2020年、今年購入したガジェットベストアイテムを振り返る~2020年に大活躍した自己流ベスト5は?

セミオープン型モニターヘッドホン「AKG K240 STUDIO」

ほんと早いもので2020年今年も残すところ1週間余り。今年はコロナ禍の影響もあり、例年とは全く異なる1年となりました。まだまだ油断ならない状況が続いていますが、各自が注意を怠らず日々過ごしていくしか無さそう。

そんな影響もあり、今年は在宅ワークを本格化させた方も多いことでしょう。そんな自分も長年自宅兼オフィス(SOHO)で仕事をしている訳ですが、今年はメインPCを久しぶりにWindowsPCデスクトップに変更したりと、仕事環境も色々と変化が大きかった年でした。

そして今年も色々なガジェットや便利アイテムを購入しては、こちらブログにてご紹介してきました。そんな色んなアイテムの中でも、自分にとってこれは便利で役に立った!今後もずっと使っていきたい!というアイテム「2020年自己流ベスト5」をご紹介していきたいと思います。

また今年買った商品で未だブログにてご紹介していないアイテムもあるのですが、そちらは今回のランキングからは省いています。


5位.セミオープン型モニターヘッドホン「AKG K240 STUDIO」&「ヘッドホンスタンド」


玄人志向のセミオープン型モニターヘッドホン「AKG K240 STUDIO」を購入してみた~開封の儀からその使用感まで~

まずは5位から発表ということで、セミオープン型モニターヘッドホン「AKG K240 STUDIO」。「AKG(アーカーゲー)」は1947年にオーストリア、ウィーンで設立された老舗で、音響機器の設計と製造を行っているメーカー。あのTOTOの名ドラマー「故ジェフ・ポーカロ氏(Jeffrey Thomas Porcaro)」が愛用していたヘッドホンとしても有名なこちらのヘッドホン。

以前からずっと気になっていたヘッドホンだったのですが、これまで使用してきたBluetoothヘッドホンを度々充電するのが面倒になり、新たに昔ながらの有線ヘッドホンを購入することに。

しばらく音楽を聴き込んでみた感想としては、音が本当に自然でクリアでバランス良く聴こえてくるという印象。ロック、ポップス、ジャズ、クラシックなど色んな音楽に幅広く対応できるヘッドホン。また音楽だけではなく映画などを見る場合にも、より臨場感のある音が聴けるのでお勧め。

またヘッドホンの着け心地もよくて、使っているうちにより頭の形に馴染んでくる感じ。但し、セミオープン型なので若干の音漏れがしたり、外の音が聴こえてしまうので、今流行りのノイズキャンセリングヘッドホンなどを探している方にとっては、選択肢外になってしまうかも。

自分の場合、完全に外の音が閉ざされてしまうのも困るので、セミオープン型で大丈夫。自分的には大当たりという感じで大満足。音楽を流しながら自分の世界に入り込んで作業をしたい場合には、欠かせない必須アイテムになりそう。

スポンサーリンク

フック式 アルミ合金製 ヘッドホンスタンド

PCデスク下に収納可能な「フック式 アルミ合金製 ヘッドホンスタンド」を購入してみた~3Mテープで取り付け可能、ネジ固定もOK~

またこちらの「フック式 アルミ合金製 ヘッドホンスタンド」もとっても便利だったので、一緒にご紹介。PCデスク下に3Mテープで取り付け可能な優れもの。ヘッドホンって意外と置き場所に困るので(特に有線タイプは)これがあればデスク周りもすっきりと片付いていい感じ。

iPhone 12 mini グリーン 128GB

4位.iPhone 12 mini グリーン 128GB


「iPhone 12 mini グリーン 128GB」がやってきた!開封の儀からデータ移行、カメラ機能などしばらく使ってみた感想~

先日発売された新しいiPhoneシリーズの一つ「iPhone 12 mini グリーン 128GB」。これまでは2年毎に買い替えているiPhoneはランキングに入れてなかったのですが、今年はiPhoneXからの3年ぶりの買い替えということで、ランキング入り。

名前通りの小ぶりのiPhoneで、5.4インチサイズ。このくらいの小ぶりサイズでしかも液晶が大きめで見やすいモデルを待ち望んでいた方もきっと多いハズ。

しばらく使ってみた印象としては、至極快適で使う度に手に馴染んでいい感じ。最初は画面がちょっと小さいく感じましたが(iPhoneXからの変更)それも使ううちに慣れてきます。液晶画面が非常に綺麗なので、小さな文字も余り気になりません。

バッテリー保ちに関しては、やはり若干減りが早い印象。それでも丸1日は大丈夫なので、状況によって「低電力モード」を使ったりすれば全然OK。(長時間外出時にはモバイルバッテリーを併用すればいいですし)

小型の高性能iPhoneを待ち望んでいた人にとっては、まさにベストな選択といえるでしょう。

Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」

3位.Windows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」&「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」


超軽量コンパクトボディのWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」が我が家にやってきた!この価格でこの性能は凄い~開封の儀からファーストインプレッションまで~

第3位はこちらのWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny 価格.com限定モデル」。CPUに「AMD Ryzen PRO プロセッサー」「Radeon Vega グラフィックス」を採用しているこちらのモデル。お値打ち価格ながらも高性能で、なかなかのハイパフォーマンスぶり。

PCの起動も電源を入れてから、約10秒で立ち上がりますし、 スリープからは一瞬で立ち上がる感じ。CINEBENCH20でベンチマークテストをしてみると、「1707」というテスト結果に。

