Bluetooth5.0にて高速安定接続が可能、最大12時間バッテリー駆動可能な「Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック」を購入してみた~お値打ち価格ながらもバランスのとれたワイヤレスイヤホン~

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

一言でワイヤレスイヤホンといっても、現在では様々なタイプのものが登場しています。数年前にAppleが「AirPods」を発売開始してからというもの、様々なタイプの左右独立型のワイヤレスイヤホンが登場。

最近では、ノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンやヘッドホンが大人気。ちなみにノイズキャンセリング機能とは、

周囲の雑音をマイクで取り込みその逆位相の音をスピーカーから出力することで、音を打ち消して騒音を軽減させる機能で、より正確には「アクティブノイズキャンセリング」と呼ばれます。 電車の走行音や飛行機のエンジン音、町の雑踏音などの騒音を軽減して、静寂の中快適に音楽を楽しめます。

とのこと。ノイズキャンセリングは素晴らしい機能だと思うのですが、基本外出時に使うのが主流なので、外の音が全く聞こえなくなってしまうのはちょっと不安。しかもまだノイズキャンセリング機能が付いたタイプはお高い、しかも紛失してしまう心配も。

ということで気軽に使えて価格もお値打ち、しかも機能が安定しているワイヤレスイヤホンを探していたところ、こちら「Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック」を見つけたので購入してみることに。

Xiaomi(シャオミ)製品は、自分も現在Androidスマホを愛用していますが、お値打ち価格ながらも性能が素晴らしく、巷での評判も上々みたい。

驚異的コスパを誇る新型スマートフォン「Xiaomi Redmi Note 9S」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッション、APN設定方法まで~

こちらが外箱外観。外箱はとってもシンプル。高級感はありませんが、ホワイト&ブルーで清潔感があります。

スポンサーリンク

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

中身はこんな感じ。きちんとパーツ毎に分かれています。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

中身を取り出してみました。「Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック」「イヤーピース(S/L)」「ユーザーガイド(日本語記載)」「保証書(1年間)」が入っています。イヤーピース初期状態では「M」が取り付けされています。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

こちらが「Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック」本体。イヤホン本体はこちらの充電ケースに収まっています。サイズ「62×40×27.2mm」重量「35g」と、とっても軽くてコンパクト。これまでに購入したワイヤレスイヤホンの中でも、一番軽くてコンパクトかも。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

反対面から見たところ。ケースサイドには「microUSB充電端子」が付いています。ちなみにmicroUSBケーブルは付属していないので、自分で用意する必要があります。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

ケース底面はこんな感じ。細かい基本仕様などが記載されています。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

蓋を開けてみました。中には「Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック」本体がこんな感じに収まっています。イヤホン本体には保護シールも貼られていて、管理状態もきちんとしている印象。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

保護シールを取り外すと(イヤホンを持ち上げると)こんな感じに前面の「LEDライト」が赤く点灯。赤点灯はバッテリー残量が低下している合図なので、まずは充電をすることにしましょう。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

・Xiaomi Mi ワイヤレスイヤホンを充電する~

ケースサイドにあるmicroUSB端子にmicroUSBケーブルを差し込んで、充電スタート。ケース反対側にあるLEDライトが赤く点灯。満充電になると白ライトが1分間点灯してから消えます。フル充電後、約4時間連続使用可能充電ケースを使用すれば、約12時間使用可能となっています。

充電ケースの充電時間:約 2 時間
イヤホンの充電時間:約 1.5 時間
イヤホン 1 つののバッテリー容量:43mAh
充電ケースのバッテリー持続時間:約 12 時間
充電ケースのバッテリー容量:300mAh

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

iPhone12 miniと並べてみました。ケースの小ささが、より判り頂けるかと思います。このままズボンのポケットにも入りそうなサイズ感なので、持ち歩くのにも最適。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

・イヤホンをスマートフォン(iPhone12 mini)とBluetooth接続してみる~

充電も出来たところで、Bluetoothにて接続をしてみましょう。ワイヤレスイヤホンを左右同時に充電ケースから取り出すと、自動的に電源がオンになり左右ペアリングが開始されます。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

左右のイヤホンLEDライトが遅く点滅しだしたら、Bluetooth接続開始の合図。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

スマホの設定からBluetoothを開くと、その他のデバイスに「Mi True Wireless EBs Basic 2」と表示されるので、そちらをタップ。すぐに接続済みとなり、接続完了(赤四角)次回からは、充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動接続してくれます。(使用後も充電ケースに戻すだけで、Bluetooth接続が自動停止されます)

Bluetooth5.0なので、接続もとっても速くて安定しています。一昔前のワイヤレスイヤホンは接続が不安定なものも多かっったので、一番肝心なところが安定しているのは有難い。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

