[今週の気になる] 「au」もついに新料金プラン「povo(ポヴォ)」発表!大手通信キャリア全ての新料金プランが出揃い、今後の展開が増々楽しみになってきた~

povo(ポヴォ)

先日、ドコモが大々的に新しい通信サービス「ahamo」を発表しましたが、これに追従する形で、ソフトバンクも「SoftBank on LINE」という新サービスを発表しました。

[今週の気になる] ついに大手通信キャリアも本気を出してきた~ソフトバンク「SoftBank on LINE」発表!ドコモも「ahamo」発表済!さてau、楽天モバイルはどう出るのか?

そして先日、ついに「au」もついに新料金プラン「povo(ポヴォ)」発表。これで大手通信キャリア全ての新料金プランが出揃った感じ。どこも3月からのサービス開始予定となっており、今後の展開が増々楽しみになってきました。

データ量:20GB(超過時も最大1Mbpsで利用可能)
通話料金:20円/30秒
データ追加 1GB: 500円/1GB
eSIM/物理SIMの両方に対応

5分間通話かけ放題: 500円/月
24時間データ使い放題:200円/24時間
オンライン申し込み
月額料金:2480円

という内容となっています。一番インパクトが大きいのが「月額料金:2480円」と他のサービスと較べて500円安く設定されているところ。

でもこれにはちょっと仕掛けがあって、他のサービスに含まれている「5分間通話かけ放題: 500円/月」がトッピングという別形式になっているところ。結局はこの通話オプションを含めると他のサービスと同じ2980円となる訳で、いやいやなかなか考えられていますね。(総務大臣から非常に紛らわしい、との発言もあったみたいですがw)

個人的には「24時間データ使い放題:200円/24時間」というオプションが、なかなか魅力的。例えば旅行や出張などに出かけた際に、24時間200円でデータ容量を気にせずに使える、というのはビジネスユーザーにも需要がありそう。

これで大手通信キャリア全ての新料金プランが出揃った訳で、今後の「楽天モバイル」の新展開や他のキャリアの追従なども気になるところ。

今回の各社「新料金プラン」発表での一番のメリットは、番号移行手数料(MNP手数料)や新規契約手数料など、キャリア乗り換えを妨げるシステムが無くなること。

契約期間中の乗り換えや解約によって、自分が思っていた以上に追加課金されたという経験もあったので、その心配が全て無くなるというメリットは大きい。

3月の開始に向けて、各社内容が出揃った感じの新料金プラン。今後も各社どんどん競争して頂いて、利用者にとってよりお値打ちなサービスが登場してくれることを願ってやみません。(^_^)v

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。