牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」初来店~釜炊きの卵かけ御飯から特上カルビ、ねぎ塩ハラミなど~500円で飲み食べ放題メニューも~(緊急事態宣言前に来店)

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

(緊急事態宣言前に来店)

焼肉大好きって方、きっと多いことでしょう。そんな自分もお肉大好きなのですが、地元大曽根駅近くにある牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店肉の夜市 大曽根店」に初来店してきました。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」初来店~松坂牛カーテンロースが500円、釜炊きの卵かけ御飯が味わえる~500円で飲み食べ放題メニューも~

場所は大曽根駅前から3分ほど歩いた真新しいビルの1階。場所は「愛知県名古屋市北区大曽根3-17-27 / 052-325-7970」。大曽根駅からも直ぐの場所で、隣には「瀬戸信用金庫 大曽根支店」があります。

最初に定員さんが説明に来て下さいますが、基本はテーブルに設置されたタブレットで注文。入場料1人500円にて「ソフトドリンク・ご飯・酢飯シャリ(大曽根店は卵)」が付いて来ます。

またお酒を沢山飲みたい方は「入場料1人500円+1,000円=1,500円(100分飲み放題)」というメニューも。3杯以上お酒を飲む方は、こちらの方がお得に。自分はこちらのセットメニューを注文することに。

では前回からの続きということで、こちらが「特上カルビ」935円(税込)。特上カルビだけあって、肉厚でサシの入り方も美しい。わさびも添えられています。これは見るからに食べごたえありそう。

スポンサーリンク

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが「ネギ塩赤身ロース」550円(税込)。A5ランク黒毛和牛から生タンまで、お肉の種類も盛り沢山。さすが牛肉卸業者が経営するお店だけあって、価格もお値打ち。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが「よいちチョレギサラダ」429円(税込)。生野菜も食べたいというとで、こちらを注文。海苔も添えられていて、韓国風で普通に美味しい。お肉と一緒に食べてもいい感じ。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

それではカルビやロースを焼いていきますよ。サシの多い上質なお肉なので、すぐに煙と香りが立ち込めます。それでも周りが煙たくならないのは凄い。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

まずは「特上カルビ」からわさびを添えて頂きます。肉厚ながらもとっても柔らかく、噛みしめる度に特上カルビならではの旨味が染み出してきます。またわさびを添えることで、脂がいい感じに調和され、意外とさっぱりと頂けます。これはカルビ好きならば、ぜひ味わいたい一品。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

お次は「ネギ塩赤身ロース」を頂きます。程よい歯ごたえとお肉本来の旨味を味わえます。ゴマの風味と葱の甘み、焼肉たれがよく絡み、卵かけ御飯との相性も抜群。食べごたえもありますし、赤身好きならば外せない一品。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

どんどん焼いていきますよ。こちらが「鳥焼き肉 せせり 味噌」429円(税込)。鶏肉の中でもせせりは大好きな部位で、焼き鳥屋でもよく注文する一品。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

このせせりがまた美味しった。もも肉などと較べると若干歯ごたえがあって、噛みしめる度にジュワッと旨味が染み出してくる感じ。ちなみにせせりは”首の筋肉の部位”ということで、身が引き締まっていて弾力があり、プリプリとした食感が特徴的。 1羽から60gほどしかとる事のできない希少な部位でもあります。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

今回はアルコール飲み放題ということで(100分)何杯か生ビールを飲んだ後は、こちら「レモン酎ハイ」へと移行。このレモン酎ハイも、炭酸がよく効いていてさっぱりと旨い。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

まだまだ食べますよ、ということでこちらが「ねぎ塩上ハラミ」759円(税込)。牛のハラミとは横隔膜の筋肉部位のことを指し、程よく脂がのっていて弾力があります。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

それでは一口頂きます。赤身に近い食感で、程よく弾力がありながらも硬すぎることもなく食べやすい。噛みしめるとお肉本来の旨味や甘みが感じられます。またねぎ塩の風味が全体を良いバランスで纏めています。カルビなどと較べるとあっさりとしているので、胃にも負担が少なく女性にも人気とか。ハラミは牛1頭から2キロほどしか取れない貴重な部位でもあります。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

そろそろ〆のお肉ということで、こちらが「豚カルビ」429円(税込)。今回まだ豚肉は食べていなかった、ということで〆はこちらの豚カルビで。綺麗な色目の上質そうな肉厚お肉が登場。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

どんどん焼いていきますよ。すでにコンロも熱くなっているので、すぐに火が通ります。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

いい感じに焼き色がついてきました。豚肉は牛肉よりも、若干しっかり目で焼きます。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

それでは一口頂きます。しっかりと脂ののった豚カルビで、柔らかいながら適度な歯ごたえも残しています。野菜に巻いて食べても、これまた美味。〆焼き肉としても食べごたえがあって、卵かけ御飯と一緒に頂くと〆の満足感が味わえます。

肉の夜市 大曽根店」今回初めてお邪魔したのですが、牛肉卸業者が経営するだけあて、お肉がとっても新鮮でお値打ち。2人でお腹一杯食べて飲んでも(アルコール飲み放題は1人)2人で6,700円程と、焼肉店としてはリーズナブル。

ロボットが料理を運んできてくれたり、タブレットで注文ができるのも便利。まだまだ食べていないお肉も沢山あるので、また機会を見てお邪魔したいと思います。(^_^)v

肉の夜市

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。