大人気で予約がなかなかとれない和食店「賛否両論 名古屋」にて、独創的な創作和食料理を味わってきた~

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

2004年「万人に好かれなくていい。自分の料理とやり方を好きだと言ってくれる人が来てくれれば…」そんな想いから「賛否両論」と名付けられた18席の小さな店が、恵比寿駅から徒歩15分、静かな住宅街にひっそりと誕生。

それから17年余り、現在では「恵比寿」「名古屋」「金沢」に直営店を持つ、有名店となりました。店主兼経営者でもある笠原将弘氏は、あの有名店「正月屋吉兆」で9年間修業後、実家の焼鳥店を継いだ後、2004年9月、恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。

「腕・舌・遊び心」をモットーに、父親譲りのセンスと一流料亭で磨いた確かな技術で今日も腕を振るっています。

そんな大人気で予約がなかなかとれない和食店として有名な「賛否両論 名古屋」に、今回訪れる機会があったので、ご紹介してみたいと思います。

こちらがお店の外観。名古屋市千種区池下から徒歩4分ほどの場所に位置する「NAGOYA CENTRAL GARDEN」の中にある1店舗で、周りは木々に覆われた閑静な住宅街。並びには「MASION KAYSER」や「LA BETTOLA」「FORTISSIMO H」「成城石井」などが立ち並び、いつも多くの人々で賑わっています。

こちらの「LA BETTOLA」には昨年9月頃お邪魔したのですが、今回の「賛否両論 名古屋」は初来店。大人気で予約がなかなかとれないお店ということで、期待も膨らみます。

イタリアンの巨匠、落合シェフのお店「LA BETTOLA da Ochiai NAGOYA(ラ・ベットラ・ダ・オチアイ ナゴヤ)」にて、個性溢れる「イタリアンフルコース(スイーツ食べ放題)」を味わってきた~

スポンサーリンク

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらがお店の中庭。ちょうど紅葉の季節だったこともあり、木々がいい感じに色づいて鮮やか。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

今回はこちらの個室にての会食。人数もそれなりにいたこともあり、こちらの個室をご用意下さいました。全体に赤をモチーフにしたセッテイングもお洒落。

座席「44席(カウンター12席、テーブル12席、個室8席、和室12席)」営業時間「ランチ11:30~13:30~」「ディナー18:00~(ラストオーダー/21:30)」定休日「月曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)」電話番号「052-753-7677」となっています。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「メニュー」。ランチとディナーコースに分かれており、メニュー構成はこんな感じ。ランチだと3,900円から、ディナーでも9,500円で独創的な創作和食料理が味わえるというのは嬉しい。大人気で予約必須というのも納得。

【ランチ】
おまかせコース … 3,900円
(料理4品、お食事、デザート2品)デザートは6種類から選べます。

おまかせコース … 6,900円
ランチのおまかせコースにはワンドリンクが付いています。

【ディナー】
おまかせコース … 9,500円 
(料理7品、お食事、デザートお好きなだけ)
※こだわり食材をちりばめた内容です。

おまかせコース … 6,900円
(料理6品、お食事、デザートお好きなだけ)

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「ドリンクメニュー」。ドリンクもビールから日本酒、ワインまで各種揃っています。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

まずはこちら「生ビール」にて乾杯!^^

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが最初の一品目「牡蠣の和風ジュレ和え」。(今回お品書きがなかったので、正確な名前は異なるかも)この牡蠣のジュレが抜群に美味しかった。牡蠣はしっかりと歯ごたえもあり濃厚。そこに和風テイストのジュレが絡んで、口の中で旨味が溢れます。ビールとの相性も抜群。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「えび芋の唐揚げ」「海老すり身の春巻き」。えび芋の唐揚げは、まわりがサクッ中がふんわりで、えび芋の食感が堪りません。とっても優しい味わいに、塩とレモンがベストマッチ。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

