[今週の気になる] Apple 4/21日開催のスペシャルイベント「Spring Loaded」にて、「新型iMac」「iPad Pro(2021)」「AirTag」などを発表!M1チップ搭載、薄さ11.5mm、7色カラーの新型iMacはちょっと気になる~

Apple 4/21日開催のスペシャルイベント「Spring Loaded」にて、「新型iMac」「iPad Pro(2021)」「AirTag」などを発表!

(画像はAppleサイトより抜粋)

Appleが日本時間2021年4月21日深夜に開催されたスペシャルイベント「Spring Loaded」にて、またまた新しいガジェットを発表してくれました。今回は以前から噂されていた「新型iMac(2021)」が、フルモデルチェンジにて新登場

思えばiMacも長いことモデルチェンジしていなかったので、先日のMacBookに続けとばかりに大幅刷新されたモデルとして登場。今回のモデルには、MacBook同様にM1チップ搭載、薄さ11.5mmというまるでiPadを大きくしたようなスタイリッシュなデスクトップに仕上がっています。

一昔前、スティーブ・ジョブズが発表して世間を驚かせた初代iMacを彷彿とさせるようなカラフルな7色カラー「グリーン、イエロー、オレンジ、ピンク、パープル、ブルー、シルバー」から選ぶことができます。

今回のカラフルな新型iMacは、自分的には初代iMacを思い起こさせるものですが、初代iMacを知らない若い人たちからしたら、逆に新鮮に映るのかも。久しぶりに1998年に発売された初代iMacの画像を見てみましたが、23年という時の流れとテクノロジーの進化を感じずにはいられません。

この薄いボディには「4.5Kディスプレイ」「M1チップ」「6スピーカーシステム」などの高機能テクノロジーが満載。自分が現在使用している「M1 MacBook Air」でも快適なので、新型iMacならば、それなりに負荷のある作業でも問題なくこなしてくれそう。

ちなみにCPUパフォーマンスが最大85パーセント高速になっており、GPUパフォーマンスは、Affinity PhotoやPhotoshopといった特定のアプリケーションでは最大で2倍速くなっているとのこと。

Final Cut Proでは、4Kビデオストリームを最大で5本、8Kビデオストリームなら1本を、1フレームも落とさずに編集可能。これはクリエイターにとって大きな武器になりそう。

とかなり魅力的ではあるのですが、ディスプレイ一体型のiMacは、使わなくなった(新機種に買い替えた)時に対処に困るのも事実。そういった意味でも、初めてMacを使う、長く使い続けたい、在宅メインで使う、という方にお薦めしたいモデルかなと思います。

スポンサーリンク

Apple 4/21日開催のスペシャルイベント「Spring Loaded」にて、「新型iMac」「iPad Pro(2021)」「AirTag」などを発表!

また以前から噂されていた「iPad Pro(2021)」も新登場。M1 Macと全く同じM1チップを搭載。A12Z Bionicと比べてCPU性能は最大50%高速化、GPUパフォーマンスは最大40%高層化されているとのこと。

M1チップを搭載したことにより、メモリ(RAM)は最低でも8GB、1TB、2TBモデルには、16GBのメモリが搭載されているらしい。ついにiPadにも16GBのメモリが搭載されるようになって、益々PCとタブレットの境目がなくなっていく感じ。

自分は2018年より「iPad Pro 11インチ(初代)」を愛用していますが、まだまだバリバリ快適に動くので、買い換える予定はなし。iPadも全体的にかなりハイスペックになってきたし、価格もそれなりに高価なので、さすがに毎回買い換える人も少なそう。

MacBookとiPad Proが同じM1チップを搭載するようになると、どちらを選ぶかで悩む人も出てきそうですね。まぁ同じM1チップを搭載していても、用途や使い勝手は全く異なるので、どういったシチュエーションで使うのか?がどちらを選択するかの分かれ目になりそう。

iPad Proは素晴らしいガジェットだと思いますが、100%PCの代わりにはならないので、あらゆる場面でフル活用したいという方には、MacBook(Air)の方がお薦めかも

Apple 4/21日開催のスペシャルイベント「Spring Loaded」にて、「新型iMac」「iPad Pro(2021)」「AirTag」などを発表!

また今回、紛失防止タグ「AirTag」も発表されました。キーや鞄に取り付けておけば、「探す」ネットワークを利用して、モノの現在地を追跡・把握することが可能となります。

よく家の鍵を紛失する、財布が見つからない、など貴重品が見つからなくなって困る方は、紛失防止タグ「AirTag」を利用することで、そうした心配から開放されます。

価格 / 1パック=3,800円(税込)4パック=12,800円(税込)
無料刻印サービスも利用可能

さすが見た目もお洒落でいい感じですが、1個3,800円(税込)はちょっとお高い気も。まぁでも同じような機能を持ったガジェットと較べると、デザインの秀逸さでは断トツ「AirTag」が勝っているので、アクセサリーを購入したと思えば、悪くないのかな。

今回のスペシャルイベント「Spring Loaded」。色んな意味で斬新なAppleらしいガジェットが沢山登場してきて、久しぶりにワクワクする面白いイベントだったような気がします。

この他のメーカーにはない独自路線こそが、まさにジョブズライクなAppleらしいところ。新型iMac(2021)など発売されたら、また家電量販店などで実物を触ってみたいと思っています。(^_^)v

Apple

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。