人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」のブランド名がつけられた看板商品「オードリー」を味わってみた~苺が丸々入った見た目もキュートなチョコスイーツ~

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

先日、姪っ子からのお土産(プレゼント)ということで、苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」のチョコレート菓子を沢山頂いたのですが、今回新たにブランド名がつけられた看板商品「オードリー」を頂いたので、ご紹介してみたいと思います。

人気洋菓子店「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」の限定商品「ハートブラウニー(MAISON CACAO×CLUB HARIE)」や苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」の苺チョコを頂いたので味わってみた~

こちらがブランド名がつけられた看板商品「オードリー」。これまで色んなタイプのチョコレート菓子を頂いてきましたが、店名の付いたこちら「オードリー」を味わうのは初めて。

こんな感じの愛らしいパッケージに入っています。女の子が苺を摘んでいる絵柄も愛らしい。

スポンサーリンク

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

パッケージを開けて見るとこんな感じ。中には鮮やかな苺を丸々使ったチョコレートが4個入っています。「オードリー」4個入 980円。見た目もキュートで、見るからに美味しそう。

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

お皿に盛り付けてみました。こちらの「オードリー」は、ミルクチョコガナッシュの中に、フレッシュなイチゴをひと粒丸々合わせた苺チョコスイーツ。真っ赤なパッケージが、より食欲をそそります。

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

1個をお皿に盛り付けてみました。見るからにフレッシュな苺に似合う、ミルクチョコレートを使用。見た目の鮮やかさといい、その愛らしさといい、これはもう苺&チョコ好きには堪らないでしょう。まるで大きなアポロ(チョコ菓子)を見ているみたい。

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

パッケージを剥がすとこんな感じ。ミルクチョコガナッシュの下には、そのまま立てられるように土台も添えられています。こうした配慮も嬉しいポイント。苺は「紅ほっぺ」などを使用することが多いみたい。真っ赤に色づいて、とっても美味しそう。

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

アップで見てみるとこんな感じ。ちなみに食べる時には、最初に苺のヘタをとることをお忘れなく。

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

中はどんな感じになっているのか?ミルクチョコガナッシュをちょっと割ってみました。中はそのままミルクチョコレートがコーティングされています。その上に苺が丸々乗っかっている感じ。何となく”いちご大福”のチョコバージョンを連想させる感じ。

人気苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」看板商品「オードリー」

苺を含めて、真っ二つに割ってみました。苺は見るからにジューシーで、フォークでもサクッと簡単に割ることができます。苺とミルクチョコガナッシュのバランス感が絶妙。ちなみに最初から半分にカットしたタイプの「オードリードゥミ」というのもあるみたい。

それでは一口頂きます。丸々苺のサクッとした歯ごたえを感じると同時に、ミルクチョコガナッシュのまったりとした食感が口の中に広がります。丸々苺の新鮮な酸味と甘味に、ミルクチョコガナッシュの濃厚な風味が重なり合い、一つのチョコスイーツとして完璧なマリアージュを描いています。

ミルクチョコガナッシュもミルキーながらも、決して甘すぎることはなく、苺の酸味と甘さをより引き立てています。これはもう苺好きには堪らない一品でしょう。オードリーのスイーツは色々と味わってきましたが、自分の中では一二を争う美味しさかも。さすが「オードリー」と店名をつける看板商品だけのことはありますね。

今年もバレンタインに美味しいチョコレートが沢山頂けて、とっても良い2月半ばとなりました。(^_^)v

AUDREY(オードリー)

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。