まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」から「グリーンブラック」「ブルーグレー」を購入し試してみた~

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」GRin store

少し前の今年春先、久しぶりに地元にあるショッピングモール「イオンモールナゴヤドーム前店」の中に入っている気に入りの雑貨屋GRiN store」を覗いてきました。

こちらのお店「雑貨から陶器、洋服、本、文具」まで、世界中の個性的なアイテムを中心に色んなモノが揃っていて、眺めているだけでも楽しいお店。とくにその中でも毎回見ていて飽きないのが文房具類。訪れる度に毎回ちょっとずつ種類が変わっていて、ついつい手にとって試し書きなどをしてしまいます。

こちらがお店の「GRiN store」外観。イオンモールナゴヤドーム前1階中程にあり、店内はとっても綺麗でお洒落な雰囲気。この日はちょうどセールを開催中で、店内もそこそこ賑わっていました。

スポンサーリンク

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらが今回購入してきたボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」。こんな感じにパッケージしてくれました。数百円の買い物なのに、とっても丁寧に取り扱ってくれて感謝。

ちなみにZEBRA(ゼブラ)のボールペンは、こちらの伸縮式「ミニボールペン ZEBRA」も愛用しています。

「ミニボールペン ZEBRA」お気に入りの雑貨屋で見つけた、ミニボールペンが素晴らしかった件~

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

ボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」を袋から取り出してみました。素敵なポストカードもオマケにつけてくれたみたい。(感謝)今回購入したのは、こちら「グリーンブラック」「ブルーグレー」の2タイプ。

まるで万年筆インクの様な色目が特徴的なボールペンで、ともに0.5mm仕様。こちらのシリーズは、ボールペンには珍しい色目のカラーが「全57色」揃っており、まるで万年筆インクの様な個性的で美しい色目のインクが楽しめます。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらが「グリーンブラック 0.5mm」価格110円(税込)。こうした珍しい色目のボールペンが、110円で購入できるのも嬉しい。一見、ごく普通のボールペンに見えますが、ジェルインクやバインダークリップなど、仕事場での使い勝手に徹底的にこだわっています。サイズ「軸径11.0×全長141.0mm」重量「10.9g」。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらが「ブルーグレー 0.5mm」価格110円(税込)。ボールペン自体のカラーもパッと目を引く色合いで、目で見てすぐにどのカラーか判るのもいい。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらがボールペン上部。サイドには可動式バインダークリップが付いているので、厚みのあるボード等にも挟むことも可能、クリップ折れを軽減させます。以前のタイプだと、使っていく間にクリップが折れることが多かったので、これは大きなメリット。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

グリップ近辺はこんな感じ。ラバーグリップが巻かれているので、指が滑ることもなく、手に馴染んで書きやすい。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらがトップ部分。お馴染みのプッシュ式ボールペン。カチカチッと反応する音も好き。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらが先端ペン先ボール部分。こんな感じにインクが劣化しないように、丸いポッチが着けられています。指で引っ張れば、簡単に外せます。昔のボールペンは、最初のうちなかなかインクが出てこないものも多かったですが、日々進化していますね。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらが可動式バインダークリップを広げたところ。かなりしっかりと強い力で挟むので、自然と外れてしまうことはまず無さそう。この価格帯のボールペンで、クリップ折れの心配がないというのは、ある意味画期的かも。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こちらが「ブルーグレー 0.5mm」。ボールペンカラーから色目が判るのもいい。ブルーグレーというような中間色は、万年筆インクにはあったけれど、ボールペンでは余り見かけなかったので新鮮。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

ブルーにホワイトのクリップカラーが爽やか。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

・愛用のメモ帳「RHODIA」にて、試し書きをしてみた~

それでは実際にゼブラ サラサクリップを使って、メモ帳「RHODIA」に試し書きをしてみることにしましょう。RHODIAは、自分が長年使い続けている愛用のメモ帳。サイズが色々揃ってるのもいいし、紙の質感も抜群。方眼紙になっていたり、一枚一枚切り目が付いているのもいい。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

こんな感じで書いてみました。(右利きですが、写真撮影の為、左で持っています)ペン先のあたりはとってもソフトで、インクの出もとっても滑らか。SARASAというネーミング通り、軽い力でスラスラと書けます。途中で止まってもインクの溜ができることもなく、とっても滑らかでスムーズ。

まるで万年筆インクの様な色目と書き心地が最高のボールペン「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」

上が「グリーンブラック 0.5mm」下が「ブルーグレー 0.5mm」。インクの色目の微妙な違いがお判り頂けるでしょうか。グリーンブラックは、ちょっと濃い目のグリーン(モスグリーン)。ブルーグレーは、淡い色合いのブルーって感じ。

どちらも色目に個性があって、まるで万年筆インクを感じさせる風合い。105円のボールペンでこの色目が出せるとは、ゼブラさん素晴らしい。

「ZEBRA SARASA CLIP(ゼブラ サラサクリップ)」他にも「カシスブラック」「キャメルイエロー」「ボルドーパープル」など珍しいカラーが全57色揃っているので、色んなカラーモデルを試してみるのも面白そう。

今後も普段使いのボールペンとして、メモ帳「RHODIA」共々愛用していきたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。