謹賀新年!今年は「丑年(うし年)」今年こそはコロナ禍を吹き飛ばして、皆が心から日々楽しめる年にできることを願って~

謹賀新年!「丑年(うし年)」挨拶 「ふぐ鍋」

2021年新年明けましておめでとうごいます。

本年もどうか宜しくお願いいたします。

今年は「丑年(うし年)」今年こそはコロナ禍を吹き飛ばして、皆が心から日々の生活を楽しめる年にできることを願ってやみません。

今年も日々楽しめるそしてお役に立てる情報をお届け出来るように頑張っていきたいと思っております。今後とも宜しくお願い申し上げます。

こちは元旦に家族で食事をしたお店に置いてあった「迎春飾り」。ちゃんと牛さんも鎮座しています。毎年、元旦は「名古屋東急ホテル」のバイキングに行くのが恒例なのですが、今年はさすがにバイキングはちょっとということで、個室のあるお店で家族揃って食事を楽しみました。(またその様子は追ってご紹介予定)

スポンサーリンク

ふぐ料理 ふぐ鍋 ふぐ刺し

こちらが大晦日に実家で頂いた「ふぐ料理」。こちらは「ふぐ刺しお造り」。最初からこんな感じに「ふぐのお刺身」が盛られています。「ふぐ刺し」だけは、さすがに素人では真似できませんね。見た目も鮮やかで素晴らしい。身は新鮮そのもので、程よい歯ごたえが堪りません。

謹賀新年!「丑年(うし年)」挨拶 「ふぐ鍋」

こちらが「ふぐ鍋」。年末は実家でこのふぐ鍋を味わうのが、我が家の定番となっています。フグは家族が朝から名古屋駅近くにの「名古屋駅前柳橋中央市場」にて仕入れてきてくれたもの。柳橋中央市場からの直ということもあり、ネタも新鮮そのもの。

白菜から椎茸、えのき、生麩など、野菜もたっぷりで具沢山。フグからたっぷりと旨味エキスが出るので、どの具材を味わっても美味しい。フグの身は柔らかいながらも独特の弾力があり、食べると身体が芯から温まる感じ。やっぱりフグには、他のどの魚でも味わえない美味しさがありますね。

謹賀新年!「丑年(うし年)」挨拶 「ふぐ鍋」

こちらが「ふぐの切り身(生)」。最近は切り身もこんな感じにカットしたものが販売しているので、綺麗に洗ってから血のりを拭き取ってやるだけで、すぐに料理することができます。年末まで働いてくれている柳橋中央市場の方々に感謝。

謹賀新年!「丑年(うし年)」挨拶 「ふぐ鍋」

こちらが「BOTTEGA PROSECCO」という名前のイタリア産スパークリングワイン。ボトルがオールゴールドという特別仕様。お正月らしくて綺羅びやかでいいですね。こちらもシュワッと喉越し良くて、呑み心地最高。でもスパークリングワインということで、麦酒みたいにグイグイ飲んでるとアルコールが回るので程々に。

謹賀新年!「丑年(うし年)」挨拶 「ふぐ鍋」

こちらが「鮪のお刺身」。「赤身」「中トロ」「大トロ」とあったのですが、こちらは「大トロ」。脂のノリが凄くて、口の中ですぐにとろけます。スパークリングワインとの相性も抜群で、もう”旨い”以外の言葉が見つかりません。

謹賀新年!「丑年(うし年)」挨拶 「ふぐ鍋」

こちらがふぐ鍋の大トリ「ふぐ雑炊」。溶き卵たっぷりで、刻み葱とゆず風味ポン酢で頂きます。フグはもちろんのこと、全ての食材の旨味を吸い取った出汁が御飯に染み込んで、めちゃ旨。身体が芯からポカポカと温まってきます。

このふぐ雑炊を食べるためにふぐ鍋がある、といっても過言ではない美味しさ。1年の締めくくりに相応しい、大トリとなりました。

今年こそはコロナ禍を吹き飛ばして、皆が心から日々楽しめる年にできることを願いつつ、家族や自然や周りの人々に感謝しながら、日々前向きに過ごしていきたいものです。

本年も何卒宜しくお願いいたします。(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。