となります。周りは山々と川に囲まれ、自然豊かで素敵なところ。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらの山県ばすけっとは、すぐお隣に「山県バスターミナル」が併設されています。JR岐阜駅のバス12番乗り場から山県バスターミナルまで約45分で、山県ばすけっとまで直接訪れることができます。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが山県バスターミナル側から見たところ。こちらの目の前には大きなトイレも完備。施設が新しいというのは、やっぱり気持ちがいい。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

入り口に向かう道すがらには「観葉植物」も並んでいます。今回この中から「アロエ」を1個購入して帰ることに。またまた観葉植物のお仲間が増えて嬉しい。

日々の生活に癒やしと潤いを与えてくれる我が家の「観葉植物」に「アロエ」「キャッツテール」「スノーサンゴ」などのお仲間が増えたよ~

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが山県ばすけっと店内。店内はそれほど広いわけではありませんが、産直品や朝採れ野菜などが全体に並べられています。この日はオープン記念イベントを開催していただけあって、多くの人々で大賑わい。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが産直食材が味わえる「山県ごはん」。こちらに到着したのがお昼12半過ぎだったこともあり、すでに満席状態。結局、席につくまで1時間待ちとなりましたが、店内を見て回る時間もあったので、実質的には30分ほど待った感じ。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらでは山県市の農家さんが作った産直野菜が並べられています。「小松菜」をはじめ、どれも新鮮そのもの、また価格もお値打ち。緑黄色野菜を中心に色々と購入して帰ることに。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

「甘長」や「ししとう」「ピーマン」なども。「ささげ豆」は「十六ささげ」としても有名。愛知県や岐阜県の伝統野菜の一つですが、他の地域では余り見かけないらしい。これ”胡麻和え”にすると、とっても美味しいんですよね。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

岐阜の郷土料理の一つ「鶏ちゃん」も、色んな種類のものが販売されています。地元名古屋では余り見かけない鶏ちゃんも。冷凍保存のもあったので、そちらから幾つか選んで購入。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「地酒コーナー」。こちらからも地酒を1本選んで購入。また先の鶏ちゃんと一緒に味わってみる予定。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらがお肉がうまい!と書かれた「ばかたれ」。昨年より巷でブームとなっているローカル調味料の一つで、1つ1つ手作りされているとのこと。「ばかみたいに旨いたれ」ということらしい。厳選した岐阜県産の素材(えごま、にんにく)を使用して作られているとのことで、こちらも購入してみることに。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

人気No.2というバームクーヘン「MOMIJI TAMAGO BAUMKUCHEN」。こちらも美味しそうだったのですが、まだ家に貰ったバウムクーヘンがあったので、今回はパスすることに。次回来た時にはチャレンジしてみようかな。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが山県ばすけっとの外にあるスイーツコーナー。この日も暑かったこともあり、こちらも大人気。「棚橋牧場ミルクソフト」「美濃娘いちごモンブランソフト」「利平栗マロンソフト」など、とっても美味しそう。本当は食べたかったのですが、こちらもずっと行列だったので今回は見送り。次回はぜひチャレンジしたい。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

約1時間近く待って、やっと自分たちの番号が呼ばれたので「山県ごはん」へと向かうとことに。こちらが「看板メニュー」先に食券を購入するシステムなので、まずはこちらで注文したい商品を選んでおくと良いかも。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「飲食券売機」。まずはこちらで食券を購入。人気の飛騨牛を使った定食は、残念ながらすでに完売。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが店内の様子。そんなに広くはありませんが、きちんと席ごとにクリアボードで仕切られています。お茶などはセルフサービス(無料)で頂けます。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

食券には番号がふられていて、できた順番に呼んでくれます。お茶も冷たくて、普通に美味しい。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「鶏南蛮たるたる定食」880円(税込)。ブランド鶏”清流美どり”を使った鶏料理で、小鉢2点、みそ汁が付いて、このボリュームこの価格は良心的。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

「鶏南蛮たるたる」をアップで。タルタルたっぷりなのも嬉しい。鶏肉もつやつやで、しっかりと下味が付いている感じで、見るからに美味しそう。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「お味噌汁」。こちらにも野菜を中心とした具材がたっぷり。濃すぎることのない出汁の効いた赤味噌汁で、これぞ東海地方の味。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

ご飯も山県市で採れたものでしょうか。つやつやふっくら。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

小鉢が2点付いているのも嬉しい。「わかめと胡瓜の酢の物」と「お漬物」。こってり系を食べた後の後味を、あっさりさっぱりしてくれていい。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

それではメインの「鶏南蛮たるたる」頂きます。カラッと揚がった鶏肉は、中までしっかりと味が染みていて、肉厚でジューシー。そこにたっぷりのタルタルソースが絡み、旨さ倍増。ブランド鶏”清流美どり”を使っているだけあって、柔らかさと弾力を併せ持った鶏肉本来の旨味と食感が味わえます。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「鶏ちゃん定食」1,280円(税込)。ブランド鶏”奥美濃古地鶏”を使った郷土料理で、小鉢2点、みそ汁が付いています。鶏ちゃん大好物なので、期待も膨らみます。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

「鶏ちゃん」をアップで。キャベツやネギなど、野菜多めのトッピング。鶏ちゃんならではの、甘辛い味噌の香りが漂ってきます。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

小鉢には「わかめと胡瓜の酢の物」と「お漬物」が付いて来ます。彩りも鮮やかでいい感じ。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

まずは鶏ちゃんから頂きます。奥美濃古地鶏を使用しているだけあって、鶏肉にはしっかりと弾力があり、噛みしめるとジューシーな旨味が中から染み出してきます。鶏ちゃんならではの濃厚な味噌ダレとキャベツの甘味が、より鶏肉の美味しさを際立たせている感じ。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

お次は「鶏ちゃん丼」にして頂きます。いやーこれ美味しくないはずないでしょ。鶏ちゃんのちょっと甘めの味噌ダレがご飯に染みて、一気にご飯がすすみます。鶏ちゃんはビールとの相性も抜群ですが、ご飯とも相性抜群。これで一味があったなら最高だったかも。

欲を言えば、鶏肉のボリュームがもう少し欲しかったところ。でもまぁブランド鶏”奥美濃古地鶏”を使用しているので、仕方ないのかな。一般的な鶏ちゃんと較べると、高級版鶏ちゃんといった仕上がり。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」「鶏ちゃん定食」「鶏南蛮たるたる定食」

こちらが「カツカレー」1,080円(税込)。ご飯の上にカレールーがたっぷりと掛かったカツカレー。カツもなかなかのビックサイズ。キャベツも添えられています。

まずはカツから一口頂きます。豚肉のしっかり詰まったカツは、サクッと揚がっていて食べごたえあり。またカレールーには野菜の旨味が染み込んでいて、中辛で食べやすく、普通に美味しい。一つ一つ丁寧に仕込まれているのが、このカツカレーからも見て取れます。

JAぎふが運営する地域発信ステーション「山県ばすけっと」。今年7月にオープンしたばかりということもあり、大人気でなかなかの混み具合でしたが、買い物も食事も同時に楽しめて、心地よい時間が過ごせました。

今回は残念ながら人気のソフトクリームが食べられなかったので、また機会を見て再チャレンジしてみたいですね。また色んな食材なども購入してきたので、また追って様々な料理にも挑戦してみる予定。(^_^)v

山県ばすけっと

↓続きはこちらから↓

日本伝統技術が生きる刃物の街「岐阜県関市」に誕生した「せきてらす」にて、関ならではの刃物を眺めつつ、カフェでゆったりとお茶した一日~

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。