明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」にあるスパリゾート施設「湯の華アイランド広場」を訪れてみた~光秀横丁にて「十兵衛もち」を食べたり、産直食材を見て周ったり~

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

現在、NHK大河ドラマにて武将「明智光秀」の生涯を描いた「麒麟がくる」が放映されていることもあり、明智光秀の生地でもある「美濃国明智荘の明智城(現・岐阜県可児市)」近辺は、光秀にあやかった観光で賑わいを見せています。

岐阜県可児市にはお気に入りの道の駅「可児ッテ」があり、地元名古屋からも1時間ちょっとで行けるので、これまでにも何度か訪れています。

岐阜県可児市にある人気の道の駅「道の駅 可児ッテ」にて、可児ッテ名物「里芋コロッケ」を満喫~

そんな賑わいを見せる岐阜県可児市にあるスパリゾート施設が「湯の華アイランド広場」。産直市場&食堂&温泉が一度に楽しめるスパリゾートとなっていて、買い物から食事、温泉まで、ここ一箇所で楽しむことができます。

以前にも一度訪れたのですが、印象が良かったので再度訪れてみることに。

産直市場&食堂そして温泉が一度に楽しめるスパリゾート「湯の華アイランド広場」を訪れてみた~新鮮でお値打ちな産直食材がいっぱい~

場所は「岐阜県可児市土田大脇 交差点西エリア 名勝木曽川国定公園内 / 湯の華市場 0574-24-3811」。近くに行くと大きな看板が立っているので、すぐにわかると思います。駐車場もかなり広いスペースが用意されています。(無料)

こちらが駐車場側からの入り口。「光秀横丁」と銘打たれ、昔の横丁風なお店がずらっと並んでいます。

スポンサーリンク

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

明智十兵衛光秀のアニメキャラがお出迎え。最近の武将ブームにのっとり、光秀もかなりのイケメン武将に。(実物も明智光秀像を見ると、なかなかの男前だったみたい)

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらが名前にあやかった「十兵衛もち」。折角なので後から頂くことにしましょうか。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

通りには「中山道」の垂れ幕も。左側にお店が立ち並び、右側には大きくスペースをとった休憩スペースが広がっています。こちらで自由に休憩や飲食をすることができます。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

明宝フランクフルト」も有名。他にも「飛騨牛コロッケ」「カニクリームコロッケ」などが販売されていました。可児市にちなんでカニクリームコロッケなのかな?

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらの屋台では「いもゴリラ」というネーミングの「大学芋」が販売されていて、いい匂いが漂っていました。かなりソソられましたがお腹も膨れていたので今回はグッと我慢。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらが「湯の華市場」店内。「家庭の食卓応援セール」開催中で、広い会場に沢山の野菜が所狭しと並べられています。物によってはかなりお値打ちな野菜もあり、幾つか購入して帰ることに。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらが肉屋さん(養老ミート)。飛騨牛で有名な「養老ミート」のお肉を中心に、こちらも通常よりもお値打ちな価格で販売されています。こちらでは「飛騨牛」などを購入することに。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらが今回購入した「飛騨牛」。最上級5等級のお肉ということで、サシの入り具合が素晴らしい。価格も若干張りましたが、お店で食べることを思うとかなりお値打ちに頂けます。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

お寿司コーナーには鮮やか「ちらし寿司」などが並んでいます。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらが鮮魚店「漁港直送 魚太郎」。地元の漁港にその日水揚げされた魚介の中から選別した一押し鮮魚が並びます。手前には大きな生簀もあって、こちらの生簀から魚をさばいては店頭に並べているのでしょう。そりゃ新鮮で美味しいはず。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

ベーカリーコーナーでは、地元のベーカリーで作られた食パンなどが販売されています。「サクサクおいしい魔法の食パン」というのを1斤購入して帰ることに。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

さて買い物もできたので、こちら光秀横丁にて「十兵衛もち」や「みたらし団子」を購入して食べることに。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらの壁には「麒麟がくる」のキャストが描かれています。街を上げて光秀を盛り上げようという気概が感じられますね。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

まずはこちらの「みたらし団子」から。1串に5個も団子が刺さったみたらし団子。タレもたっぷりでツヤツヤ。団子もとっても柔らかくて、タレは甘めで素朴な味わい。普通に美味しい。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらが「十兵衛もち」。十兵衛にあやかって名前を付けていますが、いわゆる五平餅風。食べやすく2個の団子に分かれています。特製のタレには、くるみなどの入ったタレがたっぷりと掛かっています。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

弾力ある手作りされた生地は、モッチモチ甘めのタレとくるみの香ばしさが相まって、何とも懐かしい味わい。五平餅よりもお餅感があって、とっても美味しかった。普通の五平餅と較べて食べやすい、というのも食べ歩きするには丁度よいかも。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

家に戻ってから、今回購入してきた食材をメインに夕飯を頂くことに。こちらが惣菜コーナーで購入してきた「しめじの炊き込み御飯」。315円とお値打ち価格。製造者の方の名前が入っていて、個人で作られているみたい。しっかりと御飯に甘めのタレとしめじ&野菜の旨みが染み渡っており、御飯の炊き具合もベスト。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらは「栗入黒豆おこわ」380円なり。栗がたっぷりと入ったおこわとなっていて、こちらもしめじに負けじと美味しい。季節を感じられる秋らしい栗ご飯がお値打ちに頂けて大満足。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらが鮮魚店「漁港直送 魚太郎」で購入してきた「マグロの切り落とし」。この倍以上の量があって、価格1,200円ほど。地元のスーパーではあり得ないお値打ち感で、マグロ好きとしてはもう見た目でノックアウト。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

お醤油につけて一口いただきます。身は脂がのっていてプリプリ。マグロの新鮮な旨みが口の中に広がります。かなり量があると思っていましたが、麦酒と一緒に頂いたらアッという間に完食。これはリピート確定でしょ。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

こちらがデザートとして購入してきた「草大福餅」。こちらは岐阜県賀茂郡東白川村にある「白川茶屋」が製造販売。大きな草餅が3個入って、420円(税込)なり。蓋を開けただけで、草餅の良い香りが辺りに漂ってきます。

明智光秀ゆかりの地「岐阜県可児市」スパリゾート施設「湯の華アイランド広場」

それでは一口頂きます。中にはたっぷりの粒あんが入っていて、生地もモッチモチヨモギの香りが濃厚で、手作りされた感が半端ない。餡こもたっぷりながら、甘すぎないのもいい。市販の草餅とは全くの別物といっていいくらい、自然の香り漂う極上「草大福餅」に大満足。

湯の華アイランド広場」今回は温泉施設には立ち寄らなかったのですが、それでも十分楽しめて大満足。新鮮な食材も入手できて、光秀横丁も楽しめて、良い一日となりました。名古屋からもそんなに遠くないので、また機会を見て訪れたいと思います。(^_^)v

湯の華アイランド広場

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。