海老すり身の春巻き」は衣はサクサク、中はしっとりと柔らかく、噛みしめるたびに海老すり身の風味が染み出してきます。素材の良さを十分に活かした料理に仕上がっています。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「柚子と枝豆真丈のお碗」。見た目も鮮やかで食べるのがもったいないほど。とっても上品で優しい味わい。真丈の柔らかい食感と他の具材とのコンビネーションが抜群。後から香る柚子の風味も爽やかで素晴らしい。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「お刺身お造り」。見るからに上質な鮪と白身のお魚(何の白身だったかな?)が添えられています。どちらもネタが新鮮で間違いない美味しさ。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらがお刺身と一緒に付いてきた「つけダレ」。きのことごま油などを合わせたつけダレとのことで、これもまた珍しい。白身魚に付けて頂くとまた格別。お刺身がまた一段格上げされた感じで、旨味がより増して美味。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「ノンアルコールシャンパン」。最近はこんな感じのノンアルコールシャンパンもあるのですね。風味もシャンパンそのもので、普通に美味しかった。飲めない人も乾杯気分を味わえていい。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「鰤(ぶり)の煮付け、きんぴら添」。この鰤の煮付けがまた絶品。見た目も完璧で美しい。甘辛いタレで煮込まれた鰤は、柔らかいながらも適度に歯ごたえを残しており、絶妙な煮込み加減に仕上がっています。どこまでも上品で優しい味わい。

添えられた「きんぴらごぼう」も、適度に歯ごたえを残しつつ優しい味わい。出汁とタレが染み込んだその味わいに、もうお箸が止まりません。個人的には、今回の料理の中で一番といっていいかも。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「かぼちゃの茶碗蒸し」。こちらも見た目が鮮やかな創作和食料理。色鮮やかな見た目とは異なり、味わいは意外とあっさりとした仕上がり。かぼちゃの風味が後からじんわりとくる感じで、これまたとっても上品な味わい。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

そろそろ〆料理ということで、こちらが「鯛めし」。こんな感じに釜ごと炊いた鯛めしを、わざわざ定員さんが見せに来てくれました。それぞれお茶碗によそって頂きます。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが〆の「鯛めし」「赤だし味噌汁」「お新香」。それぞれに器も凝っていてお洒落。料理って器も大切な魅力の一つですからね。そういった意味でも料理ごとに様々な器が楽しめて嬉しい。(陶器好きとしては特に)

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

鯛めし」を頂きます。ご飯はふっくらと炊き上げられ、噛みしめる度に鯛の風味が口の中に広がります。あっさりと上品な味わいながらも、鯛めしとしての主張は忘れていない、そんな逸品。やっぱり釜で焚いたご飯は格別ですね。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

最後の〆ということで「デザートメニュー」。今回のコースは、こちら6種類の中から好みのデザートを選択できます。全部1個ずつというのもOKということで、スイーツ好きには堪らないコース。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

とりあえず全部頼んでみました。(自分が全部食べた訳ではありません)お盆一杯にスイーツが並び、彩り鮮やかで〆に相応しい見栄えに。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

自分が頂いたのが、まずはこちら「とり将プリン」。表面のカラメルのサクサク感と、中のプリンのとろーり感のバランスがいい感じ。甘さも控えめで食べやすく、ペロリと完食。

創作和食料理「賛否両論 名古屋」

こちらが「きなこアイス」。きなこ風味のアイスクリームに、みたらし風味の甘じょっぱいたれが掛かっています。甘さと塩っぱさのバランス加減が絶妙で、まさにこれぞ和洋折衷スイーツといった感じ。最後の〆に相応しいスイーツを頂けて大満足。

賛否両論 名古屋」今回初めてお邪魔させて頂いたのですが、さすが予約がなかなかとれない大人気店というだけあって、個性的な創作和食は天下一品。しかもディナーコースでも1万円を切る価格というのは素晴らしい。また店員さんの対応もとっても丁寧で、好感が持てました。さすが人気店となるはずですね。

また機会があったなら、訪れてみたいと思います。(^_^)v

賛否両論 名古屋

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。