コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」のオリジナル食材を使って、「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」パスタを作ってみた~前菜に「生ハムの旨たれ添え」も~

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

コーヒーと輸入食品の専門店KALDI」。自分がいつも訪れるショッピングモールに入っていることもあり、常連といっていい程通っているお店。珈琲はもちろんのこと、様々な輸入食材を取り扱っており、店内を見て周るだけでも楽しい。

そんな「KALDI」のオリジナル食材の中でも、常に人気を誇るのが「生ハム(切り落とし)」と「生パスタ」。今回はそんな人気アイテムに加えて、先日初めて見つけた「クリーム白トリュフパスタソース」を使った「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」パスタと前菜に「生ハムの旨たれ添え」を作ってみようと思います。

こちらが「生パスタ フェットチーネ」と「クリーム白トリュフパスタソース」。パスタソースは2袋入りで180円位だったかな。フェットチーネは1袋110円ほど。こちらのフェットチーネはコロナ禍の影響か?この処入手しずらかったのですが、やっと最近店頭に並ぶようになりました。

クリーム白トリュフパスタソース」は今回初めて見かけたので、新商品なのかな?家でも手軽に白トリュフ風味のパスタが味わえるなんて、ほんと良い時代となりました。

スポンサーリンク

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

こちらが常に大人気の定番商品「生ハム(切り落とし)」。1袋270円ほどで売っていることが多い。見た目以上に内容量も入っていて、そのままで食べても料理に使ってもOK。我が家でも定期的に購入している定番商品。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

こちらがまたまた大人気のドレッシング「サラダの旨たれ」。価格は400円ほど。豊かなゴマの香りとにんにくの旨みが香るドレッシング。サラダはもちろんのこと、お豆腐に掛けたり、炒め物調味料として使っても旨い万能たれ。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

・「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」パスタを作ってみる~

食材:生パスタ フェットチーネ、生ハム、小松菜
調味料:オリーブオイル、塩胡椒、刻みにんにく、クリーム白トリュフパスタソース、粉チーズ

まずは「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」を作る下準備から。まずは「小松菜」2,3本を一口大にカット。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

生ハムも一口大にカット。お好みでもう少し細切りにしても構いません。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

同時に「生ハムの旨たれ添え」用として、生ハムもお皿に並べておきます。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

適量塩を入れた熱湯が湧いたら、フェットチーネを投入。1人前は「110g」。湯で時間は「5分」が目安。このフェットチーネは、生パスタながら賞味期限が長持ちするのも良いところ。(1月購入=4/21日までOK)

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

よく熱した鍋にオリーブオイルと刻みにんにくを入れ、そこに小松菜を投入。軽く塩胡椒。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

こちらが「クリーム白トリュフパスタソース」1人前分。1人前ずつ小分けになっています。袋に書かれている作り方では、茹でたパスタにそのままかけてとありますが、自分は先に具材と絡めてつくることに。(その方が全体的に旨味が増しそうなので)

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

小松菜がしんなりとしてきたら、そこにカットした生ハムとクリーム白トリュフパスタソースを投入

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

タイミングを見計らって茹で上がったパスタを、そのまま鍋の中にに投入。すぐに火を止めて、手早く全体を絡めます。生ハムに塩気があるので、パスタはそのままでOK。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

こんな感じに全体が絡んだらOK。パスタや生ハムに火が通り過ぎると美味しくなくなるので、必ず火を止めてから全体を絡めるようにしましょう。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

後はそのままお皿に盛り付けて、お好みで粉チーズや黒胡椒を振りかけて、「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」の完成。見た目も色鮮やかでいい感じに仕上がりました。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

お皿に盛り付けておいた生ハムにも「サラダの旨たれ」を振りかけます。お好みで黒胡椒とマヨネーズなども。ここにカットしたアボカドなどを添えてやると、見た目が映えて更にベストかも。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

ではまずは前菜の「生ハムの旨たれ添え」から頂きます。KALDIの「生ハム(切り落とし)」は定番大人気商品だけあって、間違いない美味しさ。そこにこれまた人気の「サラダの旨たれ」を足すことで、胡麻とにんにくの香りが重なり合い、より生ハムの旨さが際立ちます。本当はここにアボカドもあったなら完璧かも。麦酒やワインのお供にも最高の一品。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

それではメインの「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」を頂きます。まずはフェットチーネをフォークに絡めて一口。すぐに白トリュフの濃厚な香りが鼻に抜けていきます。お手軽なレトルトソースでもちゃんと白トリュフの香りが引き立つのは流石の出来栄え。麺のフェットチーネも程よく歯ごたえを残しており、噛みしめる度に旨さが口の中で広がります。

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」「生ハムと白トリュフのフェットチーネ」

軽く火が通った「生ハム」と一緒に頂くと、生ハムの塩気がいい塩梅に効いていて、これまた美味しさ倍増。白トリュフソースとのコンビネーションも抜群で、双方向の香りと食感が楽しめます。

クリーム白トリュフパスタソース」お値打ち価格な割にはとっても美味しかったので、これはリピート確定。また次回は何か別のバージョンに挑戦してみようかな。(^_^)v

コーヒーと輸入食品の専門店「KALDI」

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。