柳橋中央市場から直接届く新鮮食材を活かした天ぷら専門店「天ぷらとワイン 小島 大曽根店」にて、新鮮プリプリな素材を活かした創作天ぷらを味わってきた~

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

名古屋駅から少し入ったところに昔からあるのが「名古屋駅前柳橋中央市場 マルナカ」。様々な飲食店を支える鮮魚専門の卸売中央市場として、名古屋駅前の4.000坪に約300店舗を擁している全国最大級の規模を誇る民間中央市場。名古屋駅から歩いていける距離にあり、全国でも珍しく都心部一等地に立地しています。

その柳橋中央市場内に出店している天ぷら専門店が「天ぷらとワイン 小島」。イタリア料理一筋に約10年間修行してきた店主が、店主自身大好きな天ぷら料理を美味しく味わって戴きたくて「天ぷらとワイン 小島」を開店。

本店「マルナカ中央市場総合食品センター店」に始まり、現在では栄錦から金山まで店舗を展開しています。そして2020年の10月、地元でもある大曽根にも「天ぷらとワイン 小島 大曽根店」が新規オープン。早速訪れてみることに。

こちらがお店外観。灯りに照らされて。小洒落た雰囲気。

スポンサーリンク

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが店内の様子。テーブルに丸椅子と中央市場的な雰囲気を残しつつも、店内は明るくて小洒落た雰囲気。この日も多くのお客さんで賑わっていましたが、基本各テーブル席には2人ずつ座る感じなので、蜜にはなりにくいよう配慮されています。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

お店の入り口側はこんな感じに全面窓になっていて、明るくて開放的。外の景色も眺めることができて、いい雰囲気。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「お品書き」。「天ぷら」「刺身」「一品料理・めし」という和食中心のシンプルなメニュー。天ぷら専門店ということで、素材を活かしたメニュー構成となっています。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「ドリンクメニュー」。ビールやサワー、焼酎も揃っています。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

店名にワインが付くということで、もちろんワインも。「樽詰スパークリングワイン」が特にお薦めみたいで、多くの方々が注文されていました。自分も後から試してみよう。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

まずはこちらのビール「エーデルピルス(樽生)」にて、かんぱーい!芳醇な香り濃厚なビールで旨い。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

天ぷらは出てくるのにちょっと時間が掛かるということで、まずはこちらの「ポテトサラダ」から。明太風味のポテトサラダとなっていて、口取りにピッタリ。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「天つゆ」。透き通った綺麗な色合い。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

少し待つと最初の天ぷらの登場。こちらが「海苔いくらカナッペ」。見た目もとっても鮮やか。元々イタリアンで修行されていた店主ならではの。色味鮮やかな創作天ぷら。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらはそのまま頂きます。海苔天ぷらはサクッサクで、しっかりとした歯ごたえ。噛みしめると、いくらの濃厚な旨みが押し寄せてきます。2種類の食感を同時に楽しみつつ、海の幸を味わえる、見た目にも豪華な一品。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「海老(5尾)」。見るからに新鮮そうな海老5尾で590円は、なかなかお得感ありますね。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

テーブルには「ゆず塩」「天こじ塩」「醤油」が並んでいます。今回は「ゆず塩」「天こじ塩」2種類も使って、海老を味わってみることに。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

まずは天つゆをつけて頂きます。サクッとした薄めの衣の中には、半生の海老の身がぎっしり。一口食べただけで、新鮮な海老を丸々使っているのがわかります。噛みしめる度に海老の旨みが染み出してきて、海老好きとしては堪らない一品。

「ゆず塩」「天こじ塩」をつけると、より海老本来の味わいが際立つ感じ。ゆずの風味もさっぱりとしていて美味。この海老が食べられただけでも、こちらを訪れた甲斐大いにあり。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「鳥羽産 カキ」。牡蠣も1個のサイズが大きいこと。鳥羽産の牡蠣は有名なので、こちらも期待が高まります。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

