クセの強さが半端ない愛知県犬山市のB級スポット「桃太郎神社」にて、紅葉を楽しみつつ自然の素晴らしさを満喫した一日~お土産の「きびだんご」も味わってみた~

愛知県犬山市のB級スポット「桃太郎神社」「きびだんご」

(2020年11月来店)

先日、久しぶりに犬山城下町近辺をぶらり散策してきたのですが、犬山城下町も数年前とはかなり様変わりしていて、古い建物と新しい建物が混ざり合い、若い人達も多くなっていて、活気に溢れていました。

犬山城下町巡り~新しいお店が立ち並び、若い人達にも人気急上昇中!紅葉の「犬山城下町」をぶらり散策してみた~

今回はサラッと全体の様子を見て周っただけですが、次回はもっとじっくりお店などで食事をしながら寛ぎたいもの。

犬山城下町散策もできたところで、まだ少し時間があったので、近くにある「桃太郎神社」へと向かうことに。こちらの桃太郎神社とはその名の通り、

桃太郎神社の位置する愛知県犬山市の木曽川沿岸に桃太郎誕生地伝説があり、鬼退治をした桃太郎は桃の実から現れた大神実命であると伝えられ、御祭神となっています。ご利益としては、子授かり・安産・こどもの発育・災除け・長寿(長命桃くぐり)・七五三詣りなどがあると言われています。

という神社で、クセの強さが半端ない愛知県犬山市のB級スポットとしても知られています。

こちらが桃太郎神社鳥居。クセの強さが強調されがちですが、神社としても立派な造り。場所は「愛知県犬山市栗栖大平853 / 0568-61-1586」営業時間「10:00~16:00」駐車場台数「200台」。名鉄「犬山遊園駅」より車で約5分」ほどの山の高台にあります。

犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」の到着地ということもあり、以前にはこちらの犬山橋遊覧船も体験し、とても楽しかった記憶があります。今ではその先にある「桃太郎公園」が、キャンプブームということもあり多くのキャンパーで賑わっているみたい。

犬山城下町巡り~「犬山橋遊覧船(桃太郎紅葉船)」にて木曽川下りと紅葉を満喫!^^

スポンサーリンク

鳥居のすぐ近くには、愛らしい雰囲気さえ感じる「鬼」が鎮座。多くの方がここで写真を撮られていました。

お仲間の「猿」もお出迎え。

家来の「きじ」「犬」も横並びに並んで整列しています。

こちらが神社入り口近くにある鳥居。中央には桃から登場した桃太郎の姿が。他にもカラフルに彩色された犬、キジが出迎えてくれます。全部で約20体のコンクリート像が設置されており、桃太郎の物語を実感できる楽しい神社となっています。

桃太郎神社の向かいには「レストラン桃太郎」というお食事処も。こちらではお土産も販売しています。最近は桃太郎公園を訪れるキャンパーの方々で、結構賑わっているみたい。

こちらが「桃太郎神社」前にある銀杏と紅葉並木。見頃からは少し過ぎていましたが、それでも黄赤緑そして青と、色鮮やかな紅葉が見れました。こういう一時を味わうと、ほんと日本に生まれて良かったーとつくづく感じますね。

緑と赤が鮮やかな紅葉。緑が多くなってきた時の紅葉もまた美しい。

地面が一面黄色に彩られ、赤黄緑とカラフルで素敵。一面黄色はとても美しいのですが、歩く時には要注意。銀杏の実が沢山地面に落ちているので、万一踏んでしまう後から大変ですから。(銀杏の実は強烈な匂いなので)

ピークの見頃は過ぎてしまっている感じですが、何とか紅葉が見れて良かった。自転車の専用置き場(ポール)もあるんですね。これは前回訪れた際には見かけなかったかも。

道路沿いに咲き誇る紅葉

背の高い銀杏並木。上の方は緑に染まっています。

赤と緑に染められた紅葉。日本古来の雰囲気を感じさせてくれて素敵。

こちらが先の「レストラン桃太郎」で購入してきた「きびだんご」。桃太郎といえばこの「きびだんご」は欠かせないですからね。きびだんごは有名ですが、意外と食べたことがない方も多いのでは?自分もかなり久しぶりかも。犬山市の会社「厳骨庵」という会社が製造販売しています。

小皿に盛り付けてみました。飴玉みたいに1個ずつ専用包に包まれています。

中身を見てみるとこんな感じ。見た目はビー玉みたいで愛らしい。原材料は「大豆、砂糖、水飴、餅粉、きび粉」。手に持つだけで潰れてしまうくらい、とても柔らかくい手触り。

それでは一口頂きます。甘くて柔らかい食感で、噛みしめると中からきび粉の風味が染み出してきます。きな粉風味のお団子という感じで、とっても優しくて奥深い味わい。これは思わず動物たちもお仲間になりますね。^^

愛知県犬山市のB級スポット「桃太郎神社」。知る人ぞ知る愛知県では結構有名な神社。その見た目からB級スポット的な扱いをされていますが、「子授かり・安産」などご利益を求めて訪れる方も多いみたい。

最近ではキャンプブームということもあり、「桃太郎公園」には沢山のテントが張られ、多くのキャンパーで賑わっている様子。今度は一度キャンプ的な雰囲気を味わいに訪れてみることにしましょうか。(^_^)v

桃太郎神社

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。