総額5万円を切る価格帯のPCで、これだけの性能が出せるのならば、もう何もいうことありません。(大満足)長めの4K動画編集や重たいゲームなど以外でしたら、十分対応できるスペック。ちなみにPCゲームでは、今話題の「原神」もサクサク動作します。(ファンはフル回転ですが)

動画編集もフルHDレベルならば全然問題なくこなせると思います。またモニターを2枚同時に繋いでもサクサク動作するのもポイント高いところ。「機能・価格・デザイン」と三拍子揃ったこちらのWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」現在はニューモデルも登場しているみたい。

BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ

マンションに付いているスイッチングハブを「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」に交換したら、インターネット回線が爆速になった件~これは意外と盲点かも~

そしてそれに合わせてネット回線をとっても快適にしてくれたのが、こちらの「BUFFALO バッファロー Giga対応 スイッチングハブ」。マンションのスイッチングハブをGiga対応に切り替えただけで爆速に。スピードテスト計測サイト「FAST」を使って、LANケーブルで接続している上記Windowsで計測してみると、

「ダウンロード750Mbps」「アップロード630Mbps」

という計測結果に。スイッチングハブを交換するまでは、平均して「94Mbps」ほどの速度だったので、スイッチングハブを交換しただけで、7倍以上のスピードに。これは色んな意味で今年一番コスパが良かった買い物かも。

Androidスマートフォン「Xiaomi Redmi Note 9S」

2位.Androidスマートフォン「Xiaomi Redmi Note 9S」&「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」


驚異的コスパを誇る新型スマートフォン「Xiaomi Redmi Note 9S」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッション、APN設定方法まで~

第2位はAndroidスマートフォン「Xiaomi Redmi Note 9S」&「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」。こちら2つの組み合わせが素晴らしかったので、2つを併せての順位ということで。

「Xiaomi Redmi Note 9S」は、サイズが大きくて重たいのが難点ですが、逆にルーター代わりに使うにはバッテリー保ちが良いのがいい。また「4800万画素 AI 4眼カメラ」でとっても綺麗な写真が撮れるので、ミラーレス一眼を持ち出す機会がぐっと減った印象。

楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT

データ使い放題1年間無料プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」SIMが届いたので、手持ちのAndroid端末で試してみた?HUAWEI P20 Liteで使用する方法は?

そして何より画期的で素晴らしいのが、現在1年間無料で使える「楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT」と組み合わせて使用すること。自分が住んでいる名古屋市内近辺ならば、ほぼ楽天回線エリア内なので、ルーター代わりとしても日々活躍中

たまに奥まった室内などでは電波の入りが悪いところもありますが、現在無料で使えていることを考えると全然OK。このまま楽天回線エリアがもっと全国的に広がってくれれば、増々快適でお値打ちな通信環境が手に入りそう。

最近ではドコモを始めとして、キャリアの新しい価格帯サービスが発表されたりしていますが、キャリア通信会社の皆さんも、どんどん各社競争して頂いて、よりお値打ちで速い回線を利用者に届けて欲しいところ。

LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター

1位.「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」&「FLEXIMOUNTS モニターアーム M11」


HDR対応の27型 4K IPS液晶ディスプレイ「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」を購入してみた~開封の儀からファーストインプレッションまで~

PC周りをよりスッキリさせる為、液晶ディスプレイ「LG 27UL550-W 27型」にモニターアーム「FLEXIMOUNTS モニターアーム M11」を取り付けてみた~設置手順や使用感など~

そして2020年堂々の第一位は、こちらの「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ HDR対応モニター」&「FLEXIMOUNTS モニターアーム M11」となりました。先のWindowsPCを購入したのをきっかけに、これまで使用していた「BenQ モニター ディスプレイ 24インチ フルHD GL2460HM」を「LG 27UL550-W 27型 4K 液晶ディスプレイ」へと変更することに。

またそれにあわせて「FLEXIMOUNTS モニターアーム M11」も購入。モニターアームを使用して常時2枚体制のモニター環境にすることで、かなり自分にとっての理想的なデスク作業環境を作ることができました。

これまで使用していたBenQモニターが空いたので、モニターアームを使ってWindowsPCサブモニターとして設置してみた~

FLEXIMOUNTS モニターアーム M11

「LG 27UL550-W 27型」は4K液晶ディスプレイということもあり、ブラックの発色がとっても綺麗。Amazonプライムなどでビデオを見ていると、その違いがはっきりと判ります。

画像や動画のカラーリングを決めるときにも、モニターの発色具合によって大きな違いが出てくるので、その点でも購入して大正解。さすがAppleが公式互換モニターとしてLGを指定しているだけあります。

また27インチ&24インチという2枚体制のモニターとなったことで、作業範囲が格段に広がり、効率もかなり良くなった気がします。先のWindows PC「Lenovo ThinkCentre M75q-1 Tiny」は、モニターを2枚繋いでも通常動作サクサクで(メモリー16GB)、コスパも含めて大したものだと感心しきり。

ということで今年2020年もいろんなアイテムを購入してきましたが、毎年思いもよらないような素晴らしいガジェットや便利なアイテムが登場してきますね。今年はコロナ禍の影響もあり、デスク周りのガジェット購入が多かった気がしますが、来年2021年もまたきっと驚くような素晴らしいモノ達と出会えることでしょう。

どんな素晴らしいガジェット、アイテム達と出会えるのか、今からとても楽しみです。(^_-)-☆

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。