一口頂きます。カラッと揚がった衣の中には、大きめの牡蠣がぎっしり。牡蠣の濃厚な旨みがそのまま閉じ込められていて、1個食べただけでも満足感が半端ない。中央市場から厳選した新鮮素材が使われているのが、よく分かります。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「さつま芋」。サクサクな薄めの衣とほっこりとしたさつま芋のコンビネーションがいい感じ。魚介の合間に野菜など他の具材を挟むのも、これまた天ぷらの醍醐味。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

そろそろこちらの「樽詰スパークリングワイン」にしましょうか。天ぷらとワインのお店なので、やっぱりワインも欠かせません。樽詰めにした香り豊かなスパークリングワイン。1杯ずつサーバーから注がれるので、いつでもフレッシュとのこと。

キリッとした飲みやすいスパークリングワインで、甘すぎないのもいい。天ぷらにも相性が良くて、香りも芳醇で飲みやすい。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「鱈の白子軍艦」。鱈の白子がそのまま天ぷらに。タレがついているので、そのまま海苔と一緒に頂きます。臭みは全くなくて、口に入れた途端にとろけてなくなります。素材が新鮮だからこそ為せる技、白子好きには堪らない一品。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「活!!穴子(1本)」。丸々1本の穴子が2つにカットされて登場。これで490円は、かなりのお得感。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

それでは一口頂きます。穴子の身は肉厚でふんわり、衣はサクサク、そのバランス感が素晴らしい。こちらもまた素材の良さが際立つ逸品。お寿司の穴子はタレをつけて頂きますが、こちらは塩で味わうのがベストかも。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「ちくわ磯辺(4個)」。こちらは定番のちくわ磯辺揚げ。見た目も鮮やかで美しい。ちくわの適度な歯ごたえと、サクッとした衣の相性も抜群。後から漂う「青のり」の風味も爽やかでいい感じ。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

「樽詰スパークリングワイン」お代わりしましょうか。同じグラスにそのまま注いでもらうと、こんな感じに“なみなみ”に注いでくれます。これはお得感があっていいですねー。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「アボカド山葵マヨ」。こちらもまたちょっとアボカドを使った珍しい創作天ぷら。山葵マヨネーズをつけて頂きます。衣のサクサク感とアボカドのまったり感が同時に楽しめる一品。山葵マヨがまた良いアクセントになっていて、イタリアンシェフ出身らしい創作天ぷらに仕上がっています。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

こちらが「本ししゃも(4尾)」。大きめの立派なししゃもが4尾。ししゃもは居酒屋の定番商品ですが、新鮮なししゃもを使った天ぷらもまた美味しそう。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

それでは一口頂きます。ちょっと苦味の効いたししゃもならではの旨みが堪りません。これはお酒のアテにもいいですね。ゆず塩で頂くと、よりししゃもの旨みが引き立ちます。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

そろそろ〆ということで、こちら「玉天丼」。小ぶりサイズですが、1杯290円というお値打ち価格はありがたい。御飯の中央に玉子の天ぷらがのっかっていて、その回りには甘辛いタレがかかっています。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

玉子の天ぷらを崩すと、中は綺麗な半熟状態。これ間違いなく美味しいやつでしょ。ちなみに「一味」は最初から掛かっていましたが、辛いのが苦手な方は、注文時に「一味無しで」といえば無しにしてくれます。

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

玉子とタレを御飯に絡めて、一口頂きます。玉子の天ぷらがまったりと御飯に絡み、ちょっと甘めのタレと相まって至極の味わいに。これが美味しくないはずありません。こちらのお店に来たら、〆に必須の一品ですね。

天ぷら専門店「天ぷらとワイン 小島 大曽根店」柳橋中央市場から直接届く新鮮食材を使っているだけあって、どの料理もネタが新鮮で旨い。またイタリアン出身の店主だけあって、創作天ぷらがどれも小粋でお洒落。天ぷらとワインという組み合わせもいい。

また機会を見て、お邪魔したいと思います。(^_^)v

天ぷらとワイン 小島 大曽根店

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。