[今週の気になる]「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!マスクをしたままFace IDロック解除するには?iPhoneでの設定方法など~

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

Appleが先日開催したスペシャルイベント「Spring Loaded」に続いて、先日iPhone向けにiOS 14.5、Apple Watch向けにwatchOS 7.4が正式リリースされました。

今回のアップデートで一番話題となっているのが、iPhoneとApple Watchを組み合わせて使うことで、マスクをしたままでもiPhoneのFace IDのをロック解除できるという新機能。

このご時世、マスクは必需品となっており、Face IDしか搭載していないiPhoneでは、便利になるはずのFace IDが逆に不便になってしまう、という逆転現象が起きています。

その対策として今回アップデートされたのが、Apple Watchを使ってFace IDをロック解除させるという新機能。この新機能はデフォルトでは無効化されており、最初にiPhone側で設定変更を行う必要があります。

今回、自分のApple WatchもwatchOS 7.4にアップデートできたので、マスクをしたままFace IDをロック解除する為の設定方法を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

まずはWatchアプリから「一般」「ソフトウェア・アップデート」をタップ。

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

こちらのwatchOS 7.4アップデート内容が表示されるので、下方の「ダウンロードとインストール」をタップ。ちなみに自分のApple Watchは「Series 3」ということもあり、最初は「3.0GB以上の空き容量が必要です」と表示され、何回再起動してもアップデートが出来ませんでした。

最終的にはApple Watch「ペアリング解除→ペアリング再接続」することで容量が増えて、watchOS 7.4にアップデート出来た訳ですが、この辺りは意外と面倒だったので、また別途詳しく解説する予定。(続きとして、別コラムにて)

空き容量が少ない「Apple Watch Series 3」にて「watchOS 7.4(.1)」をインストールする方法~

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

・マスクをしたままFace IDロック解除するには?iPhoneでの設定方法など~

無事にwatchOS 7.4にアップデートできた訳ですが、そのままではこの機能を使用することができません。最初にiPhone側で設定をする必要があります。

まずはiPhone「設定」に入り、中程にある「Face IDとパスコード」をタップ。

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

画面中程に「APPLE WATCHでロック解除」というカテゴリがあるので、「〇〇さんのApple Watch」右のスライドをオン(→緑)に。

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

そうするとこちらの説明書きが出てくるので、右側の「オン」をタップ。

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

「〇〇さんのApple Watch」がオン(→緑)状態となり、設定完了。

Apple Watch側では特別な設定は必要ありませんが、パスコード保護が有効化されている必要があります。Watchアプリを起動「パスコード」画面上部に「パスコードをオフにする」「パスコードを変更」と表示されていればOK。「パスコードをオンにする」が表示されている場合はタップして、有効化しましょう。

「Apple Watch watchOS 7.4」を正式リリース!

・マスクをしたまま、Apple Watchを身に着けて、Face IDロック解除を試してみた~

それでは実際に新機能が動作するか?マスクをしたまま、Apple Watchを身に着けて、Face IDロック解除を試してみることにしましょう。

マスクを着用した状態で初めてFace ID対応iPhoneのロック解除を行うと、最初にパスコード入力が求められます。マスクとApple Watchを身に着けて出かける前に、まずは一度パスコード入力をしておきましょう。

次回からは、Apple Watchにロック解除通知が届くと同時に、iPhoneのロックが解除されます。Apple Watch側では、振動でもロック解除を知らせてくれます。動作もとってもスムーズで、通常のFace IDを使うのと変わりありません。

通知画面には「iPhoneをロック」というボタンも用意されており、意図しないロック解除が行われた場合、このボタンをタップすればすぐに画面がロックされます。

こちらが実際に使用している方の簡易ビデオ。こんな感じで動作もとってもスムーズ。この方は顔の前にApple Watchを持ってきていますが、わざわざそうしなくてもiPhone画面を顔の前に持ってきて画面をスライドしてやれば、すぐにロック解除されます。

ただし、1点だけ注意点があります。この機能は、端末のロック画面を解除する以外では使用できません。パスワード自動入力やApple Pay認証などには対応していないので、その場合には、顔認証又はパスコード入力が必要となります。この辺りはちょっと残念なポイントですが、セキュリティ的には仕方ありませんね。

それでもこれまでのことを思えば、マスクをしたままで画面ロック解除ができるだけでも大きな進歩。本音を言えば、早く指紋認証をつけて欲しいところですが(次期iPhoneでは装備されるとの噂も)自分はまだしばらくこちらのiPhone12 miniを使う予定なので、外出時には大いに役立ってくれそうです。(^_^)v

Apple

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。