愛知県産しらす100%使用した「生しらすのくぎ煮」を御飯のお供に&アテにして飛騨高山の本格いも焼酎「ひだじまん 倉」を嗜む~

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

先日、久しぶりに家族皆で愛知県蒲郡まで1泊家族旅行に行ってきたのですが、自然から料理まで全てが素晴らしく、大満足の旅となりました。同じ愛知ということで地元名古屋からでも1時間ほどで行けますし、あらためて愛知の裾野の広さを感じることに。

愛知県蒲郡マリーナベイに建てられた近未来の王宮「ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」初体験!絶景のマリーナベイサンセットや本格中国料理に感動しまくり~

そこで朝食に出てきた三河の佃煮がとっても美味しかったので、お土産として購入してみました。それがこちらの愛知県産しらす100%使用した「生しらすのくぎ煮」。今回は御飯のお供として、またお酒のアテとして味わってみたので、ご紹介してみたいと思います。

こんな感じのパッケージに入っています。内容量「60g」。愛知県産のしらす(いわし稚魚)を醤油、砂糖、味醂、生姜などで煮付けた昔ながらの佃煮。

スポンサーリンク

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

中身はこんな感じ。ビニール袋できちんとパッケージされています。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

小皿に盛り付けてみました。飴色に輝いていて、とっても美味しそう。炊き上がりの飴色に輝く姿が釘のように見えることから「くぎ煮」と名付けられたそう。鮮度良く炊いているから小さなシラスながらも身崩れなく、ぷっくりとした仕上がりになるとのこと。

愛知県渥美外海から三河湾は、黒潮の流れに乗って、シラスの群れが来遊する全国でも屈指の好漁場。朝一で水揚げされあピチピチのシラスを、特製調味ダレでじっくりやわらかく炊き上げたのがこちらの「生しらすのくぎ煮」となります。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

それではまずは白御飯のお供として、味わってみることにしましょう。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

ご飯の上に乗せるとこんな感じ。ご飯に温められて、香ばしいく甘い香りが漂ってきます。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

それでは一口頂きます。口の中でほろりと崩れる食感と特製ダレのコクのある甘じょっぱさが、炊きたてご飯の甘みをより引き立ててくれます。生姜の風味が効いているので、より食欲を掻き立てられ、自然とお箸がすすみます。このままお代わりで「お茶漬け」にしても二度美味しいこと間違いなし。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

お酒のアテとしても味わったのですが、その時に頂いたのがこちらの飛騨高山の本格いも焼酎「ひだじまん 倉」。この芋焼酎がとっても自分好みで美味しかったので、こちらも合わせてご紹介したいと思います。

こんな感じの高級そうな外箱に入っています。岐阜県高山市にある「株式会社老田酒造店」が製造元。「オオクラ株式会社」が販売されています。老田酒造店は、あの有名なお酒「鬼ころし」の製造元としても有名。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

中身を取り出すとこんな感じ。こちらの「ひだじまん 倉」は飛騨地方唯一の芋焼酎で、地元で栽培された「黄金千貫」を使用しています。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

内容量「720g」。アルコール度「25度」。芋、米こうじ(国産米)、芋は地元で栽培された「黄金千貫」を使用。芋焼酎というと宮崎や鹿児島など九州産のイメージが強いですが、飛騨高山の芋焼酎は初体験なので、とっても楽しみ。

愛知県産しらす100%使用「生しらすのくぎ煮」飛騨高山本格いも焼酎「ひだじまん 倉」

それではグラスに氷を入れて、ロックで頂きます。まず口に含むと、すぐに口いっぱいに芋の芳醇な香りが広がります。その後に芋の自然な甘さと旨味が感じられます。喉越しはとっても柔らかくて、クセがなくて呑みやすい。

芋焼酎ならではのクセが苦手という方でも、クセが少なくて喉越しが柔らかいので、きっと気に入るはず。これまでにも色んな銘柄の芋焼酎を呑んできましたが、飛騨高山産の芋焼酎がこんなに呑みやすくて旨いとは、ちょっと意外。さすがあの有名な日本酒「鬼ころし」を長年製造販売している老田酒造店が作っているだけのことはあります。

「生しらすのくぎ煮」をアテに呑むと、これまた甘さと塩っぱさが加わって、もう手に持つ箸とお酒が止まりません。シンプルながらも奥深さを感じさせる組み合わせで、幸せな一時を味わえました。

この組み合わせとても気に入ったので、また機会を見て味わってみたいと思います。(^_^)v

株式会社老田酒造店

スポンサーリンク


コメントは受け付けていません。