世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」を購入~「PD対応 30W USB-C 急速充電」ということで、M1 MacBook Airで使えるか試してみた~

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

先日、我が家にやってきた「Apple M1 MacBook Air ゴールド(8GB/256GB)」。サブPCという形で愛用している訳ですが、とくに大きな不具合もなく日々快適に使用しています。

ついに我が家にやってきた!「Apple M1 MacBook Air ゴールド(8GB/256GB)」美しくて速いラップトップの誕生!開封の儀からベンチマークテストまで~

そんなコスパ最高のラップトップ「M1 MacBook Air」ですが、Type-Cポートにて充電できるのは嬉しいのですが、純正のACアダプターが思いの外大きく、持ち運び時にはちょっと邪魔になりそうな感じ。

ということで以前から気になっていた世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」を購入してみることに。

こんな感じのシンプルなパッケージにて到着。ANKERカラーのホワイト&ブルーがいい感じ。昨年には下記のAnker製ワイヤレス充電器も導入しています。

Amazonベストセラー1位のワイヤレス充電器「Anker PowerWave 10 Stand(改善版) Qi認証」を購入してみた~iPhone12 miniとの相性はどんな感じ?

スポンサーリンク

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

内容物はこんな感じ。「Anker PowerPort Atom III Slim」「取扱説明書」「保証書(最大24ヶ月保証)」が同封されています。シンプルながらもきちんと梱包されていて好印象。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

こちらが「Anker PowerPort Atom III Slim」本体。全体サイズ「横7.6×縦4.5×厚1.6cm」重量「約57g」ということで、思っていた以上に薄くて軽い印象。カラーはブラックとホワイトがありますが、お値打ちなブラックを選択。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

裏面はこんな感じ。折畳式プラグなので、持ち運び時にも邪魔になりません。「入力:100 – 240V~1.2A 50 – 60Hz」「出力:5V=2.4A / 9V=3A / 15V=2A / 20V=1.5A」となっています。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

こちらがPower IQ 3.0搭載のUSB-Cポート。USB-C対応機器へ幅広く対応し、最大30Wの高出力によるフルスピード充電が可能。USB Power Delivery、Qualcomm Quick Chargeなどの充電規格と互換性があり、多くのガジェットで使用可能。

最大30Wの高出力によるフルスピード充電が可能ということで、MacBook AirやMacBook 12インチにも対応。MacBook 12インチであれば、約2時間でフル充電可能とのこと。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

折畳式プラグを立ち上げるとこんな感じ。次世代パワー半導体素材「GaN(窒化ガリウム) 」を採用、発熱を抑えた高効率充電が可能。それゆえにこのサイズ感ながら、最大30Wの高出力が可能となったというわけ。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

横から見るとこんな感じ。厚1.6cmと本当に薄い。これはもうACアダプターという概念をちょっと塗り替えるイメージかも。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

「iPhone12 mini」と並べてみるとこんな感じ。較べているのがiPhone12 miniということで、そのサイズの小ささがお判り頂けるかと思います。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

こちらがM1 MacBook Air純正のACアダプターと較べてみたところ。厚みが全然違いますね。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

真上から見たところ。縦幅は若干長めですが、実際手に持つと、その大きさの違いは一目瞭然。「M1 MacBook Air純正ACアダプター=重量99g」「Anker PowerPort Atom III Slim=重量約57g」と重量も大きく異なります。このサイズ感ならば、外出時に持ち歩くのも気にならないでしょう。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

それでは実際に「M1 MacBook Air」にて充電をスタートしてみることに。まずは純正ケーブルをUSB-Cポートへ接続します。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

コンセントに差し込むと、LEDライトが青く点灯しました。コンセントの向きによっては他と干渉してしまうので、その点は注意が必要かも。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

「M1 MacBook Air」のUSB-Cポートに繋ぐと直ぐに、ポンという音とともに充電がスタート。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

電池マークを見てみると、ちゃんと稲妻マークが付いています。とくに問題なく充電が開始されている模様。

・「M1 MacBook Air」を使って、充電容量を計測してみた~

それでは実際にどのくらいの時間でどの程度充電されるのか?M1 MacBook Airを使って検証してみることにしましょう。残量49%から10分おきに計測してみた結果がこちら。

10分 49%→54%
20分 →60%
30分 →66%
40分 →74%
50分 →79%
60分 →85%
70分 →91%
80分 →95%
90分 →98%
100分 →99%
110分 →99%
120分 →100%

といった計測結果となりました。この結果から見ると「10分=6~7%」「1時間=36%」ほどの充電が出来ている感じ。満充電100%手前ではちょっと充電が遅くなりがちですが、体感的には純正ACアダプターと較べても遜色ない感じ。

世界最薄デザインのUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom III Slim」

こちらが手持ちのAndroid端末「Xiaomi Redmi Note 9S」を使って充電してみたところ。画面上には「急速充電」との表示がされており、こちらも特に問題なく充電されている模様。

Anker PowerPort Atom III Slim」世界最薄デザインのUSB急速充電器というだけあって、思っていた以上に薄くて軽い印象。ポケットにもすんなり入るサイズ感なので、外出時に持ち歩いても苦になりません。今後も「M1 MacBook Air」のお供として、日々愛用していきたいと思います。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。