Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」を購入してみた~今更ながら、軽量で目に優しいKindle専用端末の素晴らしさを再認識~

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

コロナ禍ということもあり、なかなか自由に出かけるのもままならない日々が続いています。そういう自分も最近では、ギター練習やゲームなど、色々と家で出来ることを中心に取り組んでいるのですが、このところちょっと怠り気味だった、電子書籍(Kindle本)を使った読書も再開しています。

以前から電子書籍リーダー「Kindle White Wi-Fi」を活用していたのですが、こちらのモデルは内蔵ライトが付いていないので、明るい場所以外ではちょっと読むのが厳しかったんですよね。

電子書籍リーダー「Kindle White(Newモデル)Wi-Fi」今更ながらいい感じじゃない!開封編など~

液晶ライトは目に負担がかかりそうと思ってこちらのモデルにしたのですが、やはり明るい場所だけではなく夜にもKindle本読書をしたい、ということで先日のプライムデーにて「Kindle フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」を購入したので、ご紹介したいと思います。

こちらがAmazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」。パッケージも自分が持っている先代とは異なっていて、縦長でスタイリッシュ。

スポンサーリンク

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

パッケージから取り出してみました。こんな感じにスライドして取り出す感じ。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

こちらが中身の付属品など。「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」「充電用USBケーブル」「保証書」「説明カード」が入っています。「詳しい使い方については、端末設定ページで「Kindleユーザーガイド」を参照して下さい。」とのこと。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

カラーは「ホワイト」「ブラック」がありますが、今回も「ホワイト」を選択。心做しか旧タイプよりも白さが際立っているような印象。サイズ「160 mm x 113 mm x 8.7 mm」重量「174g」と、とっても軽くてコンパクト。

iPadやFireHDなどのタブレットを使用して電子書籍を読むこともありますが、端末に重量があると長時間持っていられず、途中で読むのを止めてしまうこともしばしば。その点、Kindle端末は軽くて目にも優しいので、身体への負担も少なくて、自然と読書が捗ります。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

こちらが裏面。上部には「amazonロゴ」も入っています。至ってシンプル。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

こちらが下面にある「電源ボタン」「LEDライト」「microUSB充電ポート」(左から)。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

サイドから見るとこんな感じ。厚さ「8.7mm」と、とっても薄くてコンパクト。薄めの文庫本を持っているような感覚。容量も「8GB」ということで、端末本体に数千冊の電子書籍が保存可能。(一般的な書籍の場合)Kindle端末を使い出してから、めっきり家の本棚も軽くなり、スペースもできて一石二鳥。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

こちらが上側から見たところ。どの位置から見ても、液晶画面がはっきりくっくりと見えます。ちなみにディスプレイの仕様はこんな感じ。解像度167ppiですが、通常使用には問題ないレベルの見やすさ。もっと解像度の高いモデル良い場合には、解像度300ppiの「Kindle Paperwhite」「Kindle Oasis」など上位機種もあります。

6インチ反射抑制スクリーン(Amazonディスプレイ)、解像度167ppi、フォント最適化技術、16階調グレースケール

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

・Kindle端末の電源をオンにして、設定スタート~

こちらが真上から見たところ。こちらはWi-Fiモデルということで、wifi接続「802.11b、802.11g、802.11n」パスワード認証「WEP、WPAおよびWPA2セキュリティ」にて接続可能。

それでは右下にある「電源ボタン」を押して、スイッチオン。電源ボタン横のLEDライトが緑に光ります。Amazon会員ならば、最初からアカウントが紐付けされています。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

まずは言語から「日本語」を選択。フロントライトが搭載されているので、液晶画面も明るくて見やすい。文字もはっきりくっきりと見ることができます。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

Wi-Fiは自分で設定しなくても、Amazonアカウントから自動で認証して接続完了。旧モデルは自分で設定が必要だったので、色々と進化している模様。デバイスをセットアップ中ということで、もうすぐ使えるようになりそう。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

まず最初に「Kindleのつかいかた」という操作方法が解説されます。この辺り適当に飛ばしてしまう場合が多いのですが、紙のマニュアルがないので、Kindle端末を初めて使用する方はまず目にしておいた方が良いでしょう。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

「マイライブラリ」にインストールされている電子書籍が出てきました。一番下には広告が表示されます。この中から端末にインストールしたい電子書籍をクリックしてやれば、インストールが始まります。Amazonコンテンツはクラウドに無料・容量無制限に保存可能とのこと。

プライム会員ならば「prime reading」対応電子書籍を「10冊まで無料ダウンロード」できるので、これを活用しない手はありません。ほんと良い時代となりました。

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」

Kindle端末の下部にあるmicroUSB充電ポートにUSBケーブルを挿して、充電スタート。中央のLEDライトが点灯します。1回の充電で数週間利用可能とのことなので、頻繁に充電する手間もなく、日々快適に使用できそう。ここは電子書籍専用端末ならではの大きなメリット。

充電時間:約4時間(5W USB充電アダプタ使用、またはPCからUSBケーブル経由で充電した場合)

バッテリー:1回の充電で数週間利用可能(明るさ設定13、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)ワイヤレス接続の使用によって利用できる時間は異なります

こちらがKindoe端末を操作している簡易ビデオ。操作感だけでも感じてもらえればと。


・「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」ファーストインプレッション~


しばらく使用してみたファーストインプレッションですが、e-ink ディスプレイはやはり目に優しくて、まるで紙の本を読んでいるような感じ。しかも直接目を照らさないフロントライト方式なので、長時間の読書でも目が疲れません。また夜でも読書灯なしで本が読めるのもいい。

ブルーライトもゼロなので、目の疲れ方がスマートフォンなどとは全然違います。また一度の充電で数週間持続するバッテリーも大きなメリット。これまで使用していた旧Kindleと較べてみても、フロントライト上での画面の見やすさは、やはり格段の差。(夜はとくに)

実際に使用してみてその恩恵を肌で感じました。これで今後はこれまで以上に目の疲れを気にすることなく、電子書籍を楽しむことができそう。

ということで開封編としてのファーストインプレッションをお届けしました。次回はもう少し使い込んでみてから、旧Kindleモデルとの違いや使用感など、詳しくご紹介していきたいと思います。(^_^)v

↓続きはこちらから↓

Amazon電子書籍リーダー「Kindle ホワイト フロントライト搭載 Wi-Fi 8GB」を購入してみた~旧Kindleモデルとの比較や、しばらく使ってみての使用感など~

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。