人気洋菓子店「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」の限定商品「ハートブラウニー(MAISON CACAO×CLUB HARIE)」や苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」の苺チョコを頂いたので味わってみた~

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

人気洋菓子店「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」。バームクーヘンが有名で、洋菓子好きな方ならばご存知の方も多いことでしょう。スイーツショップ「ラコリーナ近江八幡」を始めとして、滋賀県を中心に全国に店舗を展開しています。

滋賀県近江八幡の自然豊かなスイーツショップ「ラコリーナ近江八幡」を訪れてみた~大自然の中に佇む開放感が堪らない~大人気CLUB HARIE「バームクーヘン」も~

以前にはこちらの「ラコリーナ近江八幡」にもお邪魔して、工場直産の「バームクーヘン」も購入してきました。当日焼きたてだけあって、バームクーヘンがもの凄く柔らかくて、美味しかった印象があります。

今回は名古屋高島屋店で販売されていたCLUB HARIE(クラブ・ハリエ)の限定商品「ハートブラウニー(MAISON CACAO×CLUB HARIE)」苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」の苺チョコなど、色んな種類のアイテムを頂いたので、一気にご紹介してみたいと思います。どちらも凄い人気とのことで、なかなか手に入らない代物とか。(姪っ子からのお土産ということで感謝!^^)

こちらが限定商品「ハートブラウニー(MAISON CACAO×CLUB HARIE)」。今回はアロマ生チョコレートブランド「MAISON CACAO」のオリジナルチョコレートを使ったハートブラウニーとのことで期待も高まります。

外箱からして高級感があってお洒落。今回は鮮やかなブルーカラー。

スポンサーリンク

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

蓋を開けると、中もブルーカラーで綺麗に包装されています。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

中からは愛らしいハート型のチョコブラウニーがお目見え。ハート型のチョコブラウニーの中央がくり抜かれていて、そばには同じ型のハートブラウニーが添えられています。全体がパズル模様になっていて、とってもお洒落。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

半分に割ってみるとこんな感じ。(家族と半分ずつに取り分け)チョコレートブラウニーの中には、マカダミアナッツとカシューナッツがふんだんに練り込まれています。表面のチョコレートが2色使いになっているのも、とってもお洒落。

「MAISON CACAO」をイメージしたコラボレーション限定カラーということで、部分部分で色合いが異なっていて、とってもお洒落。チョコレートのビターな風味と酸味、華やかな甘い香りを活かしながらも、ナッツの食感豊かなブラウニーに仕上がっているとのこと。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

それでは一口頂きます。チョコレートはほろ苦く甘さ控えめ、そこにしっとりと柔らかいチョコブラウニーの食感が加わります。マカダミアナッツとカシューナッツの適度な歯ごたえがまたいい感じ。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

見た目よりもチョコレートのくどさがなくて、ほろ苦い風味の大人な味わい。「MAISON CACAO」のオリジナルチョコレートを使っているだけあって、カカオの風味がより濃厚に伝わってきます。珈琲や紅茶はもちろんのこと、ウィスキーやブランデーにも似合いそう。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらがデパ地下のスイーツ界隈で大人気という苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」。バレンタインに向けて開催されている「ジェイアール名古屋タカシマヤ」のイベント「2021 アムール・デュ・ショコラ」でもAUDREY(オードリー)は大人気で、専用エリアで当日入場整理券が配られるほど。

こちらがAUDREY(オードリー)の紙袋。この愛らしい紙袋やパッケージの可愛さも、AUDREY人気の大きな要因。贈答品として女子に大人気なのも頷けます。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらが「オードレーヌ」。バニラ風味のマドレーヌにいちごのコンフィチュールを合わせた、リボンの形のかわいいお菓子。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

パッケージから取り出してみました。リボンの形が愛らしくて、食べるのが勿体ないくらい。これは女子に人気がでるのも頷けますね。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

裏面はこんな感じ。中央にたっぷりいちごのコンフィチュールが塗られています。ちなみにコンフィチュール(confiture)とは、調理用語で食材を風味よく保存することを意味し、長く保存するための調理技術を前提として生まれた言葉。フルーツの形状がかなり残されたものが多く、糖度も抑え気味でよりフルーティーな風味を楽しめるとか。

