牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」初来店~松坂牛カーテンロースが500円、釜炊きの卵かけ御飯が味わえる~500円で飲み食べ放題メニューも~(緊急事態宣言前に来店)

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

(緊急事態宣言、適用前に来店)

焼肉大好きって方、きっと多いことでしょう。そんな自分もお肉大好きなのですが、地元大曽根駅近くにある牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店肉の夜市 大曽根店」に初来店してきました。

以前、テイクアウト&デリバリーにてお弁当を注文したことはあったのですが、そのお弁当がとても美味しかったので、一度お店の方にお邪魔したかったんです。

焼肉のお店「肉の夜市」がお弁当配達を始めたので、「松阪牛ロース重」「霜降り牛タン丼」をオーダーしてみた~

こちらがお店の入り口。場所は大曽根駅前から3分ほど歩いた真新しいビルの1階。場所は「愛知県名古屋市北区大曽根3-17-27 / 052-325-7970」。大曽根駅からも直ぐの場所で、隣には「瀬戸信用金庫 大曽根支店」があります。

スポンサーリンク

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

入り口の横には大きなメニュー看板も。写真と値段が付いたメニューが入り口にあると、お店にも入りやすくていい感じ。釜炊きごはん、卵、食べ放題、そそられます。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

店内はこんな感じ。1フロアの広い店内で最大70名の宴会にも対応。全席禁煙(喫煙スペースあり)。営業時間「月~木・日・祝日・祝前日:17:00~23:00 / 金・土:17:00~翌1:00」(コロナ禍変更あり)。椅子の下に荷物や洋服を入れておけるので、持ち物に匂いが染み付く心配もありません。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらがメニュー。最初に定員さんが説明に来て下さいますが、基本はテーブルに設置されたタブレットで注文。入場料1人500円にて「ソフトドリンク・ご飯・酢飯シャリ(大曽根店は卵)」が付いて来ます。

またお酒を沢山飲みたい方は「入場料1人500円+1,000円=1,500円(100分飲み放題)」というメニューも。3杯以上お酒を飲む方は、こちらの方がお得に。自分はこちらのセットメニューを注文することに。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

A5ランク黒毛和牛から生タンまで、お肉の種類も盛り沢山。さすが牛肉卸業者が経営するお店だけあって、価格もお値打ち。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

カルビ、鶏ちゃん、ホルモン、ユッケなども。鶏好きな自分としては、鶏ちゃんがあるのも嬉しい。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

生野菜やお漬物、盛岡冷麺、とろとろ牛タンカレーなども。とろとろ牛タンカレーが539円で頂けるのも魅力的。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが注文する為のタブレット。各テーブルに1個置いてあります。いわゆる回転寿司店形式で、注文方法も判りやすい。最初にこちらから「セルフアルコールバー」「ドリンクバー」など選択して注文。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが「釜炊きごはん」。一番最初に店員さんが持ってきてくれて、タイマーをセット。20分程で炊きあがります。釜炊きごはんと卵だけで、もうご馳走ですよね。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

岐阜県産の幻の米ハツシモを使用。こちらの大きな釜でも御飯を炊いているみたい。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらがドリンクや卵などのセルフコーナー。卵も食べ放題というのも嬉しい。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが生ビールの自動ビールサーバー。2にビールジョッキを置くと、自動で斜めになって、3から生ビールが注がれます。時代は進化していますね。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

ということでまずはこちら生ビールで、かんぱーい!^^自動ビールサーバーということで、泡の調整がちょっと難しい。(斜めに注ぐので泡が立ちにくい)

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらがテーブルのガスコンロと換気扇。換気扇も各テーブルに1つずつ付いているのですが、これがまた凄い吸引力。ほとんど周りに煙が立ち込めず、とても焼肉店とは思えない感じ。お客さんに女子の方々が多かったのも頷けます。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが特性のこだわり「タレ」。「焼肉たれ」「レモンたれ」「味噌たれ」の3種類が揃っています。とくに焼肉たれはこだわり抜いた甘辛ダレで、ご飯によく合い、肉の旨さを引き立ててくれるとのこと。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

左から「焼肉たれ」「レモンたれ」「味噌たれ」。お肉の種類に合わせて、色んなたれで味わうことができるのも嬉しい。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

タブレットにて通知音とともに「もうすぐお料理が到着いたします。」との表示がされました。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらのお店「肉の夜市」では、こちらの配膳ロボットがテーブルの近くまで料理を運んでくれます。テーブル脇の細い道までは入ってこれませんが、主な通り道まで届けてくれるので、自分で取りに行きます。配膳ロボット頭脇にあるセンサーをなでると、自分で戻っていきます。いやいや凄い時代となりました。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが最初のメニュー。「厚切りカーテンロース」「鳥焼き肉もも」「鳥焼き肉せせり」。1人前でも結構なボリュームがあります。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

そして凄いのがこちらの「厚切りカーテンロース」。このサイズ&質感の素晴らしさは、やはり牛肉卸業者ならでは。見た目のインパクトも凄くて、猛烈にお腹が空いてきました。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

そうこうしているうちに、釜炊きごはんも炊きあがりました。見た目もふっくらつやつやで、とっても美味しそう。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

ガスコンロに牛脂をぬって、厚切りカーテンロースから。一気に広がる煙と香り、ジューという音が堪りません。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

良いお肉はすぐに焼けてしまうので、お皿に取り分けつつ焼いていきます。お肉を焼きながら写真も撮るのは、なかなか難しい。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

それでは焼肉たれをつけて、一口頂きます。お肉は肉厚ながらも、とってもジューシーで柔らかい。程なく口の中で溶けていきます。脂の甘みとお肉の旨味、そこに焼肉たれの濃厚な風味が加わり、至極の味わいに。生ビールと一緒に流し込んだら、もう最高の一時が味わえます。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが「鳥焼き肉もも」今回は味噌味を選択。鶏肉も肉厚、下味がちゃんと浸けられているので、レモンたれで頂くとさっぱりとして旨い。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

鶏ちゃんのいいお肉バージョンといった味わいで、お肉の程よい弾力と甘辛い味噌風味とのバランスが絶妙。鶏肉好きな自分としは、大満足の一品。

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」

こちらが「釜炊き卵かけ御飯」。卵も濃厚で、1個割り入れただけでこんな感じに黄色くなります。これがまた焼肉とめちゃくちゃ合うんですよね。焼肉が濃厚な味わいなので、サラッと食べられる卵かけ御飯がより美味しく感じます。ご飯の粒も一粒ずつ立っていて、釜炊きはやっぱり違うなーと実感。

ということで長くなってきたので、この続きはまた次回…。

↓続きはこちらから↓

牛肉卸業者が経営する新しい形態の焼肉店「肉の夜市 大曽根店」初来店~釜炊きの卵かけ御飯から特上カルビ、ねぎ塩ハラミなど~500円で飲み食べ放題メニューも~(緊急事態宣言前に来店)

肉の夜市

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。