YouTubeMusicにて最近お気に入りのアルバム「Stormburst / Raised on Rock」を試し聴きしてみることに。はい、ちゃんと左右のイヤホンから音が流れてきました。まずは一安心。

ちなみにこちらのグループ「Stormburst」は、スウェーデンのメロディアスロックバンド。ベテラン・ミュージシャンが集まり2014年に結成され、2017年に本作をリリース。キャッチ―で親しみ易いメロディー、コーラスワークも素晴らしい。哀愁と情感のあるバラードも秀逸で、メロハー好きならば気に入ること間違いなし。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

内側(スピーカー側)はこんな感じ。カナル型イヤホンなので、しっかりと耳に固定されます。またそれにより高い遮音性も実現しました。DSPノイズキャンセリングテクノロジーを搭載しているということですが、そこは余り期待しない方が良いかも。本格的なノイズキャンセリングイヤホンをお望みの方は、もっと高レベル(高価)なイヤホンにした方が良いかと。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

ワイヤレスイヤホンの表面はこんな感じ。表面は「物理ボタン」になっていて、こちらをクリックすることでタッチ様々なコントロールが可能。誤作動が少ない物理ボタンというのもいい。(タッチタイプは間違って触ってしまう誤動作が多いので)イヤホンからボリューム操作ができないのが惜しいところですが、使う頻度はそう高くはないので、誤動作するよりはいいかな。

1回押し:再生中に音楽再生/一時停止
1回押し:通話受信、終了
1秒間長押し:着信拒否
2回押し:音声アシスタント起動

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

ワイヤレスイヤホンをアップで見るとこんな感じ。イヤホン1つの正味重量「約4.1g」ととっても軽いのもいい。Bluetooth5.0にて高速安定接続が可能なので、日常使いにも安心感があります。

通信範囲:10 m(障害物なし)
Bluetooth プロトコル:AVRCP / HSP / HFP / A2DP

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

左右のイヤホン先端には「R」「L」の表記も。小さくて見にくいのですが、表記があるのはありがたい。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

・肝心の音質はどんな感じ?

肝心の「音質」ですが、全体的に低中高音に伸びのあるクリアでバランスのいい音。音の広がりも良くて、聴きやすい印象。ワイヤレスイヤホンでは弱い印象の低音もそこそこ出ていて、全体的にバランスのとれた音だと感じました。音割れ、音飛び等もありません。

この価格帯のワイヤレスイヤホンでこれだけの音が聴けるのであれば、日常使いには必要十分なのではないでしょうか。但しノイズキャンセリング機能や高音質での音楽鑑賞をお望みの場合には、もっと高機能搭載のワイヤレスイヤホンを購入される事をお勧めします。

・イヤホンの装着感、遮音性、使用感などは?

イヤホンの「装着感」は、なかなかいい感じ。イヤホン自体もとっても軽いですし(単体4.1g)耳への収まりも違和感がありません。(もちろんカナル式が苦手な人には向いていません)首を軽く振ったくらいで自然に外れてしまうこともありません。

遮音性」については、密閉性の高いカナル式だけあって、かなり外の音を遮断してくれます。しかしながら遮断性が高いという事はそれだけ外の音も聞きづらいので、状況によっては音量を小さくしたり外したリする配慮が必要。

使用感」については、誤動作が少ない「物理ボタン」がとっても便利。イヤホンから操作できる事柄は限られてしまいますが、誤動作が少ないというのは大きなメリット。

通信」もBluetooth 5.0対応ということで、音が途中で途切れることもなく、終始快適に使用できました。(通信距離:10m、障害物無し)街中でもしばらく使用してみましたが、途中で音切れすることは殆どなく終始快適に使用できました。

・音楽の再生時間について

フル充電後「約4時間連続使用」可能。充電ケースを使用すれば「約12時間使用」となっています。4時間連続使用はちょっと短めではありますが、日常使いならば問題なく使用できそう。

Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック

・「Xiaomi Mi 完全ワイヤレス イヤホン Basic 2 ブラック」まとめ~

しばらく使ってみた印象としては、全体的にトータルバランスがとても良くて、左右独立型ワイヤレスイヤホンとしてはとても扱いやすい印象。決して多機能・高機能ではありませんが、だからこその扱いやすさがあり、日常使いにはもってこいかも。この価格帯ならば、誤って紛失しても後悔しなくて済みますし。

ワイヤレスイヤホンを紛失してしまう方って、結構多いみたいなので、家では高機能なイヤホンを、外では日常使いのお手軽イヤホンを使用、というように状況によって使い分けるというのもありかも。

音質・使用感・価格」とトータルに考えてみても、とてもバランスの優れたワイヤレスイヤホンだと感じました。これからも日常使いイヤホンとして、日々活用していきたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。