それでは一口頂きます。しっとりとした食感のバニラ風味マドレーヌと苺の風味が濃厚なコンフィチュールとのバランス感が素晴らしい苺の自然な酸味が効いているので、見た目ほど甘すぎず、ペロリと完食。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらが限定商品の「ポーチセット」。スイーツショップなのですが、そのデザインの愛らしさから限定商品の「ポーチ」や「トードバッグ」欲しさに並ぶ方も多いみたい。今回、その中から姪っ子が「ポーチセット」を入手して届けてくれたので、ご紹介したいと思います。

真っ白なポーチの中央に真っ赤な女の子があしらわれた、とっても愛らしいポーチ。サイズ感も程よくて、日常使いにも色んな場面で使えそう。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

裏面はシンプルにホワイトのみ。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

ポーチの中には、お菓子が入っっています。1個ずつ丁寧に梱包されているのもいい。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらがそのお菓子(チョコフレーク風)。苺風味のチョコフレーク菓子といった風合いで、見た目も愛らしい。程よいサクサク感と後味で感じる苺の風味が、とっても爽やか。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらが「オードリー缶」。オードリーで人気の「グレイシア」と「ハローベリー」を特別な大きな缶に詰め合わせた人気アイテム。この缶がこれまたお洒落で愛らしい。中身を食べ終わった後は、これまた小物入れとして色んな場面で使えそう。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらが中身を並べたところ。(家族と分けたので全部ではありません)オードリーで人気の「グレイシア」と「ハローベリー」を特製のビック缶に詰め合わせたセット。どのパッケージも愛らしくて、食べるのが勿体ないくらい。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらが「ハローベリー」。愛らしいいちごの形に焼いたサブレにホワイトチョコレートを重ね、フリーズドライのいちごをちりばめた人気商品。焼き菓子なので約3ヶ月日持ちするので手土産にもぴったり。

それでは一口頂きます。ホワイトチョコレートの優しい甘さとともに、つぶつぶ苺の程よい酸味が効いてきて、全体を甘酸っぱい香りで包みます。そこにサクッとした柔らかい口溶けのサブレが混ざり合い至極の味わいに。見た目に負けていない、苺らしい甘酸っぱい香りが楽しめます。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらが焼き菓子「グレイシア」。苺の花束のような形が何とも愛らしい。思わず食べるのが惜しくなってしまうくらい。オードリーの数ある商品の中でも1番人気で、オードリーの顔といってもいい商品。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

パッケージから取り出してお皿に盛り付けてみました。口どけの良いラングドシャでクリームといちごを包んだ、ブーケ型の可愛いお菓子。サクサクした軽い食感のチュイールクッキーの中には、ふんわり食感のちょい甘クリームが。バター風味の生地にちょっと甘めのバニラクリーム、そこにフローズン苺の酸味が加わり、絶妙なバランスで美味しさを奏でます。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

こちらがまたまた愛らしい瓶に入った「ストロベリーショコラ」。フリーズドライされたいちごをホワイトチョコレートで包んだ、この時期にしか出合うことのできない人気商品。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

蓋を開けてみるとこんな感じ。中からはフリーズドライされた苺がそのまま入ったホワイトチョコがお目見え。中からはチョコの甘い香りと苺の甘酸っぱい香りが漂ってきます。

「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」「AUDREY(オードリー)」

それでは一口頂きます。不揃いなキューブ型ホワイトチョコの中には、大きめのドライ苺が入っています。口に入れた途端にドライ苺の甘酸っぱい香りが広がり、その後にホワイトチョコの自然な甘みが広がります。

ホワイトチョコの中にはアーモンドやラングドシャ生地が混ぜ込まれており、それがまたいいアクセントになっていて、色んな食感が同時に楽しめます。甘さと酸っぱさのバランスが絶妙で、珈琲や紅茶、ワイン、ウィスキーなどにも合いそう。

今回、「CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)」限定商品「ハートブラウニー(MAISON CACAO×CLUB HARIE)」や苺スイーツ専門店「AUDREY(オードリー)」の苺チョコを色々と味わうことができて、購入(プレゼント)してきてくれた姪っ子に感謝感謝。(なかなか入手が難しいらしい)

どちらも負けじとオリジナリティがあって、見た目も愛らしく、まさに女子の大喜びしそうなアイテムばかり。チョコレートを食べ終わった後も、ポーチや入れ物などを活用できるのも嬉しいところ。

今年もバレンタイン直前に美味しいチョコレートが頂けて、とっても良い2月初旬となりました。(^_^)v

CLUB HARIE(クラブ・ハリエ)

AUDREY(オードリー)

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。